ホーム > アクセス > スポーツニュース

スポーツニュース

 

2015年鈴鹿8時間耐久ロードレース大会に弊社専務、秋吉耕佑選手出場!



2015年鈴鹿8時間耐久ロードレース大会にAMSA強化指定選手である、秋吉耕佑選手がau&Teluru Kohara RTより出場いたしました。

決勝結果 13位

マシーン不調トラブルにもかかわらずラップタイムはトップ3レベルで走行。



水素療法コアコントロールによるコンディショニングサポートを行いました。
 


 

平塚哲二プロへ4回目のPRP療法を施術しました。


左上腕骨外側上顆炎による強度の痛みでツアー中断されています、プロゴルファー平塚哲二プロへの4回目のPRP療法を施術いたしました。

強い運動時痛と圧痛によりクラブスイングが不可能でしたが、3回目のPRP療法で運動時痛が3日目で消失、通常のスイングが可能となりすでにラウドトレーニングも開始されています。

今回は8月にツアー復帰を目指すため予防的最終治療を行いました。


 

肘静脈からの採血後 300rpm✕7分 MyCells(Kaylight社、ISRAEL)のキットを使用し0.6ccのPRPを作成。
施術前に軽度の圧痛を感じるポイントをマーキング。各0.1cc ポイントへ注射を施行。各外傷によるプロトコールはほぼ完成。
すでに症状はほとんど改善しているため 今回のPRP治療はMRI,エコーなど所見の検討やエコー下における施術は行いませんでした。
3日間の安静後、痛みがなければ運動許可し経過の報告を頂きます。ツアー復帰後のご活躍祈念いたします。
 
 
 

『アスリートコンディショニングセミナー』にて弊社代表が講演いたしました!




会期:2015年7月12日(日) 13:00~17:30(受付12:30~)
会場:大崎ブライトコア3F 大崎ブライトコアホール
対象:スポーツドクター、トレーナー、アスリート向け


世界最先端のコンディショニグシステムの開発者 スタンフォード大学Craig Heller教授を招聘しての講演がメイン講演でした。
150名ほどの参加者でしたが、元読売巨人軍投手、元プロボクシング世界王者、Jリーガーの専属トレーナー、スポーツ関連企業の役員、各分野の専門医の先生方、コメディカルの方々がご参加されていました。
 
 
 

岡崎錬選手がジュニアW杯、男子個人で優勝!



ゴルフのトヨタ・ジュニアワールドカップが中京GC石野コースで行われ、AMSA強化指定選手の岡崎錬選手が2位に2打差をつけて男子個人で優勝しました。
 
 

弊社代表が4月22日(水)に講演を行いました!



弊社代表の末武が4月22日に「先端美容医療・自律神経機能と水素」の題目にて講演を行いました。

インナーバランススキャナーをお取扱い頂いております株式会社LHG Japan様の水素発生器を用いて吸入前後の自律神経機能を測定データなど興味深い内容でした。

弊社取り扱いの世界標準のBiocom社自律神経測定機器のご紹介はこちら

http://www.topathlete.co.jp/cellexercise/hrs/

 
 
 
 

諸藤将次プロへのPRP療法を行いました!



東建ホームメイトカップに出場した諸藤将次プロ、フルラウンドして左手の痛みが全く出現せずに今季復帰可能であることが確認されました。米国合宿中に痛めまして右足首捻挫による右足関節の痛みが未だ強いため、フルスイング、フルフィニッシュできず。
それでも初日はドライビングディスタンス ナンバーワンを記録。
予選翌日に右足首へPRPをしました。

左手の種子骨障害、指神経障害は2年間に及びあらゆる治療を行ってにも関わらず改善しなかったことがPRP療法で完治したことは障害を抱えるアスリートの希望になると考えられます。
諸藤将次プロの今季のご活躍に注目です。


 
 

お問い合わせ