アスリートのための正しい傷の処置

早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療


新しい傷の処置と傷が治癒する仕組み

新しい傷の処置について


傷の処置は、特別な医療用材料を使用しなくても、必要十分な対応が可能です。

1:傷は消毒しない。

2:傷には、直接ガーゼを当てない(被覆材の上からはOK)。

3:傷はすぐに水道水で洗う(できる限り異物を除去する)。

4:絆創膏の使用は閉鎖性のもののみとする(傷を乾燥させない)。

5:傷は食品用ラップで覆う(ワセリンを塗ってもよい)か、医療用被覆材(最近は薬局でも手に入る)ですぐに覆う(この上からガーゼや保護材を覆うことはよい)。

6:傷の処置の準備として、ビタミンC誘導体ジェルを塗布する(市販のドクターズコスメで燐酸アスコルビン酸Naが含まれているもの)。ビタミンC誘導体には、線維芽細胞の働きを高め傷の治癒を促進し色素沈着を抑制する効果があります。驚くほどの治療効果が得られる場合もあります。

7:出血は単純に圧迫。

8:刺創、深い切創、異物の混入、組織の大きな挫滅があれば、すみやかに専門医療機関を受診する。

9:傷にクリームは絶対使用しない。クリームは界面活性剤であり、細胞障害性があるため傷に塗ってはいけない。

10:原則、翌日からシャワー、入浴を許可。創面を濡らしても問題はない。

11:他人の傷を処置するときは必ず、感染防止のためディスポーザブルの手袋(清潔なものでなくてよい)をつけて行う。素手で他人の傷のケアを行ってはいけない。


違和感を覚える方もあるようですが、以上が医学的に新しい傷のケアです。
最近では、創傷メカニズムの研究も進み、創傷治癒理論に基づいた適切な創傷被覆材を使用すれば、創傷の治癒期間が飛躍的に短縮されます。

原則として行ってはいけない処置

傷への消毒
イソジン、ヒビテン、オキシフルなどの消毒薬も禁忌。
傷の治療を遅らせるだけでなく、感染のリスクも増加し、激しい痛みを引き起こす。常備する必要はない
   
傷へガーゼを直接当てる
傷を乾燥させる処置であり行うべきではない
   
傷へ直接クリームを塗る
クリーム基材には界面活性剤が含まれていて刺激性があり使用すべきではない。キズドライなどクリーム以外の製品でも傷を乾燥させたり、刺な激を与えたりするような薬剤は使用すべきではない。

現場での傷の処置

● ケア材料

1:白色ワセリン、2:食品用ラップ、3:ガーゼ(無滅菌のものでよい)、4:舌圧子、5:ディスポーザブル手袋、6:固定用テープ、7:ビタミンC誘導体含有のジェル(薬局でドクターズコスメの製品にある。
写真は代表的な「reversalプラスACプラスジェル」)

● 注意点

・現場では水道水で洗浄すれば、清潔にこだわる必要はない

・創面に消毒を行っても感染が防げるわけではない。

● 処置の実際



1:水道水での傷の洗浄(異物がしっかり除去できるまで行う)

2:食品用ラップを傷の大きさに合わせて切り取る

3:ラップに白色ワセリンをつける(この場合少量でよい)

4:傷をしっかりと、ワセリンがついたラップで覆う

5:ラップを保護する目的でガーゼを当てる


医療機関での傷の処置

●ケア材料

左から1:デュオアクティブET、2:バイオクルーシブ、3:アルギン酸塩被覆材、4:コムフィールアルカスドレッシング

●処置の実際



1:傷の水道水での洗浄(医療機関でも精製水や生理食塩水での洗浄は不要)

2:出血している創面はアルギン酸塩被覆材で傷を覆う

3:フイルムドレッシング材のバイオクルーシブ

4:アルギン酸塩被覆材の上からフイルムドレッシング材を張る

5:バイオクルーシブの上からガーゼを当てる(処置用ガーゼはすべて清潔なガーゼでなくてもよい)




傷が治癒する仕組み
傷の治癒する仕組みを簡単に解説しましょう。

浅い皮膚欠損創は、露出した真皮を表皮細胞が覆うことで傷は治癒します。このとき、表皮細胞は、毛孔から移動・分裂して露出した真皮を覆います。また、周囲の表皮細胞からの移動・分裂もあり、毛孔が残存している浅い傷は、適切なケアを行えば数日で完全に治癒するケースがほとんどです。

深い皮膚欠損創(皮下脂肪組織や筋肉、骨に到達するもの)では、肉芽組織が出現して周囲の表皮細胞の移動・分裂が起こります。肉芽組織は収縮する性質があり、欠損創が少しずつ収縮して傷が閉鎖されていきます。


縫合創では、次の通りです。

1:創部の血小板が活性化され、凝集して止血が起こる。
2:白血球(好中球)が組織内へ浸潤。
3:マクロファージが組織内へ浸潤。
4:表皮細胞が創面を覆う。
5:線維芽細胞がコラーゲンを産生。
6:毛細血管が増殖。



創面には、血小板をはじめ多くの細胞が集まってきて、細胞成長因子を分泌して傷を治そうとします。創面がジュクジュクしているのは化膿しているのではなく、正常な創の治癒過程であることをしっかり認識すべきです。創面を閉鎖して湿潤環境を保てば、細胞成長因子がどんどん出現して、短期間での治癒が可能となります。

創面では、細胞培養と全く同じ現象が起こっています。培地は傷表面、培養液は滲出液です。培養には必ず培養液が必要です。培養液がないと細胞は死滅してしまいます。つまり、創面は決して乾かしてはいけません。ガーゼを直接創面へ当ててはいけないのです。

傷の処置の重要事項

【1】 洗浄

傷を負った直後に真っ先に行うべきケアが、止血と洗浄です。特に洗浄は、異物混入による感染のリスクを軽減するので入念に行うべきです。

傷の奥深く異物が混入していたり、多量の泥や砂、ガラスが混入していたりする場合は、すみやかに専門医療機関へ送り、適切なデブリドマン*、ブラッシングなどの処置を受けるべきです。

この場合は麻酔が必要なことが多いでしょう。洗浄は清潔な生理食塩水でと医学書にも記載されていますが、これは全く根拠がなく、洗浄は水道水で十分です。水道水はどこにでもあるものであり、早急にケアができるので、どんな場面でも対応が可能です。


【2】 消毒

消毒薬ポビドン・ヨード(商品名イソジン、ネオヨジン、マイクロシールド)のうち、イソジンが一般的なスポーツや医療現場で消毒薬として頻繁に使用されているようです。しかし、イソジンの殺菌作用はヨウ素の酸化力により、その殺菌力は細菌にだけ有効なのではなく、生体細胞全般に分け隔てなく作用し、傷を治癒させるために必要な細胞も殺します。イソジンンの細胞毒性はすでに各論文で明確になっています。

細菌と何かの有機物とが共存していれば、イソジンの殺菌力は低下します。化膿している傷は有機物だらけですので、膿だらけの傷・出血している傷では、その殺菌力はかなり低下して、添加物による細胞毒性は残存しています。となると、傷を消毒するという行為は、殺菌のためではなく、傷を感染させやすい状態をつくり、傷の治りを悪くする行為にほかなりません。消毒ではなく傷毒なのです。

マキロン、キズドライ、オキシフルなどの消毒薬も同様です。医療現場では、クロルヘキシジン(ヒビテン、マスキン)はアナフィラキシーショックで多数の死亡事例も報告されています(文献4参照)。傷の治りを悪くするだけでなく、大きなリスクの危険もあり、痛みも増強する消毒は、特別な場合を除いては行うべきではありません。

一刻も早く傷を治したい状況で、傷の消毒は百害あって一利なしなのです。私の20年以上の臨床経験では、傷を消毒しなくて感染症が発症したり、傷の治癒が遷延したりした事例は皆無です。また、ガーゼを毎日張り替え、傷を消毒して治癒が遅れ、競技に支障を来したアスリートの事例を、数多く診てきました。
スポーツの世界では、これらの行為はアスリートの選手生命を脅かすこともあるのです。

「消毒しないと破傷風になったらどうするんだ!」とういご意見もあります。

また、屋外で傷を負う機会が多いスポーツ選手たちにとって最もご心配なことかもしれません。

http://www.wound-treatment.jp/next/wound167.htm

消毒は破傷風予防の第一選択ではありません。

<破傷風に関しまして>


【3】 ガーゼ

傷に直接ガーゼを当てたらどうなるのでしょうか? ガーゼを傷に当てることで感染が防げたり、傷が早く治ったり、痛みが軽減したりすることはありません。

効果があるとすれば、滲出液のコントロールと一時的な止血ができるだけです。傷にくっついたガーゼをはがすとき、出血を起こしせっかく治るための細胞が集まってきた場を、乱暴にもむしり取ることになります。

ガーゼを当てると血液がガーゼに吸収され、傷が乾燥してせっかく傷を治すために現れた細胞を死滅させます。ですから、傷にガーゼを直接張るという行為は特別な場合を除いては行ってはいけません。

ガーゼは創面の破壊材料なのです。傷の保護という目的であれば、食品用ラップを傷に直接当てその上からガーゼを当てるケアが、最も単純で短時間で可能です。傷にはそもそも周りの皮膚から常在菌が入ってくるのですから、清潔なガーゼを当てるという行為も医学的根拠がありません。


【4】 湿潤ケア

傷は乾燥させないことが最も大切なケアの1つです。これは縫合創でも同じです。以前は、早く乾かして瘡蓋を作らせることが傷ケアのゴールドスタンダードのようにいわれていましたが、傷の乾燥は確実に創傷治癒を遅らせます。医療機関へ行くほどではないと考えられている傷も、ケア次第では感染が起こったり、強い痛みで競技が継続できなくなったり、いつまでも傷が治癒しなくて精神的ストレスを感じたり、あるいはやっと治ったと思ったら醜い傷跡で悩むこともあります。


【5】 入浴

入浴により治癒が遅れることはありません。美容外科医としてこれまで多くの外科手術を行ってきましたが、患者を入浴制限させていたときより、翌日から入浴し創面を軽く洗浄するように指示してからのほうが、はるかに創面の治癒期間が短縮され、キレイに治るようになりました。出血が止まっていれば、翌日からの入浴、シャワーは可能です。頭部の外傷でも、傷を直接刺激しないようにすれば、翌日からシャンプーによる洗髪も可能です。怖がって創面を洗わないとかえって不潔になり、汚物がたまって感染源にもなりうるのです。


【6】 クリーム

クリームの成分には界面活性剤が含まれている。界面活性剤、つまり中性洗剤と本質的に同じです。クリームは水と油が溶け合ったものです。皮膚に塗るとスベスベするし、ツルツルになります。しかし、クリームを洗い落とすとなぜか皮膚はゴワゴワ、シワシワになっていませんか?これはクリームに含まれる界面活性剤が皮膚の油を分解してしまったためです。皮膚の油(皮脂)は人間を感染から守ってくれている皮膚常在菌の生存になくてはならない栄養源です。それを洗い落とすのはとんでもない愚行です。

クリームに含まれる界面活性剤の疎水基は細胞膜の蛋白質に結合し、細胞膜を破壊します。皮膚科の教科書に「クリーム製剤は健常の皮膚にのみ用いること」と明記されているのは、健常の皮膚は角化層で守られているからクリームを塗っても大丈夫だよ、という意味でしょう。逆に言えば、角化層が正常でない皮膚(傷ついている皮膚、乾燥肌、アトピーの創部など)にクリームを塗ると、そこに含まれる界面活性剤が牙をむいて傷口に襲い掛かるわけです。


【7】 ワセリン

軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられます。 また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられます。

傷へのケアへ使用する白色ワセリンに関しまして..>

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>



お問い合わせ