ホーム > 自律神経について > 自律神経の測定

自律神経の測定

セル・エクササイズは、世界初の科学的根拠のあるトレーニングです。

自律神経機能の測定システムの販売
自律神経は測定できるの?

自分の自律神経のバランスを知るには一体どうすれば良いのでしょうか?自律神経を測定できるということは多くの方はご存知ないかと思います。

自律神経機能を測定することにより多くの情報を得ることができ、脳波や一般血液検査、X線検査では測定不能な身体と心をつなぐ生体機能情報が獲得できます。

恒常性維持には絶対必要な情報といえます。
様々な治療や施術効果、コンディショニングチェックなどの測定に活用できます。


自律神経機能計測システムにおける信頼性

Biocom社製の機種の周波数領域解析のプロセスは、現在世界標準となっております"高速フーリエ変換法(FFT)"という数学的解析プロセスを採用しております。

また、Vadim Pougatchev博士を始めとする開発者の履歴、製品開発歴、Biocom社の簡単な説明、アメリカにおける顧客リストの一部、更に、Biocomのテクノロジーが、平成18年度に大阪市主催のバイオ関連産業ビジネスプランコンペで日本国内外の応募企業の中から選ばれて最高賞の「グランプリ」を獲得しております。

Biocom社製商品使用海外プロジェクト

ロシア - ロシア科学院医学的生物学的問題研究所(IMBP)

火星への有人宇宙飛行(MARS‐500プロジェクト、2009-2011)に関する地上実験

このプロジェクトの期間中、乗組員の健康評価と健康管理システムを含む、人間の生命維持サポートに関する様々な生物医学的テクノロジーのテストを試みる。(Biocom製自律神経機能計測システム)このプロジェクトは500日間行われる。特別に選ばれた6人の被験者は、火星までの飛行条件を模した隔離された気圧チェンバーにプロジェクトの期間中入れられる。


アメリカ - PTSD治療の為のバイオフィードバックとニューロフィードバックの進歩

最適パフォーマンス訓練の為のバイオフィードバックプログラム:East Carolina 大学 と米海兵隊負傷兵大隊イーストの共同プログラム(Biocom製自律神経機能計測システム)
Carmen Russoniello, PhD, LRL LPC,I Matt Fish, BS,l Jennifer Parks, BS, LRT1 John Rhodes, BS,1
Bennie Stover, BS,l Holly Patton,l Ginger Gold, EdD,'and Tami Maes, LRT, BCnCa


イギリス - 教育により子供たちの感情的レベル(EQ)を高める(エクスプレスプロジェクト)

サザンプトン市教育委員会は、市内の87校の学生を対象に、読み書き能力、計算能力、コンピューター操作能力と同様に、感情的知識(感情の健康管理)を高める為のプロジェクトにBiocom製自律神経機能計測システムが使用されました。




自律神経測定機器に関するお問い合わせはこちら
 
自律神経機能を測定することによりわかること

自律神経とは生命活動を支配する神経で、自分の意志とは関係なく刺激や情報に反応して、からだの機能をコントロールし、状況にあわせてからだを適応させるために、からだの中からと、外からの情報や刺激にあわせて、自動的に作動して生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割でもあります。


自律神経は相反する働きをする交感神経系副交感神経系から成り立っており、互いに拮抗し合いながら機能し、身体全体を調節しています


糖尿病による神経のダメージ
心筋梗塞後の予後ストレスチェック
薬、サプリメントの効果
うつ、自律神経失調症、パニック障害などの自律神経状態
各種セラピー(アロマセラピー、鍼灸、ヒーリング、マッサージ、カイロプラクティック、レーザー治療、ミュージックセラピーなど)に対する治療効果評価
アスリートの能力
企業の人材採用時のセレクションテスト(ストレス耐性の強弱の評価)
各教育、指導効果の判定

自律神経のバランスは、ハートリズムスキャナーPEインナーバランススキャナーといった自律神経計測システムを使用する事によって計測ができます。

セル・エクサササイズは、順天堂大学医学部 小林弘幸教授と弊社代表取締役 末武信宏と自律神経機能を向上させる医学的根拠のあるエクササイズです。
 

科学的に分析する事(心拍変動解析)を可能にしたソフトで、状態をグラフィカルに表示し、現在の自律神経の機能状態を正確に把握します。

自律神経機能を正しく評価するために、心拍変動解析システムを使用しています。これまで治療効果の科学的評価が難しかったアロマセラピーなどの効果も、このシステムを用いることによって把握できます。呼吸法のバイオフィードバックトレーニングにも利用しています。


大学/大学病院/研究機関/企業等やその他様々な幅広い分野にて御使用頂けます。

大学・医療機関
・診断項目の一つとして       ・治療方向性の確認、経過観察
・健康管理ツールとして       ・各種セラピーに対する治療効果評価
・治療効果の確認及び可視化   ・自律神経失調症の判定
・糖尿病の自律神経機能障害   ・うつ、自律神経失調症、パニック障害などの自律神経状態

企業・研究機関
・客観的評価ツールとして      ・ストレスチェック
・薬剤等の効果判定          ・測定データの多角的活用に
・企業の人材採用時のセレクションテスト(ストレス耐性の強弱の評価)

教育・スポーツ関連施設
・スポーツ選手のコンディショニング
・各教育、指導効果の判定
            

自律神経機能測定方法

センサーを耳たぶにつけて5分間測定します。
検査の結果は、パソコン画面に図で表示されます。

横軸が交感神経機能、縦軸が副交感神経機能のレベルを表します。中央のエリアがノーマルであり、検査結果を示す丸印が右にあるほど交感神経機能が高く、上にあるほど副交感神経機能が高いといえます。トップアスリートのような選手になると、交感神経機能も副交感神経も高いレベルにあることが理想です。(下の図:
インナーバランススキャナーでの測定結果画面)







一方で、副交感神経機能が低下すると免疫機能が低下するため、風邪にかかりやすくなります。
オーバーワークなどですぐにダウンしてしまう状態です。





もともとはロシアの科学者が開発して宇宙開発に使用されたシステムであり、ロシア崩壊後、アメリカに渡ったロシア人科学者が立ち上げた、ベンチャー企業のBiocom社と、技術・臨床研究の提携をして、最先端のシステムを臨床的に開発しています。

価格:380,000円(税別)



Biocom社の自律神経計測システムを使用して、代表取締役 末武信宏がHEALTHに発表した論文

自律神経機能向上によるアスリートの身体能力トレーニング


自律神経機能計測システム
 

ハートリズムスキャナーPE(包括的健康評価システム)
ハートリズムスキャナーPEは、安静状態における自律神経バランスとパワー及び様々な介入を受けた状況下の自律神経機能の変化を測定し、数値及びグラフで日本人の健常値との比較で分かり易く表示します。

自律神経バランスダイアグラムは、従来の交感神経と副交感神経バランスグラフに加えて両神経バランスと自律神経トーナスとの相関関係から見たバランスダイアグラムを表示します。

ソフトウェアは、ヨーロッパ心臓病学会と北米ペーシング電気生理学会(The European Society of Cardiologyand The North American Society of Pacing and Electrophysiology)によって提唱された短時間心拍変動解析の数学的プロセスを採用しています。




ハートリズムスキャナーPE 測定時画面…心拍変化をリアルタイムでモニタリングできます。

 

①…心拍タコグラム
②…テスト進捗表示/経過時間・残り時間表示
(計測時間は5分間です。)

・心拍変動解析の為のプロトコルの自由な作成と変更が可能です。

□主な機能
・交感神経と副交感神経系の働きを※PPG/ECGで測定(ワイヤレス式センサー対応)
・短時間心拍変動解析世界標準を採用
・心拍変動指標を日本人の健常値との比較で表示
・複数テスト結果を自律神経バランスゾーン図表上で表示
・心拍変動解析のセッション進捗記録の表示
・図表・棒グラフ・スペクトル解析等によるセッション報告書と自律神経バランス評価の説明付
・Windows 2000/XP/Vista/7/8対応(Windows8はタブレット端末非対応)対応の生理学的モニタリングソフトウェア

※PPG…脈波センサー(耳たぶ、もしくは指先)/ECG…ECGレコーダー(両手首)


自律神経計測システムに関するお問い合わせ


インナーバランススキャナー(自律神経機能測定システム/簡易版)
インナーバランススキャナーは自律神経系の機能性の指数としての心拍感変動を測定します。
刻々と変化する心拍間隔を高度に洗練された方法で分析する事により、交感神経と副交感神経の量的測定を正確に行う事ができます。

インナーバランススキャナー測定時画面…心拍変化をリアルタイムでモニタリングできます。

・USBポートにセンサーを接続し耳に
 センサーを挟むだけで簡単に計測

・測定時間5分間で自律神経のバランスが
 わかります。


結果画面

①自律神経のバランスグラフ(交感神経・副交感神経)
②自律神経の機能性グラフ
③結果画面を簡単に印刷
④心拍変動から解析した数値(表示/非表示選択可)

・2つのモードで自律神経の測定が可能
単独モード…一回ごとの測定モードです。

PRE-POST(前/後)モード…自律神経の変化を見たい場合、その前後を測定。同じ結果画面で表示され比較が簡単

□主な機能
・交感神経と副交感神経系の働きをPPGで測定
・短時間心拍変動解析世界標準を採用
・心拍変動変化のリアルタイムでのモニタリング
・心拍変動指標を日本人の健常値との比較で表示
・Windows 2000/XP/Vista/7/8対応(Windows8はタブレット端末非対応)対応の生理学的モニタリングソフトウェア


□使用可能な疾患・状態
・糖尿病の自律神経機能障害
・心筋梗塞後の予後判定
・ストレスチェック
・薬剤の効果判定
・自律神経失調症の判定
・各種セラピー(アロマセラピー、鍼灸、ヒーリング、マッサージ、カイロプラクティック、レーザー治療、酸素療法、ミュージックセラピーなど)に対する治療効果評価
・スポーツ選手のコンディショニング
・企業の人材採用時のセレクションテスト(ストレス耐性の強弱の評価)
・各教育、指導効果の判定

価格:380,000円(税別)







お問い合わせ