社長ブログ

2011年3月31日 木曜日

エアナジーは放射線障害に有効?

エアナジーのメーカーからチェルノブイリでの放射線障害の時に使用したエアナジーの治療効果のデータが送られてきました。

私はいつもアンチエイジング目的と疲労回復目的で行っていますが本当に放射線対策になるのであれば...
多くの方が被ばくから救われるのですが。
まだ、国内でのエビデンスは少ないので確実なことはわかりません。

ドイツから下記のメールが添付付で届きました。

> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
> 日本に今起きている事態に非常に残念に思います。福島の原発の爆発による
> 核放射線の被害がこれ以上人々に害を与えることのないように願います。
>
> 日本に現在起きているひどい悲劇ですが、少なくとも少しでも苦しみを和らげうる
> 為になるニュースがあります。約10年前にチェルノブイリで起きた大惨事で、
> エアナジーセラピーを実施した研究で、発電所からきた核放射線によって影響を
> 受けた人に有益な結果を示しました。特に、子どもに有益です。
>
> 福島で起きた大惨事で影響を受けた人すべてに、患者さん、医師、診療所に、
> 添付ファイルを転送くださいますようお願い申し上げます。理想的にはメディアも
> 含めて転送いただけると、できるだけ多くの人が少しでもそこから健康に関わる
> 有益なことを学ぶ価値のある助けになるでしょう。
>
> エアナジーチームは最善を尽くし、健康障害を避けられるようAirnergy-SOE
> (Singlet Oxygen Energy) セラピーの援助を少しでも提供できるよう、誠意をもって望んでおります。
>
We feel terribly sorry for what happened in Japan and hope that the
> nuclear
> radiation threatening the country after the explosion of Fukushima will
> not
> do too much harm to the people.
>
> Despite the terrible tragedy, that currently happens in Japan, we have
> positive news that might ease the suffering at least a little bit.
> Approximately one decade after the terrible catastrophe that happened in
> Chernobyl (Ukraine), a study was conducted with the Airnergy-therapy that
> showed positive results for those affected by the nuclear radiation coming
> from the power station, especially for children.
>
> We kindly ask you, for all those who are affected by the catastrophe that
> happened in Fukushima, to forward the attachment to customers, doctors,
> clinics, etc. and to ideally involve the media, so that as many people as
> possible will learn of this small but very valuable aid and can profit
> from
> it with regard to their health.
>
> The Airnergy team sincerely wish you all the best and hope to be able to
> offer at least a little bit of help with the Airnergy-SOE (Singlet Oxygen
> Energy) therapy to avoid more severe health detriments.
> Kindest regards
>
Report on clinical investigations of Singlet Oxygen Therapy. SOE respiratory unit use in sanitarium practice at Chernobyl zone in Ukraine.

Abbreviations in this study are:
SOT = Singlet Oxygen Therapy
SOE = Singlet Oxygen Energy
Introduction.
SOT is widely practiced among the new perspective methods on non-medicamental treatment and prophylactics of diseases.
The principle of the SOE (Singlet Oxygen Energy)-effect is based on optimization of singlet oxygen formation using special AIRNERGY catalysts in an activation chamber of a respiratory unit and its delivery into a human body.
Normalization of the patients' health condition after the Airnergy SOE-therapy was caused by improvement of blood circulation, stimulation of metabolism in tissues, immunity strengthening, detoxification, normalization of antioxidant state. To put SOE into practice, modern Valkion Unit, including the AIRNERGY catalysts, was set in dispensary "Teteriv", Korostyshisky district of Zhytomyr region where the above mentioned investigations have been fulfilled since the 1st of July 1997 till the 23rd of February 1999.
Research Object and Task.
The aim of the present investigation was to determinate the SOE-therapy influence on health condition of patients in sanitarium, and possibilities and perspectives of SOT use for the treatment and rehabilitations of patients with different types of pathologies.
To fulfill the purpose the following tasks were set:
• study the effectiveness of SOE use in clinical practice based on treatment results of the patients with different types of diseases.
• organize the comparative characteristics of SOE effectiveness among the patients who received SOE-therapy in complex with other types of treatment and those who didn't receive SOE at all.
• make the conclusion on SOE effectiveness and use perspectives in sanitarium practice on the basis of clinical and laboratory data.
The treatment by means of SOT consisted of energized water use and activated air inhalation. Patients received SOE 1 time a day on an average. During the first day of treatment patient consumed 50-100 ml of activated water and 3-9 minutes of inhalation by activated air. The second and all the following days, patients took 150-200 ml of activated water and 6 - 14 min. of inhalation. Each patient received 11 SOE treatments on average.
Results of the Investigation.
When using SOE, i.e. Singlet Oxygen Energy, in complex with other types of treatment (please refer to the table in Attachment 1), all the children (455 persons) finished their course of treatment with improvement of their condition. In the control group only 451 out of 512 children (88,10 %) finished their treatment with improvement. 58 patients (11,32 % left without changes, 3 patients aggravated their stage.
When treating the patients with blood circulation system diseases, it was noted, that general effectiveness of SOE use in the first group amounted to 100 %.
The effectiveness of SOT by the patients with blood circulation system pathologies was caused by improvement of electrocardiogram indices, increase in patients' tolerance to the physical load, disappearance of heartache and tachycardia, increase of hemoglobin level in blood. SOE-effectiveness in the control group amounted to 91,06 %. Out of 302 children 275 persons felt better, 25 patients didn't change their health condition, 2 children finished their course of treatment with aggravation.
The SOE therapy applied to 112 children suffering from respiratory tract diseases showed considerable effectiveness.
There were several changes for better which are observed by all the patients disappearance of catarrhal phenomenon, facilitation of expectoration, stabilization of external breathing function, reduction of short breath and quantity of choke attacks by the patients who suffered from bronchial asthma. The treatment effectiveness of the patients from the control group was 84,13 % out of 126 children 106 improved their health, 19 children (15,1 %) finished the course of treatment without changes. 1 child aggravated the health condition.
The effectiveness of the SOE-therapy applied to 31 children with gastrointestinal tract diseases was characterized by the remarkable improvement of health condition of all the patients. After SOE treatment patients' health condition improved, pains in stomach disappeared, general state and appetite improved, meteorism disappeared, heartburn reduced, stool normalized. The SOE effectiveness in the control group amounted to 70,97 %, 9 patients (29,09 %) left without changes.
All the patients from the first group who had metabolism pathologies finished their course of treatment with improvement of their health condition. There were following changes in health condition of the patients: disappearance of thirst and dryness in month, tiredness, reduction of sugar in blood of the patients who suffered from sugar diabetes, and loss of weight in case of obesity. By comparison, in the control group 85,71 % of patients improved their health.

Materials and methods of investigation.
967 children (aged 6 - 15) from the region polluted by radiation were treated by means of SOE in dispensary Teteriv.
The experimental persons were divided into 2 groups. In the first group there were 455 children, who underwent complex treatment (SOT in complex with traditional treatment at the same time). Among them: 57,4 % suffered from diseases of blood circulation system, 24,6 % from respiratory tract pathologies.
There was following percentage according to the level of affection:
Light - 54,2 %, middle-hard - 42,3 %, hard - 3,5 %.
The second (control) group consisted of 512 children, who were treated only by means of the SOE-therapy. The overwhelming majority of patient suffered from blood circulation system diseases (59,0 %) and respiratory tract diseases (24,6 %. 55,8 % of children had light level of affection, 39,6 % - middle-hard level, 4,7 % - hard.
In most cases the patients with cardio-vascular system pathologies suffered from the following diseases:
• functional cardiopathy,
• vegetovascular distony.
Among gastrotestinal tract diseases prevailed:
• chronic gastritis,
• gastro-duodenitis,
• cholecystitis,
• diskinesia of bile duct.
Among respiratory tract diseases predominated:
• chronic and obstructive bronchitis,
• bronchial asthma
Among metabolism pathologies prevailed:
• endocrine system diseases including sugar diabetes (of light and middle-hard form).
Among motor system diseases prevailed:
• after-traumatic bones and joints injury.

Among skin diseases prevailed:
• eczema,
• neurodermatitis
For the investigation of SOE therapeutic effectiveness different data was studied: data of electrocardiogram, indices of coagulogram, hemoglobin level, sugar in blood (prothrombin index, fibrinogen), the patients' tolerance to physical load was also taken into consideration.
The possible side effect was evaluated by means of the following symptoms:
• appearance of pain of different localization, which didn't bother patient before,
• intensification of disease symptoms which patient had before SOE,
• appearance or intensification of neurological stage
• worsening of clinic-functional and laboratory indices (if they were not caused by medicament therapy).
There was 100 % effectiveness after SOE energy therapy by the patients with nervous system diseases, in the control group 85,71 % of patients became better.
The SOE effectiveness by the patients who suffered from skin and motor system diseases was high but didn't differ much from the results in the control group.
All the 16 persons who suffered from kidney and urinary tract diseases and to whom Singlet Oxygen Therapy in complex with other methods of treatment was applied changed their health condition for better, in the control group 91,67 % of patients improved their health.
Analysis on the results of SOE use applied to the children living in the territory polluted after accident at Chernobyl Atomic Power Station and treating in the dispensary "Teteriv" showed considerable treatment effectiveness. Practically 100 % of patients felt disappearance of headache and also pain in joints and in chest region, improvement of general condition, increase in weight, disappearance of nasal bleeding and catarrhal phenomenon in gullet, normalization of blood composition and decrease in caesium-137 level.
1. Research work on Singlet Oxygen Energy Therapy use in sanitarium practice of dispensary "Teteriv" shows a remarkable effectiveness for the patients who underwent SOT in complex with other methods of treatment.
2. Effectiveness of the SOE-method in the first group (SOE-therapy in complex with traditional treatment) was 11,9 % higher by comparison with the control group.
3. Analysis on the results of the clinic research shows expediency and profit SOE use in sanitarium practice of Ukraine treating the children with different types of pathologies from the ecologically unfavorable regions and areas polluted by radiation.

Closing Statement Concerning Copyright
This article was published in 1999 by POLYVALK AB, Att. Antony van der Valk, Göteborg, Sweden. Respecting the Copyright of the study, it should be noticed that the study investigations were performed with Valkion units that were equipped with AIRNERGY+ catalysts! As the catalysts are the key of the method, AIRNERGY AG headquartered at Hennef, Germany, puts forward a certain claim on these published data as well!









Attachment 1: Table
Attachment 2: Statement of AIRNERGY Medical Management



Attachment 1: Effectiveness of Singlet Oxygen Energy Therapy Use according to the Type
of the main Pathology in Sanatoria of Teteriv

Kind of the main pathology Patients who undergone SOET and other kinds of treatment (I group) Treatment effective-ness, % Patients who didn´t received SOET Treatment effective-ness, %
Total With improve-ment Without changes With aggravation Total With improvement Without changes With aggravation

Blood circulation organs 261 261 100 302 275 25 2 91,06
Gastrointestinal tract 31 31 100 31 22 9 70,97
Metabolism 7 7 100 7 6 1 85,71
Nervous system 7 7 100 12 10 2 83,33
Motor functions 9 9 100 12 11 1 91,67
Respiratory tract 112 112 100 126 106 19 1 84,13
Women´s disease 100
Skin 12 12 100 10 10 100
Kidney and urinary tract 16 16 100 12 11 1 91,67

TOTAL 455 455 100 512 451 58 3 88,69

Attachment 2: Statement of AIRNERGY Medical Management
With the broad and terrible experiences after the atomic fallout in Chernobyl, human mankind should have learned that an immediate and an overall prevention of immediate or subsequent events caused by the atomic pollution are out of the question. The (governmental) installation of an overall prevention concept is of major importance, especially regarding the population´s fears and helplessness con-cerning their current and future health status. This is true for the generation who witnessed the catastrophe, but also for those generations to come.
Based on the experiences of Chernobyl we have to come to the conclusion, that it is inalienable to start an overall preventive therapy immediately. This early treatment approach can help to avoid further cell damage in the living population, and might be also effective in reducing a possible harm for the following generations.
Therefore, and based on the results of the above publication it is absolutely out of the question to start a prevention/ supportive therapy in the population that are directly threatened by the atomic catastrophe, not only in the central region of Fukushima, but also in all possibly polluted areas in Japan, immediately!
The inhalative Singlet Oxygen Energy Therapy (SOET) should be combined with drinking of the activated water. Combining the two different routes of administration shows a synergistic effect (by a complete coverage of the entire body including the respiratory tract and the gastrointestinal passage) and supports to attain a maximum effect in the body. This combination should have the greatest and a long-term effect on the patients prevention of further cellular damage and an immediate reduction of cancerogenous products (for example, as reported in the above article, a decrease in caesium-137 levels*).
From the AIRNERGY+ point of view the respiratory unit Basis Plus should be sufficient as the catalysts show a much greater energy expansion, than they did years ago, a result of AIRNERY´s + former market leader position and the continuous improvement of the SOE catalyst development processes.
People affected, or people concerned to be or to become affected should breathe the SOEnergy once or two times daily for approximately 40 minutes and drink the energized water after the end of the breathing session. Please recognize, that the water used for the inhalator needs to have drinking water quality.
There is a second version of the AIRNERGY+ inhalation system available - called Professional Plus. As this version contains more catalysts, the breathing time can be reduced to 21 - 30 minutes.
Both product versions have the same mode of action. The major difference is, that recognizable effects can be perceived earlier and the maximum of biological effectiveness is higher using the Professional Plus than with the Basis Plus product.
Although the above mentioned study was only performed in children, AIRNERGY+ does not expect any different results in grown-ups, taking a more than 10-year experience with both populations into account.
It should be an immediate task to get in contact with hospitals, doctors and other medical or paramedical institutions. In addition a press release might be helpful to give the population, which feels helpless now, an alternative and a strong support in their fight against this unknown enemy - radioactive pollution.
In my personal opinion, the government and in special the Japanese Ministry of Health should be informed about AIRNERGY+ as a preventive, therapeutic and curative option that can help to stabilize and recover their population. It is easily to use and without any side effects. The installation of free governmental breathing stations might be a fundamental idea. Managed and controlled by a medically trained person, people can go there to take their breathing/drinking therapy and are under medical care as well. This approach might strengthen the feeling that the government takes care of each single individual!
To help the Japanese Population in this outstanding catastrophe AIRNERGY+ will support any activities to make AIRNERGY+ available for the Japanese population as easily and as soon as possible!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月31日 木曜日

ゴルフに挑戦

自分の身体を使ってゴルフというスポーツでどこまで身体能力が上がるかを実験することになりました。
49歳からスタートするゴルフ。
これまでゴルフとは一切縁がなく生涯にわたってゴルフを行うことはありえないと考えていました。
しかし、科学的なトレーニングと動作解析によって必ず結果が出るゴルフは私の研究テーマにぴったりのスポーツです。
プロボクシングを行うことはできませんがゴルフはこれからもできそうです。
知人が4方向からビデオ撮影でき動作解析システムとプロゴルファーがマンツーマンでレッスンしてくれるトレーニング。
ゴルファード というプライベートゴルフレッスン道場です。
全くの初心者がどのように発展していくか科学的なアプローチで経過をリサーチします。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月27日 日曜日

傷だらけの王者

本日、プロボクシング東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチが刈谷市で開催されました。
トレーナーを務めさせていただいています、大橋弘政選手が王者決定戦にのぞみました。
WBC世界ランク14位、東洋太平洋ランク1位の大橋選手ですが、相手はフィリピン王者で東洋太平洋2位の強豪。

いつもながら全力での壮絶な打ち合いを初回から繰り返しました。
フルラウンドの末、判定で2度目の王者獲得。
前回の初防衛戦は 先日、世界王者になった下田選手との激闘で僅差の判定で敗れました。

東洋太平洋王者に返り咲いたのです。

彼のデビュー戦は当時、私がトレーナーを務めるジムの選手にKO負け
勝ったり負けたりの戦績で、まだやってるの???という印象の選手でした。
しかし、彼は誰よりも努力し熱いハートを持っていました。
根性と闘志は世界王者と称せられるほどの試合をいつも見せてくれます。

今回も午前中、コンディショニングとケアをエアナジーパワープレートで1時間ほどみっちり行いタイトル獲得を2人で誓いました。

約束通り、王者になってくれました。
彼が 王者になってすぐ伝えたことは、自分のファイトマネーを義援金として寄付することでした。

こんな時にボクシングの興業なんて...と思われる方もおられるかもしれませんが、彼の職業はボクサー、リング上で闘うことだけです。

絶対にあきらめない、絶対にくじけない。
必ず夢を実現する。
そんな勇気を今日もいただきました。

一緒に観戦していた K1戦士で HEATミドル級王者 ダニロ・ザノリニ選手も大興奮。
素晴らしい胸が熱くなる試合だったと感激していました。

おめでとう 大橋君!

被災者への想いもうれしく思います

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月26日 土曜日

奇跡の医学博士

http://yukitake.seesaa.net/

私の大学院医学研究科の同級生の 雪下岳彦 先生が 学位(医学博士 甲)を授与されました。
本日は学位授与式が行われました。
私は諸事情でどうしても出席できませんでしたが 4年間の大学院生活が本日で終了しました。

雪下岳彦先生は学生時代のラグビーの試合中の事故で重度の脊髄損傷を負われ車いすの生活をされています。

97年3月、順天堂医院ICUに入院しながらも卒業試験を受け、順天堂大学医学部を卒業され 医師国家試験に合格されました。
この間 1年4か月入院されています。

現在も上肢,下肢の機能がほとんど全て失われているにもかかわらず自分で口でくわえたスティックをご使用され パソコンを自由自在に操作され メールもされます。

今回の被災者の方々も多くの困難が待ち受けていますが、雪下先生のように身体機能の多くを失われても 前向きに 生き抜く心と姿勢をお持ちになればどんな 困難も克服できると思います。



いつも 満たされた生活でだらけている自分を恥ずかしく思い少しでも雪下先生に近づけるよう努力しようと考えています。


障害者の方々の苦難はご本人しかわかりません。
私の母もそうでした。

しかし、周りの支えで奇跡も起こる、不可能も可能となると信じていけます。

雪下岳彦 先生

ご卒業、学位授与 本当におめでとうございます。
先生と一緒に大学院で学べたこと 心から喜ぶとともに光栄に思います。
先生のご研究が今回の被災者の方々のストレスケアにも大きく役立つと思います。
今後ともご一緒に研究、お仕事できましたら幸いです。


  順天堂大学 大学院 医学研究科

             末武信宏

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月25日 金曜日

原発に関します考え方

http://www.ustream.tv/recorded/13509353
 稲垣勝巳先生がご紹介されていました。

冷静に対応することが一番大切ですね。
しかし、事実を知って 情報の選択も必要なことだと思います。

被災者の方はとんでもない被害者ですが、農家の方や医療機関で治療を受けられていた病気を持たれた患者様たちは治る病気も悪化してお亡くなりになる方が急増しているようです。

原発の情報が主となって生と死を分ける 医療情報がまだまだなおざりにされているように感じました。

また、緑内障など確実に点眼薬を使用しないと失明のリスクもある病気の治療も満足に受けられないことは、大変なことだと思います。
40歳を超えれば20人に一人存在するといわれるほど多い、緑内障の方々は高齢者のかたにも数多く存在しますがこういった弱者がなおざりになっている現況が実際あるようです。
一刻も早く、病気を持たれた患者様へ 適切かつ十分な薬剤がお手元に届くことを祈っています。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月23日 水曜日

アンチエイジング システム

過酷な被災状況の中、必死に生き抜こうと耐えておられる被災者の皆様、懸命に原発復旧活動に努められています勇気ある方々に心からご健康をお祈り申しあげます。

地震発生前にドイツへオーダーをかけておりました 抗酸化システム エアナジーの最新バージョンを昨日、受け取りました。

http://www.sakae-clinic.com/airnagy01/

これまでにない斬新なデザインで 抗酸化エネルギー吸引チューブも新しくなりました。

エアナジーはこれまで多くのアスリートの疲労回復やケアをサポートしてきたシステムです。
ヨーロッパでは若返り治療のシステムとして有名です。
昨日は、エアナジーのケアを試してみました。
ストレス改善にも役立つようです。

大学院での私の研究が自律神経機能に関すること、アンチエイジングに関すること http://www.topathlete.co.jp/menu01/
でしたので被災者の皆様のストレスケアに近い将来お役にたてれば幸いと考えております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月20日 日曜日

いいかげんな表現でごまかしている

ただちに健康に被害が出るレベルではない・・・長期に滞在すれば大きな健康被害が出る可能性がある


ただちに症状が現れるわけではない・・・将来、癌や白血病が出現するリスクが高まる

ただちに???
いったい何時間、何分、何秒???

中学生でもわかる 言葉の言い回し。

間違いなく原発の30キロ圏内長期間生活を送れば 将来悪性腫瘍が増加し健康被害が増加するでしょう。

また、放射性物質は 大気に散布され雨で長距離運ばれます。

海外のメディアが大騒ぎしている事実と日本政府や 自称専門家が伝える内容は確実に差があります。

過剰なリスク強調は問題ですが、事実を隠すような表現には参りました。


自衛官、警察官、東電の作業員の現場の方々、消防庁の方々・・・自らの健康被害を覚悟して必死に放水活動や復興活動をされている方々がいるのに。

微量だから ただちに健康被害でません。と言われましても。

彼らは大量の浴びるべきでは絶対にない放射線量を被ばくして使命感で必死に作業されています。
政府も敬意を支払うなら 健康被害が予想される量の被ばくの可能性が高くなっているにもかかわらず懸命にその被害を消すべく闘っている人々がいます。
本当にリスクが高いエリアになっていますが、彼らが必死で何とかしようとしています。
ただちに健康被害が出なくても長期間この放射線量では確実に健康被害が出るので特に小児や屋外で活動される方々は要注意です。

と解説すべきです。

医師であればなおさら ただちになんていう言葉を使用すること自体 おかしいと思います。
急性期の放射線障害が出るレベルなそれこそ原子爆弾が落とされたようなものです。
みんなが知りたいのはただちにではなく 将来、この被ばくを継続してどれくらいの時間するといったいどうなってしまうか・・・?なのです。

原発御用専門家で一面のみを強調する医師はエビデンスを湾曲した臨床を行うようなものではないでしょうか。

とても不思議に残念に思えます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月19日 土曜日

子供たちへ伝えること

 子供たちにもこの惨状を正しく伝えなければいけないと思います。
地震や津波、そして原発で何が起こっているのか?

原発に関することは小さな子供たちはまだよく理解できません。

友人で仲間の 三枝 龍生 先生がお伝えしてくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=ZUzBvxdnCFM&feature=player_embedded


子供たちにもしっかり理解できる言葉で今、日本で何が起こっているのか?

大人や親は伝える義務があると思います。
子供たちもきっと知りたいと思います。

大きなトラブルが起こってそれに命を懸けて立ち向かう日本人がいること。

日本人として現場で闘う方々とそのご家族に心よりお礼を申し上げたいと思います。
また、ご無事を祈っております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月18日 金曜日

被災者への想い、中傷に負けない

今日、親友でもあり仲間でもある 秋吉耕佑氏の活動を中傷するコメントがブログに掲載されていたことを知りました。

http://blog.eigyo.co.jp/kosuke64/article/85420

ルールとても大切なことです。
このコメントをされた方に言われるまでもないことだと思います。

秋吉耕佑は何度もレースやテスト走行で死に直面した事故を経験しています。
昨年、彼の仲間が2名 事故で亡くなりました。
生と死、おそらく誰よりも彼は感じているのではないでしょうか。

人工大腿骨頭置換術を受けて身体障害者でもある レーシングライダー 伊藤真一選手たちを救おうと仲間が物資を調達して配送する行為に厳しい意見が出されました。

自己を犠牲して使命感を持たれて放水された自衛官の方々や現場で退避しないで原発のトラブルに対処する方々とその家族に敬意を払うとともにご無事を心からお祈り申しあげます。何としても仲間や家族を守る、その気持ちが私は尊いと思います。

この批判が被災者への大きな救済のエネルギーになってくれると信じています。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月16日 水曜日

医療に関します報道を増やしてほしいです。

被災者の皆さんの苦しみは想像を絶すると思います。
私は医師でも現場へ駆けつけることもお手伝いすることもできませんが、生涯にわたって 被災者の方へ微力でもできることを考えていきたいと思います。

現場では救命が優先されていると思いますが、医療としては大変な危機になっていると想像します。

透析患者さまは大丈夫か
糖尿病患者様のインシュリンは足りているのか
人工呼吸器につながれている方は
悪性腫瘍などで手術が決まっていて待機されていた患者様の予定は
障害を持たれて生まれてこられた新生児の治療は
顔に重傷を負われた女性の形成外科的ケアは
視覚障害者の方の誘導は

・・・

おそらく数えきれない苦しみがあるはずです。
ただちに処置や薬剤が必要な患者様が多数おられるでしょう。
報道も原発や計画停電が主で 命のつなぐための医療の報道が予想以上に少ないような気がしました。
インシュリンがなければすぐに死と直結される方もいらっしゃると思います。
透析を行わないと死と直結される方もいらっしゃると思います。

地震、津波で亡くなられた方 以上に死の危機に面している 病気を抱えた方への救済の報道を増やしていただけますよう願っております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月13日 日曜日

被災者の方々の健康

自律神経機能が破たんする可能性があります。
家族への心配や将来の心配、避難場所での不眠、ストレス。
想像を絶するストレスだと思います。

私の大学院での研究テーマが自律神経機能に関することですが、ストレスは自律神経機能へ悪影響を及ぼし免疫力を低下させます。
http://www.topathlete.co.jp/menu01/


感染症をも惹起させるストレス、心筋梗塞や高血圧、脳梗塞なども誘発します。
被災者の皆様へのストレスを少しでも緩和できる措置を是非、大至急とっていただきたいですね。

悲惨な状況で懸命に救命活動や被災者の方々を支援、救助、救命する自衛隊や消防署、警察官、医療関係者の皆様に敬意を払うとともに2次災害に巻き込まれないように心よりお祈り申し上げます。
命を懸けて救済活動を行う日本人がいることを日本人として誇りに思います。

この悲惨な状況下にもし自分がと思うと、被災者の皆様に対して何かできないかを考えたいと思います。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月13日 日曜日

地震被災者の皆様

金曜日 診療中 大きな揺れを感じました。
最初は自分がめまいを起こしたのかと思いましたがすぐに地震が起こったとわかりました。
国内史上最大級の地震が発生したニュースが報道されました。
時間とともに地震や津波の被害報告が急増しました。
おそらく数千人の方が2次災害も含めて犠牲者となる勢いです。

本当に亡くなられた方には心が痛みます。
お悔やみ申し上げます。

怪我をされた方も適切な処置が必要と考えます。

傷のケア http://www.sakae-clinic.com/wound/
の処置で少しでもご参考になればと考えております。
停電のため 暖をとれない お子様やご老人、病気の方にとって厳しい夜になります。

近い場所で交通手段が許せば怪我の治療のお手伝いに駆けつけたいのですが地震災害には2次災害の恐怖やリスクが尋常ではありません。

東北地方の多くの医師の皆様が被災者への賢明な治療をスタートされています。
尊い命が一人でも多く救われますようお祈り申し上げます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月11日 金曜日

プロボクシング

3月13日 畑中ジム 興業

http://usa6-hp.web.infoseek.co.jp/

期待の新人 2人 インターハイで活躍した児玉選手、田中選手

素晴らしい闘いを魅せてくれるでしょう。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月11日 金曜日

HEAT 17

明後日に迫りました HEAT 17 
 http://heatofficial.com/

オフィシャルリングドクターとして試合を見守らせていただきます。
今回も白熱した試合が予想されますが 怪我をする選手が出ないことを願っております。
トップアスリート株式会社としまして 選手のケア、トレーニング、コンディショニングのお手伝いをさせていただいておりますが、私自身は治療も含め 選手たちの身体へのダメージが少なくなるような サポートを心掛けています。
エアナジー 
もそのコンディショニングマシーンの一つです。

格闘技はKOを望むファンが多いのですが、より安全に選手たちを闘わせることも大切な仕事ですね。
明後日の試合が楽しみです。

当日は、トップアスリート株式会社 専務取締役 秋吉耕佑 、弊社 取締役 神谷誠 も試合の観戦、応援に駆け付けます。

地元の素晴らしい格闘技団体 HEATがもっと 注目されますよう 微力ながらお手伝いできましたら光栄に思います。



投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月11日 金曜日

格闘技の業務

HEAT 17が 3月13日 ZEPP NAGOYAで開催されます。

http://heatofficial.com/



好カードが目白押しで K1で活躍された天田選手 富平選手がタイトルマッチを行います。

オフィシャルなリングドクターとして今回の大会もお手伝いさせていただきます。
素晴らしい闘いと選手たちの安全を祈願しております。

今回はトレーナーではなくリングドクターとして。
格闘家の皆さんの身体を守るお仕事をさせていただけ光栄に思います。

同日 お昼は 畑中ボクシングジムの選手のケアに伺います。

http://usa6-hp.web.infoseek.co.jp/


こちらも世界を目指す有望選手 2名が出場します。

地元、格闘技界も盛り上がるように期待しています。


投稿者 さかえクリニック | 記事URL


お問い合わせ