セル・エクササイズ(自律神経エクササイズ)は高齢者の運動機能向上とリハビリには最適

セル・エクササイズは、世界初の科学的根拠のあるトレーニングです。

セル・エクササイズは高齢者の運動機能向上とリハビリには最適!!

手軽にできる身体能力向上エクササイズとしての各方面からご推薦!!
高齢者施設での指導で、運動機能向上とリハビリに最適!!

セル・エクササイズの本来の目的は身体の細胞1個1個に良質な血液を十分に供給することです。
老化と共に組織、細胞の代謝能力は悪くなっていきます。
特に血流も大幅に低下していくことが医学的に確認されています。

毛細血管が動脈硬化などで詰まりやすくなったり弾力性が老化によって失われていくためです。
このような状態で、交感神経が急激にアップする運動を行うことはかえって健康被害をもたらしてしまいます。
身体の状態に応じて適切なエクササイズが必須です。
安全で簡単に短時間で無理なく行えるエクササイズが求められてきました。

ラジオ体操もやらないよりは良いのですが、開発されてから60年以上、当時の運動生理学やスポーツ医学とは比較にならないほどのエクササイズのエビデンスが蓄積され 体操も進化しているのです。
私どもはラジオ体操のメリットも徹底的に研究しましたが、少なくとも最近、メディアでもてはやされるほどの効果や運動能力向上は期待できないとの結論に至りました。

私が、スポーツ医学の研究をスタートして15年以上、これまで多くのトップアスリートを指導させていただいてきました。最近ではリハビリのためのトレーニングや高齢者のアンチエイジングトレーニグの開発と研究も行っています。社会的にも集大成のエクササイズが求められている現実から 順天堂大学医学部 小林弘幸教授と一緒に自律神経とスポーツ医学の研究を進め医学的根拠に基づくエクササイズ:セル・エクササイズを開発しました。

実際、有名トレーナー達のご協力で高齢者の方々やリハビリでの実践によってセル・エクササイズが短時間で高齢者の運動能力を向上させるだけでなく うつ状態の改善、精神的安定、自律神経機能向上など あらゆる効果が期待できることがわかってきました。

現在では、多くの老人施設やリハビリ施設、医療機関でセル・エクササイズに関しますお問い合わせも急増し、実施いただいています。


―― 高齢者にとって何を行うことが最も健康に直結するか?

私どもは自信を持って答えます。 
セルエクササイズを正しく行ってください。と。
その驚異的な効果に即座に驚かれることでしょう。
セルエクササイズ自身 日々進化を遂げています。
2020年 東京五輪開催が決定し益々 スポーツや健康に対する国民の関心も高まり、
高齢者のみならず国民のための本当の健康エクササイズとして広く普及することを願っています。

いつでも、どこでも、器具なく、簡単に、短時間で、手軽に、リスクなく、誰でも 

行え効果が確実に実感できるエクササイズ。
これが、セル・エクササイズです。


セル・エクササイズを行った方々からの声です。

  • 歩くのが楽になった
  • 階段がスムーズにのぼれるようになりました
  • 歩いていて、つまずくことが無くなった
  • 手足の冷えが無くなった
  • 長時間立っていると足がむくんでいたが、むくみが無くなった
  • 肩関節が十分に回らなかったが、大きく腕を回せるようになった
  • 歩くときの膝の痛みが無くなった
  • 首が横まで回らなかったが、大きく動くようになった
  • 定期的苦しんでいた頭痛が無くなった
  • お腹周りの脂肪が少なくなった
  • 便秘が治った
  • すぐに寝つけるようになった
  • 熟睡できるようになった
  • 尿漏れが治った


お問い合わせ