社長ブログ

2011年7月 6日 水曜日

プレンゼン終了

                                                                 
一昨日の 順天堂大学医学部で開催されました スポートロジー研究報告会プレゼン 終了しました。

運動と自律神経 のタイトルでのプレゼンでした。

これからおそらく もっとも注目されるキーワードになると予想されます 自律神経に関しますプレゼンでした。

脳科学がメディアで注目されますが、間違いなく脳科学をはるかに超える 人間の最高機能、つまり生命維持システムを担う自律神経は 美容にも健康にもスポーツにも重要なファクターです。

アンチエイジングに自律神経と認識される時代がすぐに来ると思います。

http://www.topathlete.co.jp/menu01/

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年7月 2日 土曜日

障害に負けない

http://torustyle.blog45.fc2.com/blog-entry-1.html

障害に決して負けない。

鈴木徹選手を応援します。

世界で義足でたった 2名しか 走り高跳びで2メートルを跳んでいません。パラリンピック3大会入賞、ワールドカップでは銀メダル獲得の鈴木選手
ロンドンで金メダル獲得で有終の美を!!


7月4日 最先端医療 PRP療法のワークショップご協力いただきます。多くのアスリートや子供たちに勇気を与えてください。

微力でも生涯にわたって 障害者の皆様へお手伝いをさせていただく機会を持てますよう 願っております。

さかえクリニック

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月28日 火曜日

東海ラジオレギュラー番組 祝 ライブ


大矢たけはる

大矢たけはる 東海ラジオ レギュラー番組出演 祝!!リハーサルライブ

7月3日 日曜日 18時半から
さかえクリニック特設音楽スタディオ

鈴鹿8時間耐久ロードレース 2007年王者で2011年優勝候補最有力 秋吉耕佑選手のテーマ曲 提供

一生懸命唱います。
http://www.youtube.com/watch?v=X8zbrfX9Uno

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月27日 月曜日

プロゴルファーと


今日のお昼はゴルフ道場でプロゴルファーとトレーニングのお話をしました。ゴルフを全く行わない私ですが、トレーニング法開発のため アイアンでゴルフボールを打つトレーニングをスタートしました。

高齢でゴルフをスタートされる方はほとんどいないようです。
2か月ほど前から生まれて初めてアイアンを振ることをスタートしましてが ヘッドスピードが今日初めて35を超えました。

年内に40を超える予定です。
そして3年以内にプロと同じ 45以上
5年以内にトッププロ並みの 50以上

勝手に目標を設定しました。
スポーツ経験のない高齢者でも身体能力が向上できることを自らの身体で実践していきたいです。

技術も大切ですが身体能力を向上させるトレーニングも大切ですね。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月25日 土曜日

究極のトレーニング

5年間、ほぼ毎日パワープレートでのトレーニングを継続しているので なんとか中年男性と言われないよう?体型を維持しています。



パワープレートのトレーニングを正式名称でアクセラレーショントレーニングと言います。
アクセラレーショントレーニングは加速度トレーニングと訳されます。

3次元の振動を筋肉と感覚器、神経へ伝えて筋肉のみならず感覚器や神経系統も強化する究極のトレーニングです。

加圧トレーニングでよくいうところの ホルモン分泌やサイトカイン分泌へも影響を及ぼします。
アクセラレーショントレーニング後には、タンパク同化ホルモンが増加します。ヒト成長ホルモン増加、、セロトニンレベルの増加、コルチゾールは減少します。

自律神経へも好影響が与えられることが指摘されています。

ダイエットも安全で効果的にしかもボディメイキングもばっちり 行えます。

テニスの世界ランキング1位 ナダル選手も 世界ランキング1位のプロゴルファーも このアクセラレーショントレーニングを行っています。

トップアスリートのほとんどが 加圧トレーニングを導入しない大きな理由は、神経系統との連動が問題になる可能性がある加圧トレーニングはリスクが大きいと考えているからです。

なんでもかんでも 新しいトレーニングならやってみようと考えるのは危険ですね。
自分に合ったリスクがないエビデンスがあるトレーニング法を選択することが大切です。

パワープレートでのトレーニングの詳細はこちらから
http://www.topathlete.co.jp/powerplate/

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月24日 金曜日

最先端医療のワークショップ


最先端医療のワークショップ

最先端再生医療セミナー&最新トレーニングセミナー、ワークショップ開催します。

7月4日 月曜日 17時半~19時(懇親会は 19時~20時半)
場所:さかえクリニック 名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2階


参加費用: 無料 セミナー後懇親会開催しますので
懇親会参加ご希望の場合は 参加費用 3000円(食事代)


参加人員 5-8名

内容:国内初 PRP療法(詳しくはこちらからhttp://www.sakae-clinic.com/prp/)をアスリートへ

パラリンピック シドニー、アテネ、北京日本代表 陸上日本代表選手へ施術を行います。

この手技を被験者のご厚意で ワークショップでご覧いただけます。

その後、体幹トレーニングやストレッチなど最新の知見を交えて解説します。
トップアスリートを交え 懇親会を行い 最新のトレーニング情報やスポーツ情報の交流を行います。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月24日 金曜日

最もリスクの高いスポーツ


秋吉選手

秋吉耕佑選手がオランダ到着。
二輪のF1と言われています MOTOGP スポット参戦決定。
最もリスクの高いスポーツ MOTOGP  活躍期待しています!

http://www.autoby.jp/blog/2010/06/motogp-1695.html

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月21日 火曜日

スポンサーへのプレゼン

今日は、アーティストの プレゼンテーションをクリニックの特設スタディオで行いました。
大矢たけはる君は メジャーデビューしてからも ボランティアで慰問ライブやチャリティライブを行い、一昨年は一緒に 慰問ライブを行わせていただきました。
アスリートの支援歌でアスリートたちを勇気づけてくれます。

大矢たけはる


2011年7月より東海ラジオ(1332kHz)にてレギュラー番組
「大矢たけはるのマイウェイラジオ!」(提供:京名電工)
放送開始!!!
放送時間:毎週月曜日20:50~(初回放送7月4日)



株式会社 京明電工さま PRESENTS

テレビ番組もラジオ番組も スポンサーのおかげで成り立っていますね。
現在 ラジオでレギュラー番組を持てるアーティストは確率的には数千分の一。

光栄ですね。

一緒に プレゼン後、会食させていただきました。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月19日 日曜日

東海ラジオレギュラー決定




一緒に慰問ライブやチャリティーコンサートを手伝わせていただいております 5年前メジャーデビューされたシンガーソングライター 大矢たけはる 君

http://www.youtube.com/watch?v=X8zbrfX9Uno

の東海ラジオでの レギュラー番組が決定しました。

 http://ameblo.jp/oyatakeharu/entry-10927337597.html

今年は鈴鹿8時間耐久選手権大会でも優勝候補筆頭 最速ライダー 秋吉耕佑選手 http://www.topathlete.co.jp/akiyoshi/
のテーマ曲提供も決定し 大変な盛り上がりになると思います。
ご期待ください。


2009年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 予選 トップ10トライアル で秋吉耕佑 選手が ダントツのトップタイムでポールポジション獲得

このとき鈴鹿サーキット会場で流れた 曲が 道

2011年はさらにバージョンアップして!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月16日 木曜日

不思議なご縁


出張で小倉から電車で20分、折尾に来ています。
全日本ロードレース選手権 2008,2009年 王者 中須賀克行選手のお母さまと会食。ご自慢のBMWでレストランまで送っていただき知人たちと会食しました。

中須賀克行選手のお母さま

中須賀選手は5年前 最初に遭った時に 必ず王者になれるよとお伝えしました。
YAMAHAのライダーとして新鋭の頃です。

その後見事に 日本最速ライダーの称号を手にされ大活躍でした。

2010年 最終戦 転倒され 3連覇濃厚だった中須賀選手は連覇の夢とだえました。タイトルを奪取したのは 弊社 専務取締役 秋吉耕佑選手 http://www.topathlete.co.jp/menu04/でした。
不思議なご縁です。

モータースポーツ関係者ではない私でしたが 最速王者2人と 全く無関係ない場所で 偶然知り合い、誰よりも深くレーシングの世界へ。


何かが後押ししているようです。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月14日 火曜日

ドーピング


海外のサプリメントは要注意です。

残念なニュースが報道されました。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106%2F2011061300586&rel=j&g=spo
アスリートとして絶対必要な知識や管理を怠ると悲惨なことになりますね。

時事ドットコム:北村がドーピング検査陽性=筋肉増強作用、サプリメントからか−レスリング
www.jiji.com

 日本レスリング協会は13日、今年4月29日の全日本選抜選手権男子グレコローマンスタイル96キロ級で優勝した北村克哉(25)=ドン・キホーテ=のドーピング(禁止薬物使用)検査で、筋肉増強作用のあるステロイド薬、ドロスタノロンが検出されたと発表した。同協会は、レスリングでのドーピング発覚は初めてとしている。 検査は試合後に日本アンチ・ドーピング機構(JADA)により行われた。JADAは陽性反応を示した北村に5月17日から2年間の資格停止処分を科し、選手権の優勝は取り消された。 日本協会によると、北村は「インターネット経由で購入した海外製のサプリメントが原因ではないか」と弁明

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月14日 火曜日

王者も参加


大橋弘政選手

6月16日 木曜日 当クリニックスタディオで開催されます 
プライベートトレーニングセミナー by 仲田健トレーナー

中部地区唯一のプロボクシング王者、大橋弘政選手も参加。
中部地方で初めて2度 東洋太平洋王者に輝いた 東海地方期待の世界ランカー。
これまで名城信男選手、徳山昌守選手をはじめ世界王者を鍛え上げた 仲田健トレーナーの究極のトレーニングが体験できます。

世界の頂点を目指すために必要なトレーニニングこそ実は一般の方でも取り入れることで短期間で肉体改造が可能です。

大型のトレーニングマシーンは不要です。
どこでも可能な簡単なトレーニングの積み重ねが重要です。
もう40歳を超える仲田健トレーナーは 世界的トップアスリートよりもはるかに身体能力が高いことでも有名です。
彼が開発した スライディングエクササイズまじかで 見学できる機会は貴重ですね。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月13日 月曜日

創の正しい治療

創や傷痕の相談をどこで行えばよいかほとんどの方はご存じないようです。
外科?整形外科?形成外科?美容外科?美容皮膚科?皮膚科?

創や傷痕を専門で取り扱っている医療機関は残念ですが国内にはありません。

特に小さなお子様を持たれたお母さまにとって傷は お子様の勉強以上に関心ごとの一つですね。
小さな子供は すぐに傷を作ったり傷痕を残してしまうような事故やけがに遭いやすいのです。
子供の傷痕は親の責任と心を痛めている方もおられると思います。
昨日も傷痕の相談がありました。

現在医学をもってしても改善不可能な傷痕があります。
私どもでは 傷痕への治療としまして外科治療以外に フラクショナルレーザーや成長因子導入を行い良い成績が出ていますが、傷を初期治療でキレイに治すことこそが 最も大切で多くの方々に知っていただきたく存じます。

http://www.topathlete.co.jp/blog/blog01/

コラムのなかで今回、簡単にまとめてみました。
スポーツ選手の指導者やトレーナーの方々、お子様を持つ お母さま、教育現場で働いている方々にもきっと参考になると思います。

写真のようにホチキスで段違いに留められ ガーゼを貼られてガーゼが傷口に入り込んでいる症例もあります。

ガーゼ、消毒、ホチキス・・・絶対だめです。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月 8日 水曜日

パワープレート

健康博 行ってきました。

フィットネス博も。

パワープレート展示してありました。
パワーバイクがもうすぐ発売予定だそうです。
これは凄い!
ペダルを踏むとブルブル振動で下腿が鍛えられます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月 6日 月曜日

最新システム

サンフランシスコから自律神経機能計測システムメーカー BIOCOM社の役員が新製品のプロモーションに来られました。
CEOは元ロシア宇宙開発に関わられていた科学者です。
もともと宇宙開発や軍事に使用されていた技術です。
最近ではイラク戦争後のPTSDの診断や治療にも応用されています。
火星への有人ロケット計画の研究にも使用されているシステムです。


これは凄い!
検査システムだけでなく ビオフィードバックトレーニングによる評価や自律神経年齢やトレーニング結果評価ができる優れた最先端システムです。
自分の自律神経機能は10歳若いとの評価でした!
 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年6月 3日 金曜日

障害を障害としない 尊敬する医師


http://yukitake.seesaa.net/

私が最も尊敬する医師の一人です。
順天堂大学大学院医学研究科博士課程で 同級生でした。
今春 医学博士学位取得され 障害者の支援やスポーツ医学の発展に尽くされています。
...首以下の運動がほとんど失われるという障害を負われたにもかかわらず 誰よりも強い人生を送られています。
少しでも雪下先生に近づけますよう努力したいと思います。

自分の60歳以降の 人生は、障害者の方々に少しでもお役にたてますよう尽くす目的で頑張っていきます。
特に 視覚障害者の方々や重度障害者の 方々へ 微力でもお役にたてますよう 少しづつ活動していきたいと思います。
是非、ご支援、ご指導、ご協力いただけましたら幸いです。

視覚障害者として苦しんで人生を送りました 親孝行できなかった 母への誓いとしまして。続きを読む

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月30日 月曜日

ダイエット目的の加圧トレーニングに要注意!

加圧トレーニング・・・過大広告最近特に目立ちますね。

ダイエットや肌が美しくなる・・エビデンスがまだ乏しいにもかかわらず 運動生理学を全く理解していない自称スポーツトレーナーが インストラクトされているようです。今日も加圧トレーニングを継続して体重が増え困っているとの相談がありました。
加圧トレーニングによって明らかにストレスが増え交感神経が過剰優位になり副交感神経機能が抑制されている患者様でした。

副交感神経が抑制されれば自律神経全体のバランスを取るため食欲が増大し 摂食活動が増加して ダイエットには逆効果もあります。

その患者様にはただちに加圧トレーニングをやめていただきました。

加圧トレーニングはすべてダイエットに効果的。
とんでもない謳い文句です。
自律神経機能を考えれば必ずしもこの考えは当てはまりません。

急激な加圧トレは交感神経を過剰に刺激し むしろダイエットには悪影響を及ぼします
自律神経のことを理解せずして この仕組みもわからずに加圧トレを勧める施設は問題です。
ダイエットを行うためにはそのクライアントの自律神経機能状態を正確に把握する必要があります。

トレーニングの新しい手法としてリハビリなど優れた威力を発揮すると期待していますが、営利目的が優先した加圧トレーニングに要注意です。

最近ではトレーニング理論もトレーナーとしての経験も全くない医師が 加圧トレーニング専門医と称してトレーナーまがいの行為を アスリートやダイエット指導をされている施設があるようです。

私ども順天堂大学医学部のスポーツ医学研究チームでは各トレーナー全員 加圧トレーニングは慎重に行うべきとの見解です。
少なくとも私どもが指導させていただくトップアスリートは誰一人として加圧トレーニングを採用しておりません。
アスリートが行うには 加圧トレーニングには大きな盲点があることを私どもは考えています。

民間で過大な期待が 素晴らしいトレーニング理論の一つとしても発展する可能性がある加圧トレーニングの意図を妨げないことを祈っております。

また、美容皮膚科医としましても加圧トレーニングで皮膚が明確に若返るとの確実なエビデンスはないと思います。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月26日 木曜日

正しい治療

今日は近い将来女子プロゴルファーの大器のアスリートが昨日怪我をされ治療目的で私のクリニックを訪れました。
初期創傷処理として 縫合は問題ありませんでしたが、ドレッシングがいけません。
縫合部の創部に直接 ソフラチュールとガーゼを貼っていました。
現在の医療レベルではありえない創傷処置です。

新鮮な創部は少なからず出血が起こるためガーゼとくっついてしまい、組織液がガーゼに吸い取られ傷の治りが確実に悪化します。
ソフラチュールは異物でありこれが創部に残ると感染の原因になります。
私が医者になりかけの頃 このわけのわからない抗生剤がしみ込んだ網の製剤であるソフラチュールを創部へ必ず貼るように指示されましたが、除去するとき創部とくっついて患者泣かせのドレッシング剤でした。

絶対に使用すべきでない ドレッシング剤です。
http://www.sakae-clinic.com/wound/p03.html




偶然にも チャリティライブのリハーサルに来られていました シンガーソングライター大矢たけはる君に 応援歌として ミニライブを開催していただきました。メジャーになったら応援歌として採用いただければ素敵なことになりますね。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月22日 日曜日

星野仙一監督登場

本日の友人の結婚式に参加しました。
ウェスティンキャッスルホテル。

楽天監督 星野仙一監督が突然、お祝いにサプライズ登場!!
凄い人気で新郎・新婦は主役を奪われてしまいました。

披露宴前には久しぶりに元中日ドラゴンズ内野手 関川楽天コーチと再会。

現役時代はメディカルケアを担当させていただき 中日スポーツ一面トップ記事でご紹介していただきました。

今年、お母さまが病気で亡くなられた新郎ですが、この日をお母様が決められてたのでお母さまの意志を叶え 披露宴を挙げられ偶然にも楽天が試合のため宿泊していたのです。

素晴らしい門出になりました。

おめでとうございます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月21日 土曜日

末永い支援を

昨夜のチャリティライブは盛況でした。

参加していただきCDを購入していただきまして 深く御礼申し上げます。

CD売り上げは義援金として大矢たけはる君が責任もって寄付させていただきます。
私どもは微力ですが、継続と積み重ねと多くの方々の支援が 大きな成果を生むことにつながると信じています。

今後もずっとこの活動を継続していきたいと思います。
慰問ライブを再開予定でしたが 東日本大震災の被災者の皆様へ少しでもお力になれればと考え、チャリティライブを継続することに決定しました。

クリニックスタディオをチャリティライブのための支援場所として継続してご使用いただき間接的にも協力できますこと嬉しく思います。

今後ともよろしくお願いいたします。


次はこの曲をアレンジして 決めてみたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=7aMdAb9eFLQ&feature=related

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月17日 火曜日

モータースポーツで日本復興


いままで名古屋出身でF1ライターとしても大活躍され モータージャーナリストでコンサルタントの佐藤環妃女史と会食でした。
F1に最も近い女性として企業トップといつも一緒に仕事される環妃女史はモータースポーツ界における素晴らしい存在です。
シューマッハやベッテルとも懇意にされている凄い人脈ですね。
モータースポーツ界の多くのことを学ぶことができました。先日の鈴鹿サーキットで開催されました  2&4でも スイートにオーガナイザー招待という待遇で友人の医師とともに VIP待遇で迎えていただきました。
特別室での高級ランチを頂いて観戦します JSB1000とフォーミュラニッポンのレースは夢に描いた瞬間でした。
モータースポーツは世界に誇る日本の自動車産業のテクノロジーの文化を示す場ですね。
しかもマシーンが本当にカッコイイです。
http://www.superbike.jp/



改めまして おめでとうございます。
秋吉耕佑選手!

鈴鹿8時間耐久ロードレースは 伊藤真一さんと一緒に組んで復興支援ペアで必ず優勝すると確信しています。

レース当日は全面支援とケアをお約束します。
モータースポーツで日本復興をご支援ください!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月16日 月曜日


小林弘幸 順天堂大学医学部教授を囲んで!ワークショップを行いました。
最先端治療をシドニー、アテネ、北京パラリンピック陸上 走り高跳び 日本代表 鈴木徹選手へ施術いたしました。
脚を失っても 挑み続ける夢!
その尊い気持ちに少しでもお役にたてましたら光栄に思います。

障害者の皆様の支援をどんな形でも微力でもできればといつもいつも願っておりました。
遠方よりわざわざお越しいただけました 鈴木徹選手には本当に感謝いたします。

鈴木選手へ最先端のPRP療法を施術させていただいたことは 私にとって大きな財産であり 今後のアスリートの苦しみを少しでも改善させる試みの第一歩です。

ありがとうございました。

今日はこのワークショップとミーティングに全国から世界的トップアスリートの指導者、トレーナー、モータースポーツ関係者、プロゴルファー、トップアスリート、専門医が集合しました。
F1レーシングドライバー 世界的プロゴルファー、世界的フィギュアスケーター、世界的ジョッキーを指導、ケアする超強力メンバーが今後多くのスポーツ支援に一緒に取り組むことが決まりました!

モデルや芸能人から短期間でボディメイキングを依頼されることも少なくありませんが今後はチームでどんな対応もできるようにしたいと思います。
 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月16日 月曜日

完全優勝

5月15日

決勝レース前のウオームアップ走行でピットを出る時、オフィシャルの不可解な?指示で後方より追突され負傷、バイクも破壊された
 
トップアスリート株式会社 専務取締役)は、大きなハンディを実力でカバーしました。
全セッション完全制覇、ダントツの優勝!!

バイクの不調も身体の不調もハートでカバーしました。

国内二輪最高峰レース JSB1000 鈴鹿  優勝

腫れあがった右足首を 柴田康博トレーナーがケア。
武豊さんや多くのトップアスリート、韓流スター、芸能人をケアする 元ショートトラック日本王者、日本代表です。

名古屋へ帰ってから 左で153キロのストレートで大活躍した 高橋聡文選手がコンディショニングに来られていたので 優勝を一緒に祝って記念撮影。
宮里藍プロ、優作プロの元トレーナー 鎌田トレーナーも一緒に!


満身創痍で結果を出した秋吉選手のプロ根性に 多くの友人たちが感動しました。
おめでとう!
 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月15日 日曜日

最速タイム&王者との会食会

鈴鹿の 焼き肉店 大勝 で K1 JAPAN 2001 チャンピオン ニコラスペタス氏と 本日、最速タイムでポールポジション獲得 秋吉耕佑選手と モータースポーツ界のドン・・・豪華メンバーに入れていただき 少し小さくなって会食しています。


秋吉耕佑 専務 全セッション制覇で ポールポジション!!王者の風格の走り!明日 決勝、優勝期待しています!!

http://www.superbike.jp/


MFJ SUPERBIKE Official Fan-Site - SUPERBIKE.JP
www.superbike.MFJ全日本ロードレース選手権 オフィシャル・ファンサイト..


会食会後、さらに・・・
鈴鹿サーキットホテル レストランでモータージャーナリストでもあった 環妃女史とミーティング。お茶。きれいで豪華なスペース。
F1はじめモータースポーツ界を知り尽くした 彼女の後押しで ・・・
モータースポーツ関係者?となった今、少しでもお手伝いできることを模索しています。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月12日 木曜日

ストレスケア

今日は 東京で女性自身の編集部、ライターの皆様とお会いして今後の企画や特集の打ち合わせを行いました。
先日、コメントさせていただきました 苫米地英人博士の 特集が ナンバーワン特集で大好評だったとの報告でした。

これからは脳科学 ではなく 自律神経科学の時代に確実になると思います。

ペニンシュラホテルロビーで世界的投資家のCEOと久しぶりにお会いしてご教授を受けました。
夜は、小林弘幸 順天堂大学医学部 教授夫妻と一緒に 銀座NO1 と噂のイタリアンレストランで 医学博士学位授与をお祝いしていただきました。
今後の研究は スポーツ界を大きく変えることになると確信しました。
ストレスケアが自律神経機能向上には必須で 私たちの研究や臨床が被災地の方々のストレスケアに少しでもお役にたてればと考えております。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20101021/dms1010211544014-n1.htm

 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月10日 火曜日

1流アスリートの条件

今日は、優勝候補球団の 主力2選手へコンディショニング、ケアを行わせていただきました。
全治6週間の重傷だった選手は受傷後3週間で全力投球、ほぼ全力ダッシュ可能。受傷部位の違和感や痛みはほぼゼロ。
復帰まで2か月以上必要かと考えられましたが 来週には実践で投げられるはずです。
もう一人の選手も常時150キロ超のストレートを投げる投手ですが、決してめぐまれている身体ではありません。
身体能力は筋力とは全く別物です。
努力では得られない天賦の才能ですね。

筋肉だけでなく身体のしなやかさ。

これに尽きます。

これまでもトップアスリートは筋骨隆々ではありません。
2010年 全日本ロードレース選手権総合王者 秋吉耕佑選手も決して筋肉で身体がしまっているわけではありません。

しなやかな身体と感。

感が大切です。

残念ですが、努力ではなかなか到達できない領域です。

プロのトップアスリートはやはりスーパーマン、超能力者ですね。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月10日 火曜日

アンチエイジングトレーニングセミナー・勉強会

昨日は地元で活躍するトレーナーと トップアスリート株式会社専務取締役
秋吉耕佑氏と トレーニング・ケアの勉強会。
重傷から復活 14,15日の鈴鹿2&4のレースではいきなり優勝を狙います。
昨年の全日本ロードレース最高峰 総合王者の意地とプライドを見せてくれるでしょう。

小田純也 http://j-pct.blogfit.jp/ トレーナー
24歳と若いのですが勉強する意欲に燃え 将来の大器です。
身体能力も高く 順調に育てば日本を代表するトレーナーになるかもしれません。

川村ゆき先生 http://www.arkworld.co.jp/premiere/
バレリーナでバレーの先生です。
れー
レースクイーンをされていただけあって均整がとれた素晴らしい肉体美。
お身体そのものが芸術です。

寺本トレーナー メジャーリーガー 川上憲伸投手の専属トレーナーとして2年間米国へ帯同、現在も多くのトップアスリートのコンディショニング・ケアトレーナーを務めています。

パワープレートでのトレーニング法や体幹トレーニングのインストラクトさせていただきました。


50歳直前の私も 自信を持って 20代の肉体と身体能力だ!と言えるように日々務めております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 9日 月曜日

Toshi プライベートコンサート 2007 in レクサス高岳

4年前の今日。

素敵な友人を招いて行ったプライベートコンサート (レクサス高岳)
Toshi が熱唱!!
参加してくれた人は全員涙していました。

...http://www.youtube.com/watch?v=-Mc9urQUG2A&feature=mfu_in_order&list=UL

5年前Toshi さんと初めて会ったとき、この歌を私のギルドギターで熱唱してくれました。

Toshiさんがトレーニングされ X JAPAN 復活へ準備を進め 一緒に取材を受けました スタディオで 

5月20日 金曜日 19時から20時

大矢たけはる チャリティライブ 2 開催します。

Toshiさんが汗を流し インタビューを受けたこの空間はきっと 素敵な音楽を提供できる 場 だと思います。


 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 8日 日曜日

詩・歌は最高です!

2007年 初めて 自分のスタディオでメジャーデビューしたアーティストに歌っていただきました。




http://www.youtube.com/watch?v=cZq_BsVQZFc&feature=mfu_in_order&list=UL

ギター1本でも 
スタッフを前に 一生懸命歌う彼の姿は とても輝いていました。
この歌を聴いて スタディオに音響設備を揃えようと決意しました。

大矢たけはる


カラオケにもエントリーされている曲です。
2009年 鈴鹿8時間耐久世界選手権 秋吉耕佑選手がトップ10トライアルで ダントツの最速タイムでポールポジション獲得した縁起がいい曲です。

彼がささやかな 日本と東北の復興を願って  
チャリティライブを 第2弾

5月20日 金曜日19時から20時

名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2階 特設スタディオ
さかえクリニック内 

全力で歌います。

参加は無料ですの是非!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 6日 金曜日

プロゴルファーと一緒に

ゴルフを全く知らない私が、現在、多くのプロゴルファーやトレーナーと一緒に新しいエクササイズ、トレーニング法を研究開発しています。
今日も、名古屋市新栄にあります ゴルファードで一緒に研究。

私の左前腕の筋力が女性以下であることが判明しました。
これまでスピード重視の格闘技のため一切、筋肉トレーニングを禁忌としていたため 握力を含めて筋力が大きく低下しているのでクラブがふれない・・・
初心者に必要な筋肉や運動力学が 初心者だからよくわかります。

これまでの常識にとらわれない新しい画期的なトレーニングであると評価されますように一生懸命 務めています。
トライアルで多くのプロに ストレッチ禁止、新しいエクササイズストレッチをご紹介、指導させていただき継続的に行っていただいたところ確実に身体能力が向上したことがわかりました。

プロゴルファーの打球はそれにしても凄いですね。
軽くヘッドスピードが50キロを超えるのですから...
さらにヘッドスピードが簡単にアップするトレーニング、コンディショニング法がすでに完成されつつあります。
ゴルフ界にも貢献できそうです。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 6日 金曜日

中日ドラゴンズのユニフォーム

昨日、中日ドラゴンズのユニフォームをケア・トレーニング指導をさせていただいております選手から頂きました。
昨年のお気に入りのデザインです。
阪神タイガースの縦縞もいいですが、ドラゴンズもなかなか。
現役時に 今中投手から頂いた ウインドブレーカー以来のドラゴンズのウエアです。
ありがとうございました。
選手のお心遣いに心から感謝しています。

すぐに着てみました。笑

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 5日 木曜日

平常心がアスリートの活躍を支える!

現在、書店で発売中のゲーテ 6月号で 小林弘幸教授の特集が5Pにわたって組まれていました。
私たちの研究テーマ 自律神経に関することで 多くのトップアスリートが 平常心を保つことがいかに重要かが わかりやすく解説してあります。

多方面でご活躍する小林教授ですが 現在では自律神経研究の国内における第一人者であり私どもの指導・共同研究者でもあります。

平常心・・・すべてのアスリートのみならずストレスに侵されている現代人にとっても重要ですね。
ゲーテの内容は素晴らしいです!
是非、ご覧いただけましたら幸いです。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 4日 水曜日

PRP療法の光と闇

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110410/oth11041017320007-n1.htm
内藤真人選手(北京、アテネ男子110MH日本代表)が国内初の症例で結果が良好、ご紹介を受け、為末大選手への施術に至りました。
PRP療法 トップアスリートの治療としては国内で2例目の症例でした。
こんな素晴らしい治療があることを多くの方に知っていただきたいと同時に エビデンスやプロトコールを確立が急務です。
やけどや褥瘡、皮膚外傷、皮膚壊死にも効果的です。びっくりするほど早く治癒しますね。
植皮が必要なほどの広範囲の皮膚壊死への治療にも成功して良好な結果が得られています。

国内では久保田潤一郎先生が美容医療を含めた第一人者です。http://www.tb-clinic.com/
しかし、エビデンスも無く、メーカーも禁忌としている薬剤を混入し注射され大変な状況になっている美容外科での問題も浮上しています。
内科医の医師が見よう見まねで行っている現状もあります。

素晴らしい治療の
も施術者や施術方法、施術キットによって大きな差が出るだけでなく 害にもなります。
何事も慎重に。が大切ですね。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 2日 月曜日

再生医療で奇跡を起こせるか

PRP療法を新宿御苑、小林メディカルクリニックで ラグビー日本代表候補のアスリートへ行いました。
小林弘幸教授と順天堂大学医学部順天堂医院 整形外科 医局長立会いの下、私が施術させていただきました。
この魔法の治療。
国内で普及すれば多くのトップアスリートの支えになるのですが。
タイガーウッズやナダル選手をはじめ海外ではスーパーアスリートがPRP療法で短期に怪我から回復して活躍されています。

国内のジャンパーズニーに対しては 為末選手に次いで 2例目。
16日には3例目の施術をトップアスリートへ行います。

再生医療が美容医療分野でも広がると予想されますが、あくまでも学術根拠やエビデンス、の積み重ねが必要だと思います。

治療後、白金の隠れ家?焼き肉レストランで小林教授と会食。
スポーツで日本復興を!!

気合が入ります。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年5月 1日 日曜日

究極の腹筋

石川遼選手 専属フィジカルトレーナー 仲田健氏が 石川遼選手に主たる指導とした 体幹トレーニング。
その一つに 恐怖の腹筋トレーニングがあります。
これは本当にきつい。
ストレッチポールの上で閉脚して腹筋。
ほとんどのトップアスリートも1回もできません。

腹筋自慢、1000回の腹筋を自負するアスリートもできないことがほとんどです。
スタックポジションという 筋肉の盲点が存在するのです。
このインナーマッスルの部分を鍛えることは大変重要で 身体能力向上には欠かせません。
軸がしっかりでき 身体が本当に若返ります。
私自身、徹底したインナーマッスル強化トレーニングを数年にわたって行ってきて いかなるトッププロアスリートよりも この究極の腹筋ができるようになりました。

努力と積み重ねは おじさんの身体を プロアスリートのように進化させてくれますね。

肉離れ受傷後 2週間目  優勝候補主力ローテの投手は今日、スパイクをはいて マウンドで投球。
痛みもなく鋭い球を投げることができました。
重傷の肉離れで 全治6週間と診断されていましたが 予想の3倍のスピードで順調に改善。

治療とトレーニングを担当させていただいています。
過酷な腹筋で身体改造も。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月29日 金曜日

順調な回復


腓腹筋 部分断裂 受傷後、約10日
治療が順調に進行しています。
肉離れの治療は原則、安静だけと言われてきましたが、最近では早期にトレーニングさせる方向になってきています。
2003年 中日ドラゴンズ 伊藤チーフトレーナーから 久慈内野手の肉離れ後の疼痛と筋委縮、運動制限の治療、トレーニングの依頼を受けました。
久慈内野手は腓腹筋断裂、外腹斜筋断裂の重傷で6か月間 担当整形外科の医師の指示で治療を何も行わず 安静にしていたようです。
いくらプロ野球選手とはいっても6か月間安静にしていては周囲の筋肉も委縮し断裂部位は瘢痕硬縮して固くなっていました。

担当医が久慈選手が伝えるには 重傷の肉離れだから安静が第一・・・だそうです。

放置されていては引退を待つばかりです。
何とかしてほしいとのご希望により 現役復帰のためのあらゆる治療を行うことを一緒に話し合って決めました。

6か月たっても痛みが治まらず運動制限があり 車の運転も長時間は不可能ということで 当時は1000mWの半導体レーザーによる LLLT治療、マイクロ、シーメンスのステレオダイネーター、当時はまだドーピング規定に問題がありませんでしたプラセンタ療法を行いました。
もちろん、エアナジー治療、高気圧酸素療法も。

当時、考えられうる国内では最善、最新の治療だった気がします。

その結果、治療数週間後には疼痛も運動制限も消失し トレーニングが通常通り行えるまでに回復。

中日ドラゴンズは自由契約になりましたが、順調な回復で現役復帰できる情報を関係者へ直接お伝えして 阪神タイガース 星野監督が獲得。

2004年 阪神タイガース18年ぶりの優勝に大きく貢献しました。
9時には久慈のフレーズで代々の切り札として66試合で活躍、有終の美となったのです。

肉離れを放置され引退を余儀なくされた選手も少なくないと思います。
ありふれた外傷の治療にも目を向けてしっかりとしたケア、治療が望まれます。

今日は、パワープレートでインナーマッスル強化と受傷部位周囲の血流改善、硬縮治療を行いました。

優勝を争うための貴重な左の戦力は ピッチングしたい・・・とのはやる気持ちを抑えて今日からジョギングをスタートします。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月28日 木曜日

ドーピングなんかじゃない!

http://www.sakae-clinic.com/prp/

為末選手の記事がメディアに掲載されてから全国からPRP療法の問い合わせが急増しています。中には自称トレーナー?が血液ドーピングでは?などと トンデモ発言をされているとも。
世界でも認められている治療にも関わらず 不確かな情報を伝えて アスリートを不安に陥れるアマチュアトレーナーが多いのも事実です。
...アマチュアのスポーツ界はややこしい。

というよりこの10年以上、一部のアマチュアスポーツ界の方々からの中傷や圧力で本当に辛い思いをしてきました。
心無い一部の指導者が日本のスポーツを文化にすることを妨げている気がします。


http://www.beckersorthopedicandspine.com/sports-medicine/2290-world-anti-doping-agency-will-allow-prp-for-athletes-in-2011


http://www.swim.or.jp/sub4_atdp/pdf/atdp_02_101220.pdf

http://www.iuau.jp/news/2010/anti-doping2011.pdf



PRP療法がドーピングなんて!とんでもないことです。
バンクーバーオリンピック金メダリストをはじめ タイガーウッズ選手をはじめ世界的アスリートたちの多くがこの治療の大きな恩恵を受けているのです。

なんでも否定的にうがった自己見解を主張する指導者の存在が アスリートたちを誤った方向へ導かないことを心から願っております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月26日 火曜日

プロ野球選手へのレーザー治療

優勝候補筆頭と評価されます球団のローテーションの一角を担う主力投手が下腿にある腓腹筋を部分断裂されました。
いわゆる肉離れです。

筋肉がちぎれるわけですから相当の痛みと歩行困難、運動制限が起こります。
実はこの肉離れの画期的治療がこれほど医学が進歩しても見当たりません。
今回も再生医療であるPRP療法を検討しましたが海外でも十分なエビデンスが得られているとは言えず急性期の状態では見送る結果になりました。
しかし、半導体レーザー。これが凄いのです。以前までは60ミリ、150ミリワットの照射エネルギーでしたが 今やなんとパルス波ですが10000ミリワット。4-5センチの深さまでしっかりとレーザー光が到達します。
血腫の吸収促進、疼痛除去、血流の改善による治癒促進、筋肉硬縮の緩和など 多くの治療効果が期待できます。

これにインナーマッスルの早期強化と血腫吸収促進、筋膜緊張緩和のためのパワープレートを併用して治療しています。
治療と同時にマッサージ、筋肉強化が可能なスペシャルトレーニングマシーンです。
驚くべき改善です。
1週間経過ですがすでに 通常歩行が可能となりました。
1日も早い復活をお手伝いさせていただきますとともにお祈りしております!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月25日 月曜日

癒しのライブへ


4月28日 木曜日 18時半から20時


さかえクリニック特設 スタディオにおきまして チャリティライブを開催します。
弊社専属アーティスト シンガーソングライター 大矢たけはる氏が 最新シンセサイザーを駆使して感動的なライブを開催します。
参加は無料。
もし感動いただけましたら シンガーソングライター 大矢たけはる氏の スペシャルレコーディングCDを購入いただけましたら その収益を全額 義援金として送らせていただきます。

今回は新しいシンセサイザーで 音源を念入りにセレクトしてメロディーをアレンジしてみました。

http://www.youtube.com/watch?v=jYl3FcITEsU

その音質と音色にきっとご満足いただけると思います。
カバー曲も 往年の名曲をインストルメントでも演奏します。
1時間半ほどの スペシャルライブをお楽しみにください。
必ず癒しの時間を過ごしていただけることをお約束いたします。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月23日 土曜日

2001年 K1 JAPAN 王者 ニコラスペタス氏と会食

弊社取締役 神谷誠氏とかねてからの親友であります k1JAPAN 2001年王者 ニコラスペタス氏と会食しました。
超イケメンです。
現在は俳優としてもご活躍。
日本へ来られて20年。
なまりのない日本人同等レベルの日本語・・・英語、デンマーク語 3か国語が会話できる。
極真会館総本部での指導もされています。
弊社にも今後、ご協力いただけますことお約束いただけました。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月22日 金曜日

チャリティライブの練習

昨日は大矢たけはる君と一緒にチャリティライブの練習を行いました。
本来であれば被災地へすぐにも出向きたいのですがその時間をチャリティ活動に充てることの意義を考え こちらでできる限りの支援を被災者の方々へ継続的に末永く行うことを考えました。

本日19時から20時半までも公開リハーサルの形で行います。
お時間があればぜひともご参加ください!


ゴスペルバージョン2010 で歌ってみました。
栄光の架橋。
イアフォンでお聴きいただけましたら光栄です。

被災地の1日も早い復興と亡くなられた被災者の方々のご冥福、被災者の皆様のご健康を心よりお祈りしております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月20日 水曜日

学位授与

午前中に大学院学術支援課で 学位状を受け取りに行きました。
学位授与式に出席できなかったので 本日、 4年間の大学院修了の証として学位状を頂きました。

生涯、医学博士には縁がないと考えていましたが 小林弘幸教授とのご縁で49歳にして学位を取得することができました。

25年前、母校である 岐阜大学医学部の大学院試験に合格して大学院入学を予定しておりましたが、厳しい経済状況で断念したことを思い出しました。

6年間の医学部を卒業しても大学院生は無休で働きなおかつ 過酷な研究生活、学費の支払い・・・
 経済的には医学生では とてもできることではありませんでした。

25年前 母校の第一外科に入局しましたが、1日も休みなく働きほとんど睡眠をとった記憶がない状況で 1か月の給与は10万円程度。

経済的に恵まれないと 医学博士も取得できないのか...と思った当時でした。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月17日 日曜日

アンチエイジイング・システムで身体能力向上



昨日、HEAT ミドル級王者 ダニロ・ザノリニ選手が K1 MAX JAPANで優勝候補最有力と評価された 日菜太選手との試合を控え コンディショニングにクリニックを訪れました。

前回の試合からわずか1か月で 最強の相手と試合を行うことになりました。


日菜太選手は魔裟斗選手を MAX 決勝で苦しめたキシェンコ選手をKO,山本優弥選手にも勝利している期待のホープです。

HEAT8連勝中のダニロ選手も今回は厳しい戦いが予想されます。
前回の試合では K1 6戦無敗の強敵をフルラウンド判定で撃破しました。

エアナジー http://www.sakae-clinic.com/airnagy01/ とパワープレートhttp://www.topathlete.co.jp/powerplate/ でコンディショニング。
確実に身体能力が向上するシステムです。

エアナジーパワープレートいずれも国内で最も早くスポーツ界とアンチエイジングケアにクリニックで導入してきました。
その効果には目を見張るものがありました。

大学での研究対象としてもすでに決定し臨床やスポーツ分野へもますます普及していくことを予想しています。

私個人では、もちろん、身体の若返りに使用しています。
50歳のおじさんでも20代に。
震災の被災者の皆様が涙も枯れるほど辛い日々を送られていることを胸に自らも過酷なトレーニングを課したいと思います。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月16日 土曜日

トップアスリートの勉強会

昨夜は、弊社トレーニングスタディオで 地元名古屋のトップアスリートの方々とトレーニング、コンディショニングの勉強会、セミナーを開催しました。
16名の参加者で 地元ナンバーワン、ナンバーツーのプロボクシング王者レーシングライダー、プロゴルファートレーナー、指導者の皆様に参加していただきました。

http://www.topathlete.co.jp/menu02/

正しいストレッチ、競技特性を考えた有効で確実に短時間で身体能力が向上するトレーニングを今回は 私がインストラクターを務めさせていただき指導をさせていただきました。

かなりキツイトレーニングもありますがその手法をお伝えできたと思います。
腹筋も一般に行われている腹筋ではアウターマッスルである腹直筋しか鍛えることができません。

インナーマッスル 腹横筋などを鍛えるためには 体幹トレーニングとしての腹筋があります。

適切なストレッチやトレーニングを行わなければ怪我を起こすリスクも増加してしまいます。

プロゴルファーの身体能力を向上させることは比較的容易だと思います。
現在、多くのプロゴルファーや第一線で活躍する世界的アスリート、トレーナーの皆様と一緒に アンチエイジングエクササイズから プロアスリート用エクササイズまで研究開発を進めています。
皆様へ近い将来、自信もってお伝えできると願っております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月15日 金曜日

阪神タイガース 桧山進次郎選手 来社

午前中、阪神タイガース 桧山進次郎選手が今季のあいさつに弊社を訪れました。

42歳現役 礼儀正しく 優しい、ナイスガイです。

凄いことですね。
プロ野球選手の平均引退年齢は 5.8歳
つまり6年足らずで半分のプロ野球選手が引退を余儀なくされているのです。
自ら引退することはありませんので 解雇されるわけですね。

20年間、プロ野球選手として活躍することは並大抵の努力ではありません。
今年1月のグアム トップアスリート合同合宿でも過酷なトレーニングを行われていました。プロは本当に驚異的なトレーニングを行っているのですね。

http://www.sakae-clinic.com/column/sports_co/

桧山選手のコンディショニング、ケアを担当させていただくようになり10年以上経過します。
過酷なトレーニングで鍛え上げた肉体を最近では上手にコントロールされています。
フィジカルトレーニングは現在、石川遼選手専属 仲田健氏が入団当初より担当されています。
仲田トレーナーから紹介を受け 私が桧山選手の担当をさせていただくことになりました。

過去、2度リーグ優勝、選手会長、4番バッターという重責を果たしてきた 球界を代表する桧山進次郎選手の歴史を一緒に見ることができて光栄に思います。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月14日 木曜日

F1レーシングドライバー・トレーナー

今日は元 スポーツ診療部フィジカルトレーナーで 現 トップアスリート株式会社 所属 トレーナー 河合貞利氏とミーティング。
http://www.topathlete.co.jp/menu02/

富裕層の方の専属トレーナーとしても活躍され日々多忙な時間を過ごしています。

元F1レーシングドライバーの中嶋一貴選手のトレーナーとして東海地方ナンバーワントレーナーとして活躍する彼も トレーナーという過酷な業務に少し疲弊していました。


アスリート同様、保証もなく契約プロとの契約が切れればすべてゼロになる職業です。

一度に多くのアスリートをパーソナルで指導することは不可能なためどうしても専属契約を結ぶことになります。
しかし、その契約も長期ではありません。
ほとんどが年契約かスポット。

しかし、契約主がトップアスリートであれば拘束時間は長くなりほかの業務はほとんどできなくなります。

厳しい世界で自らの肉体も維持しながら業務を遂行するトレーナーはまさしくトップアスリート。

トップアスリート株式会社所属トレーナーは例外なく全員、アスリート以上にトレーニングを行う身体能力を持ち合わせています。

アスリートを支える裏方の本当の業務はほとんど知られることはありませんが、過酷・・・の一言に尽きます。
彼らと一緒に今後も仕事ができましたら光栄です。

今回の震災の影響でスポーツ界にも大きな影響が。
ますます環境は過酷になりますが、被災者の皆様の御苦労、慟哭を考えると なんでもないことだと思います。

スポーツで日本復興を!
微力でもお役にたてましたら光栄です。

 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月12日 火曜日

音楽で癒しを

今夜、シンガーソングライター 大矢たけはる君のライブが名古屋栄1丁目 ハートランドで開催されました。
友人たちと一緒に鑑賞。

一緒にチャリティライブができればと考えました。

http://www.sakae-clinic.com/spiritual/music/

義援金として彼のオリジナルCDを参加者のみんなで購入しました!

音楽で癒しと日本活力のために何かができれば最高です。

4月28日 木曜日 午後18時半から 

さかえクリニック特設スタディオにおきまして

大矢たけはるスペシャルチャリティライブ

http://www.youtube.com/watch?v=X8zbrfX9Uno

を開催します。

参加は無料です。
大矢氏のCD購入費 全額を支援金に充てさせていただきます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月12日 火曜日

御用学者の嘘

震災が発生しまして1か月経過しました。

いまだ多くの被災者が苦しまれている現況に心を痛めますとともに1日も早い安定された生活とご健康をお祈り申し上げます。
いまだ寒さが過酷な東北でお身体と心を痛めています身体に障害を持たれたり高齢の方々、子供たちへの救済がただちに進むことを願っております。


被災者の皆様をさらにどん底に落とすような事故が 原発事故ですね。
私は、原子力の専門家ではないので今回の事故に関しまして意見を述べる立場にもありませんが、テレビでコメントする御用学者が伝える嘘は明確に判断できます。
理由は彼は科学的根拠を明確に提示することなく主張を断定的に繰り返していたからです。
こういった科学者が堂々と公共の放送ででたらめな話をすることは恐ろしいことだと思いました。
科学は再現性、普遍性、客観性をもとに実証主義であるはずなのに。
この御用学者は最近 なぜか?出てきません。
きっと多くのまともな科学者からテレビ局へクレームが殺到したのではないかと勝手に想像しています。

ある番組で 御用学者が自信たっぷりに述べていました、
今回の原発事故が レベル5や6なんて絶対にありえません。せいぜい4ですよ。
チェルノブイリ事故は放射能汚染レベルが福島とは比較にならないほど高く周囲への影響も甚大でしたよ。
だから安心してください。、
とあたかも専門家のごとく延々と論じていました。


すでにフランスや諸外国の専門家からレベル6であり7の可能性も明確に指摘されていたにもかかわらずです。

政府は以下の見解を出しました。
このことをこの御用学者は何と言い訳するのでしょうか?

想定外でした。・・・というかもしれませんね。



福島第1原発:政府、レベル7検討...最も深刻
 政府の原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故について、1時間当たり最大1万テラベクレル(テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとの見解を示した。

 数万テラベクレルは原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度(INES)の最も深刻なレベル7にあたる。今回の事故は数時間の放出でレベル7に相当するため、現在レベル5としている政府は、引き上げの検討に入った。

 過去に発生したレベル7の事故には86年のチェルノブイリ原発事故がある。

 原発事故による影響の度合いを考慮する際には、INESは、程度の低いほうから、レベル0~7までの8段階に分類されている。スリーマイル島原発事故(79年、米国)はレベル5、茨城県東海村で起きたJCO臨界事故(99年)はレベル4とされている。



レベル7なら国際的にも大変なことであり対応を間違えれば今後の日本の将来はないと思います。

嘘つき御用科学者を排除することもメディアや政府にとって大切な対応策ではないでしょうか?

私は原発の反対派では決してありませんが、原発事故を過小評価する科学者の嘘は犯罪レベルと想定します。

少し過激な意見かもしれませんが、同じ科学者として 御用学者のあまりにも科学者から逸脱したコメントの繰り返しに 憤りを覚えていました。
この科学者には福島で過ごす方々や原発の影響で多くの被害に苦しむ被災者の皆様へ 謝罪してほしいです。

 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月11日 月曜日

PRP療法で奇跡の復活を!

昨年 夏 為末選手の 再生医療 PRP療法を担当させていただきました。

http://www.sakae-clinic.com/prp/

すでに アテネ、北京オリンピック 110MH 陸上日本代表 内藤真人選手へ 国内初の治療として PRP療法を慢性アキレス腱炎治療のために行い改善され 日本選手権で決勝へ進出され復活に貢献させていただけました。


http://www.topathlete.co.jp/menu01/index_2.html


欧米ではトップアスリートへの治療として普及しています。
金メダリスト、NBAプレーヤー、メジャーリーガーをはじめ タイガーウッズ選手も複数回の治療を受け故障から短期で復活を果たしています。

国内ではまだまだエビデンスは皆無といってもよいほどですが世界的には評価されている 再生医療の新治療です。

現在、国内では順天堂大学医学部と提携して研究を進めていますが 今後は臨床的に普及していくように努めていきたいと考えています。

為末選手の復活記事が 日刊スポーツで 以下のごとく掲載されました。



<陸上:記録会>◇9日(日本時間10日)◇米カリフォルニア州クレアモント

 陸上男子400メートル障害で世界選手権2度銅メダルの為末大(32=a-meme)が、北京五輪以来となる2年8カ月ぶりのレース復帰を果たした。米カリフォルニア州のパノマ大が主催する記録会で、400メートル走に出場。タイムは48秒74と平凡ながら、ケガとの闘いを乗り越えての復帰。侍ハードラーが第一線に戻ってきた。

 走り終えた為末1 件の表情には、心地よい充実感がみなぎっていた。「こうやって競技場に来るのは北京以来。怖さみたいなものがスタートする時にあって。タイムはよくないが、レースして、ゴールできて、本当によかった」。

 北京五輪後は故障続き。特に左膝の痛みに悩み、昨年8月、自らの血小板を患部に注射するPRP治療を受けた。もともと美容整形の技術であり、タイガー・ウッズらも受ける治療法に選手生命を委ねた。「今年だめだったら、もうダメだろうな」と引退が頭をよぎったが、ここ3カ月は完全に痛みが消えた。

 今後は日本に戻り、17日に金沢の記録会でいよいよ400メートル障害に挑む。記録次第で来月3日の静岡国際への出場が決まる。今季は8月の世界選手権での決勝進出が目標。その出場権を得るためには、参加標準記録(A標準49秒40、B標準49秒80)を破り、6月の日本選手権で上位進出が必要だ。大きな目標は、来年のロンドン五輪出場だ。「五輪の決勝を戦うのが夢。その夢を見られそうだというのが、今日でだいぶ感触を得られた」。侍ハードラー復活へ、米国の地から大きな1歩をしるした。【千歳香奈子通信員】

 [2011年4月11日9時13分 紙面から]



投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月10日 日曜日

王者の支援

本日、刈谷市で松田ジムのプロボクシング興業がありました。
夏にもタイトルマッチを予定する 川瀬昭二選手もサウスポーに苦戦しながらも勝利。

先日の東洋太平洋タイトルを獲得した、36代 38代スーパーバンタム級チャンピオン 世界ランカー 大橋弘政選手が リング上で挨拶。

東日本大震災の支援を!

彼も先日のファイトマネーを義援金として寄付され今後も支援活動を行われます。
プロボクサーの厳しい経済状況の中で素晴らしい活動だと思います。

命を懸けて闘う折れない心と魂を持った 大橋選手をサポート、指導させていただける機会を持つことができて 誇りに思うとともに光栄に思います。

4月15日 大橋選手をはじめ 多くのトッププロアスリートと一緒に合同トレーニングスクールを主催させていただきます!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月 9日 土曜日

プロボクシング

昨夜の世界戦はすべてKO決着で素晴らしい試合でした。
プロボクシング関係者として プロボクシングの盛り上がりをさらに期待しています。
長谷川選手の敗北にはショックでしたが、不屈の闘志で必ずタイトル奪取を信じています。

昔、日本復興で高度成長期ではプロボクシングが大人気でした。
世界を相手に闘う選手を自らに重ね合わせ 仮想でも日本代表として闘っていたのです。

日本人はこんなに強い、こんなに頑張れる、不屈、王者の誇り。

東北エリアが出口が見えない悲惨な被災状況でも残りの日本エリアが東北エリアをカバーできるよう頑張る必要があると思います。

明日もボクシングの興業でメディカルトレーナーを務めさせていただいております。

日本ライト級 1位
東洋太平洋ライト級3位
の川瀬昭二選手がメインイベントで出場します。
今日もコンディショニングはばっちり。


すっきり勝利して夏にも予定されるタイトルマッチへ挑んでほしいです。

世界と闘う 日本人を応援するように被災者の皆様も勇気づけることができましたら幸いです

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月 5日 火曜日

王者たちの支援活動

今日は 代表を務めさせていただいております。トップアスリート株式会社の役員会でした。

http://www.topathlete.co.jp/

新規役員である 中部モータースポーツ界のドン 神谷誠氏をお迎えして
2人のトップアスリートを囲んで会食会と役員会を同時に行いました。

先日のプロボクシング東洋太平洋スーパーバンタム級で2度の王座獲得した世界ランカー 大橋弘政選手 http://www.topathlete.co.jp/oohashi/
と トップアスリート株式会社専務取締役で全日本ロード選手権 2010年総合王者の秋吉耕佑選手。
2人とも今回の震災の支援活動に多大に貢献されています。

東海地方唯一の世界ランカー、王者 大橋選手は先日の 王座決定戦のファイトマネーを義援金として寄付。
命を懸けて闘ったファイトマネーを震災で苦しまれる方々への支援金として贈られました。
大橋選手は最初のタイトルマッチではファイトマネーより試合中に眼底骨折して入院、手術費用のほうが高くついたそうです。
プロボクサーも厳しい生活と現状の中 ファイトマネーを寄付する崇高な行為には感激しました。

トップライダーでもある 秋吉耕佑選手は、なんと、3月末日から先日まで 支援物資を車に詰めて仙台付近のエリア、石巻エリアへ支援活動を行うために直接、出向いていたのです。

被災者の皆様が避難している避難所へ救援物資のお届けに行かれました。
この行為に対して彼のブログで中傷がありましたが秋吉選手は批判や中傷には決して負けません。

秋吉選手から直接、ご覧になられた現地の状況をお聞きしましたが 悲惨の一言。

お亡くなりになられた方々のご遺体も手つかずの状態で放置されていたり 腐敗臭が蔓延して数秒間でも耐えきれないほどの状況をご体験されたようです。
寒さ、地震の余震、食べ物の不足、入用できない、不衛生な状況、放射能の恐怖・・・
まったく原爆を落とされた戦場の地獄のようで ありえないと 嘆かれていました。

こんな状況下で苦しまれ一生懸命生きようとされている多くの被災者の皆様がおられる中、私どもも何とかできることがないか。短期でなく長期的に支援やお役にたてることを考えていこうと話をしました。

命を懸けて闘うアスリートは自分の身体を使って 同胞、日本人を支援する、素晴らしいことだと思います。

スポーツでも王者のパフォーマンスを見せて 多くの方々を勇気づけてほしいです。
秋吉君、大橋君  素晴らしいお話 ありがとうございました。

 

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年4月 1日 金曜日

K1 MAXへ

昨日、ダニロ・ザノリニ選手から電話がありました。
4月17日 後楽園ホールで 現在、日本キックボクシング最強選手と評価されている 日菜太選手との対戦が決定したとのことです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%8F%9C%E5%A4%AA

キシェンコ選手、アンドレ・ジダ選手などメジャー選手に勝利した注目の選手です。

前回の試合からわずか 1か月

前回はHEAT 17での最強チャレンジャーとのタイトルマッチでした。
判定ですが明確な勝利をおさめ タイトルを防衛しました。
対戦相手の濱崎選手は K1で 6戦無敗 4勝2引き分けの 強敵でした。
試合は激しいファイトで会場が盛り上がりました。
HEAT 8連勝中

http://heatofficial.com/result/heat17/heat17-08

今回の試合に勝利すれば K1MAX 出場は確実です。
日系3世 ダニロ選手の活躍を心からお祈りします。
ブラジル国籍の彼ですが、今回の震災には本当に心を痛めいます。

先日のプロボクシング東洋太平洋タイトルマッチでの大橋弘政選手の闘いに感激し 絶対にあきらめない くじけない折れない心で闘うことを誓っていました。
被災者の皆様には折れない心を持ってというのはあまりにも酷ですので 一刻も早く平常な生活へお戻りになれるよう 政府をはじめ東電の方がリーダーシップをとっていただきたいです。
現場での作業員の方々の命がけの作業に反しまして 東電の情報コントロールと不誠実な対応には本当に驚きます。

機会がありましたら被災者の皆様にも闘うアスリートのパフォーマンスを見ていただきたく存じます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月31日 木曜日

エアナジーは放射線障害に有効?

エアナジーのメーカーからチェルノブイリでの放射線障害の時に使用したエアナジーの治療効果のデータが送られてきました。

私はいつもアンチエイジング目的と疲労回復目的で行っていますが本当に放射線対策になるのであれば...
多くの方が被ばくから救われるのですが。
まだ、国内でのエビデンスは少ないので確実なことはわかりません。

ドイツから下記のメールが添付付で届きました。

> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
> 日本に今起きている事態に非常に残念に思います。福島の原発の爆発による
> 核放射線の被害がこれ以上人々に害を与えることのないように願います。
>
> 日本に現在起きているひどい悲劇ですが、少なくとも少しでも苦しみを和らげうる
> 為になるニュースがあります。約10年前にチェルノブイリで起きた大惨事で、
> エアナジーセラピーを実施した研究で、発電所からきた核放射線によって影響を
> 受けた人に有益な結果を示しました。特に、子どもに有益です。
>
> 福島で起きた大惨事で影響を受けた人すべてに、患者さん、医師、診療所に、
> 添付ファイルを転送くださいますようお願い申し上げます。理想的にはメディアも
> 含めて転送いただけると、できるだけ多くの人が少しでもそこから健康に関わる
> 有益なことを学ぶ価値のある助けになるでしょう。
>
> エアナジーチームは最善を尽くし、健康障害を避けられるようAirnergy-SOE
> (Singlet Oxygen Energy) セラピーの援助を少しでも提供できるよう、誠意をもって望んでおります。
>
We feel terribly sorry for what happened in Japan and hope that the
> nuclear
> radiation threatening the country after the explosion of Fukushima will
> not
> do too much harm to the people.
>
> Despite the terrible tragedy, that currently happens in Japan, we have
> positive news that might ease the suffering at least a little bit.
> Approximately one decade after the terrible catastrophe that happened in
> Chernobyl (Ukraine), a study was conducted with the Airnergy-therapy that
> showed positive results for those affected by the nuclear radiation coming
> from the power station, especially for children.
>
> We kindly ask you, for all those who are affected by the catastrophe that
> happened in Fukushima, to forward the attachment to customers, doctors,
> clinics, etc. and to ideally involve the media, so that as many people as
> possible will learn of this small but very valuable aid and can profit
> from
> it with regard to their health.
>
> The Airnergy team sincerely wish you all the best and hope to be able to
> offer at least a little bit of help with the Airnergy-SOE (Singlet Oxygen
> Energy) therapy to avoid more severe health detriments.
> Kindest regards
>
Report on clinical investigations of Singlet Oxygen Therapy. SOE respiratory unit use in sanitarium practice at Chernobyl zone in Ukraine.

Abbreviations in this study are:
SOT = Singlet Oxygen Therapy
SOE = Singlet Oxygen Energy
Introduction.
SOT is widely practiced among the new perspective methods on non-medicamental treatment and prophylactics of diseases.
The principle of the SOE (Singlet Oxygen Energy)-effect is based on optimization of singlet oxygen formation using special AIRNERGY catalysts in an activation chamber of a respiratory unit and its delivery into a human body.
Normalization of the patients' health condition after the Airnergy SOE-therapy was caused by improvement of blood circulation, stimulation of metabolism in tissues, immunity strengthening, detoxification, normalization of antioxidant state. To put SOE into practice, modern Valkion Unit, including the AIRNERGY catalysts, was set in dispensary "Teteriv", Korostyshisky district of Zhytomyr region where the above mentioned investigations have been fulfilled since the 1st of July 1997 till the 23rd of February 1999.
Research Object and Task.
The aim of the present investigation was to determinate the SOE-therapy influence on health condition of patients in sanitarium, and possibilities and perspectives of SOT use for the treatment and rehabilitations of patients with different types of pathologies.
To fulfill the purpose the following tasks were set:
• study the effectiveness of SOE use in clinical practice based on treatment results of the patients with different types of diseases.
• organize the comparative characteristics of SOE effectiveness among the patients who received SOE-therapy in complex with other types of treatment and those who didn't receive SOE at all.
• make the conclusion on SOE effectiveness and use perspectives in sanitarium practice on the basis of clinical and laboratory data.
The treatment by means of SOT consisted of energized water use and activated air inhalation. Patients received SOE 1 time a day on an average. During the first day of treatment patient consumed 50-100 ml of activated water and 3-9 minutes of inhalation by activated air. The second and all the following days, patients took 150-200 ml of activated water and 6 - 14 min. of inhalation. Each patient received 11 SOE treatments on average.
Results of the Investigation.
When using SOE, i.e. Singlet Oxygen Energy, in complex with other types of treatment (please refer to the table in Attachment 1), all the children (455 persons) finished their course of treatment with improvement of their condition. In the control group only 451 out of 512 children (88,10 %) finished their treatment with improvement. 58 patients (11,32 % left without changes, 3 patients aggravated their stage.
When treating the patients with blood circulation system diseases, it was noted, that general effectiveness of SOE use in the first group amounted to 100 %.
The effectiveness of SOT by the patients with blood circulation system pathologies was caused by improvement of electrocardiogram indices, increase in patients' tolerance to the physical load, disappearance of heartache and tachycardia, increase of hemoglobin level in blood. SOE-effectiveness in the control group amounted to 91,06 %. Out of 302 children 275 persons felt better, 25 patients didn't change their health condition, 2 children finished their course of treatment with aggravation.
The SOE therapy applied to 112 children suffering from respiratory tract diseases showed considerable effectiveness.
There were several changes for better which are observed by all the patients disappearance of catarrhal phenomenon, facilitation of expectoration, stabilization of external breathing function, reduction of short breath and quantity of choke attacks by the patients who suffered from bronchial asthma. The treatment effectiveness of the patients from the control group was 84,13 % out of 126 children 106 improved their health, 19 children (15,1 %) finished the course of treatment without changes. 1 child aggravated the health condition.
The effectiveness of the SOE-therapy applied to 31 children with gastrointestinal tract diseases was characterized by the remarkable improvement of health condition of all the patients. After SOE treatment patients' health condition improved, pains in stomach disappeared, general state and appetite improved, meteorism disappeared, heartburn reduced, stool normalized. The SOE effectiveness in the control group amounted to 70,97 %, 9 patients (29,09 %) left without changes.
All the patients from the first group who had metabolism pathologies finished their course of treatment with improvement of their health condition. There were following changes in health condition of the patients: disappearance of thirst and dryness in month, tiredness, reduction of sugar in blood of the patients who suffered from sugar diabetes, and loss of weight in case of obesity. By comparison, in the control group 85,71 % of patients improved their health.

Materials and methods of investigation.
967 children (aged 6 - 15) from the region polluted by radiation were treated by means of SOE in dispensary Teteriv.
The experimental persons were divided into 2 groups. In the first group there were 455 children, who underwent complex treatment (SOT in complex with traditional treatment at the same time). Among them: 57,4 % suffered from diseases of blood circulation system, 24,6 % from respiratory tract pathologies.
There was following percentage according to the level of affection:
Light - 54,2 %, middle-hard - 42,3 %, hard - 3,5 %.
The second (control) group consisted of 512 children, who were treated only by means of the SOE-therapy. The overwhelming majority of patient suffered from blood circulation system diseases (59,0 %) and respiratory tract diseases (24,6 %. 55,8 % of children had light level of affection, 39,6 % - middle-hard level, 4,7 % - hard.
In most cases the patients with cardio-vascular system pathologies suffered from the following diseases:
• functional cardiopathy,
• vegetovascular distony.
Among gastrotestinal tract diseases prevailed:
• chronic gastritis,
• gastro-duodenitis,
• cholecystitis,
• diskinesia of bile duct.
Among respiratory tract diseases predominated:
• chronic and obstructive bronchitis,
• bronchial asthma
Among metabolism pathologies prevailed:
• endocrine system diseases including sugar diabetes (of light and middle-hard form).
Among motor system diseases prevailed:
• after-traumatic bones and joints injury.

Among skin diseases prevailed:
• eczema,
• neurodermatitis
For the investigation of SOE therapeutic effectiveness different data was studied: data of electrocardiogram, indices of coagulogram, hemoglobin level, sugar in blood (prothrombin index, fibrinogen), the patients' tolerance to physical load was also taken into consideration.
The possible side effect was evaluated by means of the following symptoms:
• appearance of pain of different localization, which didn't bother patient before,
• intensification of disease symptoms which patient had before SOE,
• appearance or intensification of neurological stage
• worsening of clinic-functional and laboratory indices (if they were not caused by medicament therapy).
There was 100 % effectiveness after SOE energy therapy by the patients with nervous system diseases, in the control group 85,71 % of patients became better.
The SOE effectiveness by the patients who suffered from skin and motor system diseases was high but didn't differ much from the results in the control group.
All the 16 persons who suffered from kidney and urinary tract diseases and to whom Singlet Oxygen Therapy in complex with other methods of treatment was applied changed their health condition for better, in the control group 91,67 % of patients improved their health.
Analysis on the results of SOE use applied to the children living in the territory polluted after accident at Chernobyl Atomic Power Station and treating in the dispensary "Teteriv" showed considerable treatment effectiveness. Practically 100 % of patients felt disappearance of headache and also pain in joints and in chest region, improvement of general condition, increase in weight, disappearance of nasal bleeding and catarrhal phenomenon in gullet, normalization of blood composition and decrease in caesium-137 level.
1. Research work on Singlet Oxygen Energy Therapy use in sanitarium practice of dispensary "Teteriv" shows a remarkable effectiveness for the patients who underwent SOT in complex with other methods of treatment.
2. Effectiveness of the SOE-method in the first group (SOE-therapy in complex with traditional treatment) was 11,9 % higher by comparison with the control group.
3. Analysis on the results of the clinic research shows expediency and profit SOE use in sanitarium practice of Ukraine treating the children with different types of pathologies from the ecologically unfavorable regions and areas polluted by radiation.

Closing Statement Concerning Copyright
This article was published in 1999 by POLYVALK AB, Att. Antony van der Valk, Göteborg, Sweden. Respecting the Copyright of the study, it should be noticed that the study investigations were performed with Valkion units that were equipped with AIRNERGY+ catalysts! As the catalysts are the key of the method, AIRNERGY AG headquartered at Hennef, Germany, puts forward a certain claim on these published data as well!









Attachment 1: Table
Attachment 2: Statement of AIRNERGY Medical Management



Attachment 1: Effectiveness of Singlet Oxygen Energy Therapy Use according to the Type
of the main Pathology in Sanatoria of Teteriv

Kind of the main pathology Patients who undergone SOET and other kinds of treatment (I group) Treatment effective-ness, % Patients who didn´t received SOET Treatment effective-ness, %
Total With improve-ment Without changes With aggravation Total With improvement Without changes With aggravation

Blood circulation organs 261 261 100 302 275 25 2 91,06
Gastrointestinal tract 31 31 100 31 22 9 70,97
Metabolism 7 7 100 7 6 1 85,71
Nervous system 7 7 100 12 10 2 83,33
Motor functions 9 9 100 12 11 1 91,67
Respiratory tract 112 112 100 126 106 19 1 84,13
Women´s disease 100
Skin 12 12 100 10 10 100
Kidney and urinary tract 16 16 100 12 11 1 91,67

TOTAL 455 455 100 512 451 58 3 88,69

Attachment 2: Statement of AIRNERGY Medical Management
With the broad and terrible experiences after the atomic fallout in Chernobyl, human mankind should have learned that an immediate and an overall prevention of immediate or subsequent events caused by the atomic pollution are out of the question. The (governmental) installation of an overall prevention concept is of major importance, especially regarding the population´s fears and helplessness con-cerning their current and future health status. This is true for the generation who witnessed the catastrophe, but also for those generations to come.
Based on the experiences of Chernobyl we have to come to the conclusion, that it is inalienable to start an overall preventive therapy immediately. This early treatment approach can help to avoid further cell damage in the living population, and might be also effective in reducing a possible harm for the following generations.
Therefore, and based on the results of the above publication it is absolutely out of the question to start a prevention/ supportive therapy in the population that are directly threatened by the atomic catastrophe, not only in the central region of Fukushima, but also in all possibly polluted areas in Japan, immediately!
The inhalative Singlet Oxygen Energy Therapy (SOET) should be combined with drinking of the activated water. Combining the two different routes of administration shows a synergistic effect (by a complete coverage of the entire body including the respiratory tract and the gastrointestinal passage) and supports to attain a maximum effect in the body. This combination should have the greatest and a long-term effect on the patients prevention of further cellular damage and an immediate reduction of cancerogenous products (for example, as reported in the above article, a decrease in caesium-137 levels*).
From the AIRNERGY+ point of view the respiratory unit Basis Plus should be sufficient as the catalysts show a much greater energy expansion, than they did years ago, a result of AIRNERY´s + former market leader position and the continuous improvement of the SOE catalyst development processes.
People affected, or people concerned to be or to become affected should breathe the SOEnergy once or two times daily for approximately 40 minutes and drink the energized water after the end of the breathing session. Please recognize, that the water used for the inhalator needs to have drinking water quality.
There is a second version of the AIRNERGY+ inhalation system available - called Professional Plus. As this version contains more catalysts, the breathing time can be reduced to 21 - 30 minutes.
Both product versions have the same mode of action. The major difference is, that recognizable effects can be perceived earlier and the maximum of biological effectiveness is higher using the Professional Plus than with the Basis Plus product.
Although the above mentioned study was only performed in children, AIRNERGY+ does not expect any different results in grown-ups, taking a more than 10-year experience with both populations into account.
It should be an immediate task to get in contact with hospitals, doctors and other medical or paramedical institutions. In addition a press release might be helpful to give the population, which feels helpless now, an alternative and a strong support in their fight against this unknown enemy - radioactive pollution.
In my personal opinion, the government and in special the Japanese Ministry of Health should be informed about AIRNERGY+ as a preventive, therapeutic and curative option that can help to stabilize and recover their population. It is easily to use and without any side effects. The installation of free governmental breathing stations might be a fundamental idea. Managed and controlled by a medically trained person, people can go there to take their breathing/drinking therapy and are under medical care as well. This approach might strengthen the feeling that the government takes care of each single individual!
To help the Japanese Population in this outstanding catastrophe AIRNERGY+ will support any activities to make AIRNERGY+ available for the Japanese population as easily and as soon as possible!

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月31日 木曜日

ゴルフに挑戦

自分の身体を使ってゴルフというスポーツでどこまで身体能力が上がるかを実験することになりました。
49歳からスタートするゴルフ。
これまでゴルフとは一切縁がなく生涯にわたってゴルフを行うことはありえないと考えていました。
しかし、科学的なトレーニングと動作解析によって必ず結果が出るゴルフは私の研究テーマにぴったりのスポーツです。
プロボクシングを行うことはできませんがゴルフはこれからもできそうです。
知人が4方向からビデオ撮影でき動作解析システムとプロゴルファーがマンツーマンでレッスンしてくれるトレーニング。
ゴルファード というプライベートゴルフレッスン道場です。
全くの初心者がどのように発展していくか科学的なアプローチで経過をリサーチします。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月27日 日曜日

傷だらけの王者

本日、プロボクシング東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチが刈谷市で開催されました。
トレーナーを務めさせていただいています、大橋弘政選手が王者決定戦にのぞみました。
WBC世界ランク14位、東洋太平洋ランク1位の大橋選手ですが、相手はフィリピン王者で東洋太平洋2位の強豪。

いつもながら全力での壮絶な打ち合いを初回から繰り返しました。
フルラウンドの末、判定で2度目の王者獲得。
前回の初防衛戦は 先日、世界王者になった下田選手との激闘で僅差の判定で敗れました。

東洋太平洋王者に返り咲いたのです。

彼のデビュー戦は当時、私がトレーナーを務めるジムの選手にKO負け
勝ったり負けたりの戦績で、まだやってるの???という印象の選手でした。
しかし、彼は誰よりも努力し熱いハートを持っていました。
根性と闘志は世界王者と称せられるほどの試合をいつも見せてくれます。

今回も午前中、コンディショニングとケアをエアナジーパワープレートで1時間ほどみっちり行いタイトル獲得を2人で誓いました。

約束通り、王者になってくれました。
彼が 王者になってすぐ伝えたことは、自分のファイトマネーを義援金として寄付することでした。

こんな時にボクシングの興業なんて...と思われる方もおられるかもしれませんが、彼の職業はボクサー、リング上で闘うことだけです。

絶対にあきらめない、絶対にくじけない。
必ず夢を実現する。
そんな勇気を今日もいただきました。

一緒に観戦していた K1戦士で HEATミドル級王者 ダニロ・ザノリニ選手も大興奮。
素晴らしい胸が熱くなる試合だったと感激していました。

おめでとう 大橋君!

被災者への想いもうれしく思います

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月26日 土曜日

奇跡の医学博士

http://yukitake.seesaa.net/

私の大学院医学研究科の同級生の 雪下岳彦 先生が 学位(医学博士 甲)を授与されました。
本日は学位授与式が行われました。
私は諸事情でどうしても出席できませんでしたが 4年間の大学院生活が本日で終了しました。

雪下岳彦先生は学生時代のラグビーの試合中の事故で重度の脊髄損傷を負われ車いすの生活をされています。

97年3月、順天堂医院ICUに入院しながらも卒業試験を受け、順天堂大学医学部を卒業され 医師国家試験に合格されました。
この間 1年4か月入院されています。

現在も上肢,下肢の機能がほとんど全て失われているにもかかわらず自分で口でくわえたスティックをご使用され パソコンを自由自在に操作され メールもされます。

今回の被災者の方々も多くの困難が待ち受けていますが、雪下先生のように身体機能の多くを失われても 前向きに 生き抜く心と姿勢をお持ちになればどんな 困難も克服できると思います。



いつも 満たされた生活でだらけている自分を恥ずかしく思い少しでも雪下先生に近づけるよう努力しようと考えています。


障害者の方々の苦難はご本人しかわかりません。
私の母もそうでした。

しかし、周りの支えで奇跡も起こる、不可能も可能となると信じていけます。

雪下岳彦 先生

ご卒業、学位授与 本当におめでとうございます。
先生と一緒に大学院で学べたこと 心から喜ぶとともに光栄に思います。
先生のご研究が今回の被災者の方々のストレスケアにも大きく役立つと思います。
今後ともご一緒に研究、お仕事できましたら幸いです。


  順天堂大学 大学院 医学研究科

             末武信宏

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月25日 金曜日

原発に関します考え方

http://www.ustream.tv/recorded/13509353
 稲垣勝巳先生がご紹介されていました。

冷静に対応することが一番大切ですね。
しかし、事実を知って 情報の選択も必要なことだと思います。

被災者の方はとんでもない被害者ですが、農家の方や医療機関で治療を受けられていた病気を持たれた患者様たちは治る病気も悪化してお亡くなりになる方が急増しているようです。

原発の情報が主となって生と死を分ける 医療情報がまだまだなおざりにされているように感じました。

また、緑内障など確実に点眼薬を使用しないと失明のリスクもある病気の治療も満足に受けられないことは、大変なことだと思います。
40歳を超えれば20人に一人存在するといわれるほど多い、緑内障の方々は高齢者のかたにも数多く存在しますがこういった弱者がなおざりになっている現況が実際あるようです。
一刻も早く、病気を持たれた患者様へ 適切かつ十分な薬剤がお手元に届くことを祈っています。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月23日 水曜日

アンチエイジング システム

過酷な被災状況の中、必死に生き抜こうと耐えておられる被災者の皆様、懸命に原発復旧活動に努められています勇気ある方々に心からご健康をお祈り申しあげます。

地震発生前にドイツへオーダーをかけておりました 抗酸化システム エアナジーの最新バージョンを昨日、受け取りました。

http://www.sakae-clinic.com/airnagy01/

これまでにない斬新なデザインで 抗酸化エネルギー吸引チューブも新しくなりました。

エアナジーはこれまで多くのアスリートの疲労回復やケアをサポートしてきたシステムです。
ヨーロッパでは若返り治療のシステムとして有名です。
昨日は、エアナジーのケアを試してみました。
ストレス改善にも役立つようです。

大学院での私の研究が自律神経機能に関すること、アンチエイジングに関すること http://www.topathlete.co.jp/menu01/
でしたので被災者の皆様のストレスケアに近い将来お役にたてれば幸いと考えております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月20日 日曜日

いいかげんな表現でごまかしている

ただちに健康に被害が出るレベルではない・・・長期に滞在すれば大きな健康被害が出る可能性がある


ただちに症状が現れるわけではない・・・将来、癌や白血病が出現するリスクが高まる

ただちに???
いったい何時間、何分、何秒???

中学生でもわかる 言葉の言い回し。

間違いなく原発の30キロ圏内長期間生活を送れば 将来悪性腫瘍が増加し健康被害が増加するでしょう。

また、放射性物質は 大気に散布され雨で長距離運ばれます。

海外のメディアが大騒ぎしている事実と日本政府や 自称専門家が伝える内容は確実に差があります。

過剰なリスク強調は問題ですが、事実を隠すような表現には参りました。


自衛官、警察官、東電の作業員の現場の方々、消防庁の方々・・・自らの健康被害を覚悟して必死に放水活動や復興活動をされている方々がいるのに。

微量だから ただちに健康被害でません。と言われましても。

彼らは大量の浴びるべきでは絶対にない放射線量を被ばくして使命感で必死に作業されています。
政府も敬意を支払うなら 健康被害が予想される量の被ばくの可能性が高くなっているにもかかわらず懸命にその被害を消すべく闘っている人々がいます。
本当にリスクが高いエリアになっていますが、彼らが必死で何とかしようとしています。
ただちに健康被害が出なくても長期間この放射線量では確実に健康被害が出るので特に小児や屋外で活動される方々は要注意です。

と解説すべきです。

医師であればなおさら ただちになんていう言葉を使用すること自体 おかしいと思います。
急性期の放射線障害が出るレベルなそれこそ原子爆弾が落とされたようなものです。
みんなが知りたいのはただちにではなく 将来、この被ばくを継続してどれくらいの時間するといったいどうなってしまうか・・・?なのです。

原発御用専門家で一面のみを強調する医師はエビデンスを湾曲した臨床を行うようなものではないでしょうか。

とても不思議に残念に思えます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月19日 土曜日

子供たちへ伝えること

 子供たちにもこの惨状を正しく伝えなければいけないと思います。
地震や津波、そして原発で何が起こっているのか?

原発に関することは小さな子供たちはまだよく理解できません。

友人で仲間の 三枝 龍生 先生がお伝えしてくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=ZUzBvxdnCFM&feature=player_embedded


子供たちにもしっかり理解できる言葉で今、日本で何が起こっているのか?

大人や親は伝える義務があると思います。
子供たちもきっと知りたいと思います。

大きなトラブルが起こってそれに命を懸けて立ち向かう日本人がいること。

日本人として現場で闘う方々とそのご家族に心よりお礼を申し上げたいと思います。
また、ご無事を祈っております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月18日 金曜日

被災者への想い、中傷に負けない

今日、親友でもあり仲間でもある 秋吉耕佑氏の活動を中傷するコメントがブログに掲載されていたことを知りました。

http://blog.eigyo.co.jp/kosuke64/article/85420

ルールとても大切なことです。
このコメントをされた方に言われるまでもないことだと思います。

秋吉耕佑は何度もレースやテスト走行で死に直面した事故を経験しています。
昨年、彼の仲間が2名 事故で亡くなりました。
生と死、おそらく誰よりも彼は感じているのではないでしょうか。

人工大腿骨頭置換術を受けて身体障害者でもある レーシングライダー 伊藤真一選手たちを救おうと仲間が物資を調達して配送する行為に厳しい意見が出されました。

自己を犠牲して使命感を持たれて放水された自衛官の方々や現場で退避しないで原発のトラブルに対処する方々とその家族に敬意を払うとともにご無事を心からお祈り申しあげます。何としても仲間や家族を守る、その気持ちが私は尊いと思います。

この批判が被災者への大きな救済のエネルギーになってくれると信じています。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月16日 水曜日

医療に関します報道を増やしてほしいです。

被災者の皆さんの苦しみは想像を絶すると思います。
私は医師でも現場へ駆けつけることもお手伝いすることもできませんが、生涯にわたって 被災者の方へ微力でもできることを考えていきたいと思います。

現場では救命が優先されていると思いますが、医療としては大変な危機になっていると想像します。

透析患者さまは大丈夫か
糖尿病患者様のインシュリンは足りているのか
人工呼吸器につながれている方は
悪性腫瘍などで手術が決まっていて待機されていた患者様の予定は
障害を持たれて生まれてこられた新生児の治療は
顔に重傷を負われた女性の形成外科的ケアは
視覚障害者の方の誘導は

・・・

おそらく数えきれない苦しみがあるはずです。
ただちに処置や薬剤が必要な患者様が多数おられるでしょう。
報道も原発や計画停電が主で 命のつなぐための医療の報道が予想以上に少ないような気がしました。
インシュリンがなければすぐに死と直結される方もいらっしゃると思います。
透析を行わないと死と直結される方もいらっしゃると思います。

地震、津波で亡くなられた方 以上に死の危機に面している 病気を抱えた方への救済の報道を増やしていただけますよう願っております。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月13日 日曜日

被災者の方々の健康

自律神経機能が破たんする可能性があります。
家族への心配や将来の心配、避難場所での不眠、ストレス。
想像を絶するストレスだと思います。

私の大学院での研究テーマが自律神経機能に関することですが、ストレスは自律神経機能へ悪影響を及ぼし免疫力を低下させます。
http://www.topathlete.co.jp/menu01/


感染症をも惹起させるストレス、心筋梗塞や高血圧、脳梗塞なども誘発します。
被災者の皆様へのストレスを少しでも緩和できる措置を是非、大至急とっていただきたいですね。

悲惨な状況で懸命に救命活動や被災者の方々を支援、救助、救命する自衛隊や消防署、警察官、医療関係者の皆様に敬意を払うとともに2次災害に巻き込まれないように心よりお祈り申し上げます。
命を懸けて救済活動を行う日本人がいることを日本人として誇りに思います。

この悲惨な状況下にもし自分がと思うと、被災者の皆様に対して何かできないかを考えたいと思います。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月13日 日曜日

地震被災者の皆様

金曜日 診療中 大きな揺れを感じました。
最初は自分がめまいを起こしたのかと思いましたがすぐに地震が起こったとわかりました。
国内史上最大級の地震が発生したニュースが報道されました。
時間とともに地震や津波の被害報告が急増しました。
おそらく数千人の方が2次災害も含めて犠牲者となる勢いです。

本当に亡くなられた方には心が痛みます。
お悔やみ申し上げます。

怪我をされた方も適切な処置が必要と考えます。

傷のケア http://www.sakae-clinic.com/wound/
の処置で少しでもご参考になればと考えております。
停電のため 暖をとれない お子様やご老人、病気の方にとって厳しい夜になります。

近い場所で交通手段が許せば怪我の治療のお手伝いに駆けつけたいのですが地震災害には2次災害の恐怖やリスクが尋常ではありません。

東北地方の多くの医師の皆様が被災者への賢明な治療をスタートされています。
尊い命が一人でも多く救われますようお祈り申し上げます。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月11日 金曜日

プロボクシング

3月13日 畑中ジム 興業

http://usa6-hp.web.infoseek.co.jp/

期待の新人 2人 インターハイで活躍した児玉選手、田中選手

素晴らしい闘いを魅せてくれるでしょう。

投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月11日 金曜日

HEAT 17

明後日に迫りました HEAT 17 
 http://heatofficial.com/

オフィシャルリングドクターとして試合を見守らせていただきます。
今回も白熱した試合が予想されますが 怪我をする選手が出ないことを願っております。
トップアスリート株式会社としまして 選手のケア、トレーニング、コンディショニングのお手伝いをさせていただいておりますが、私自身は治療も含め 選手たちの身体へのダメージが少なくなるような サポートを心掛けています。
エアナジー 
もそのコンディショニングマシーンの一つです。

格闘技はKOを望むファンが多いのですが、より安全に選手たちを闘わせることも大切な仕事ですね。
明後日の試合が楽しみです。

当日は、トップアスリート株式会社 専務取締役 秋吉耕佑 、弊社 取締役 神谷誠 も試合の観戦、応援に駆け付けます。

地元の素晴らしい格闘技団体 HEATがもっと 注目されますよう 微力ながらお手伝いできましたら光栄に思います。



投稿者 さかえクリニック | 記事URL

2011年3月11日 金曜日

格闘技の業務

HEAT 17が 3月13日 ZEPP NAGOYAで開催されます。

http://heatofficial.com/



好カードが目白押しで K1で活躍された天田選手 富平選手がタイトルマッチを行います。

オフィシャルなリングドクターとして今回の大会もお手伝いさせていただきます。
素晴らしい闘いと選手たちの安全を祈願しております。

今回はトレーナーではなくリングドクターとして。
格闘家の皆さんの身体を守るお仕事をさせていただけ光栄に思います。

同日 お昼は 畑中ボクシングジムの選手のケアに伺います。

http://usa6-hp.web.infoseek.co.jp/


こちらも世界を目指す有望選手 2名が出場します。

地元、格闘技界も盛り上がるように期待しています。


投稿者 さかえクリニック | 記事URL


お問い合わせ