最新スポーツ情報

2014年12月23日 火曜日

先端医科学スポーツアカデミーが日本のスポーツ界、トレーニング法を変える!


医学的な見地からエビデンスがあるトレーニング法やエクササイズ、トレーナー、指導者としての基礎知識と技能の教育を行う国内で初めてのアカデミーが2014年11月に順天堂大学医学部 小林弘幸教授を 代表理事としまして設立されました。

一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー定款

第1章 総 則
第1条 (名称) この法人は、一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミーと称し、英文ではAdvanced Medical Sports Academy (略称 AMSA)と表示する。

第2条 (主たる事務所) この法人は、主たる事務所を東京都文京区に置く。
2 この法人は、理事会の決議により、従たる事務所を必要な地に置くことができる。

第3条 (地方支部) この法人は、理事会の承認を経て、地方支部を置くことができる。

第2章 目的及び事業
第4条 (目的) この法人は、先進的なスポーツトレーニング及びスポーツ医学に関する研究ならびに科学的知識および技術の普及啓発を行うと共に、アスリートの教育を通じた人材活用、スポーツの活性化、ひいては日本のスポーツ競技の国際地位向上を図り、もって国民の健康と福祉の増進に寄与することを目的とする。 第5条 (事業) この法人は、前条の目的を達成するため、下記の事業を行う。

(1)先端メディカルスポーツに関する研究
(2)学術集会、講演会、研究会等の開催
(3)先端メディカルスポーツに関する研究の助成、奨励および研究業績への表彰 (4)医科学知識及びトレーニングノウハウを習得したトレーナーの認定制度に関する事業
(5)機関誌・論文・図書などの刊行
(6)先端メディカルスポーツに従事する者および競技を引退したアスリートの指導・育成
(7)企業・自治体等への健康増進に関するアドバイスおよび研究成果の提供 (8)日本・内外の学術団体・関係官庁・関係団体との連絡・提携・協力
(9)その他、この法人の目的を達成するために必要と認める事業

代表理事は順天堂大学医学部 小林弘幸教授が努め、副代表理事は私、末武が努めさせていただきます。
発足時には各分野の第一線の臨床専門医、メジャーリーガーのスポーツマネージメント法人代表CEO、先端技術開発法人のCEO 7名が理事、順天堂大学大学院医学研究科に籍を置かれ、法曽界でご活躍される弁護士が監事として就任しました。大学時のラグビーの試合中の事故で脊髄損傷・四肢麻痺のハンディを克服して医学博士の学位を取得されたスポーツ心理学、自律神経研究のスペシャリスト 雪下岳彦先生も理事を努めます。
障害者スポーツの普及や障害者の身体機能向上への研究にも期待が持たれます。

すでに理事のネットワークから多くの学会、団体との提携が決定し、評議員も日本を代表します世界的トップアスリート、指導者の方々が就任されます。

2020年 東京五輪開催が決定し、スポーツ界におきまして大きな流れが起こっています。
日本が世界から評価されるためにもエビデンスが確立しました健康法、トレーニング法、エクササイズの普及が必要です。
そのためには、アスリートのみならず スポーツ現場で指導を行う指導者やトレーナーの教育が必須事項です。

これまでのトレーニングやエクササイズのほとんどが医師が開発したり関与して行われることはありませんでした。
書店では多くのエクササイズ、トレーニング法が紹介された書籍が山積みになっていますが、検証したり医学的根拠に乏しい内容の書も少なくありません。

トレーニングにカリスマは不要です。
エビデンスこそ最も重要な要素であり、多くの指導者に伝えるべきことだと考えています。
また、個人個人の特性を尊重した指導がスポーツ現場ではほとんど行われていないことも気がかりです。
画一的に行われるトレーニング法も見直される時期に来ています。


AMSAではスポーツ医学的見地からアスリートが導入する機器や機材の検証も行っていきます。

すでにAMSAでは、アスリート育成、トレーナー育成プロジェクトがスタートしています。
各分野の専門医やトレーナー、スポーツ指導者、鍼灸師、柔道整復師が一緒に情報交換したりチームでアスリートをサポートする体制は国内ではほとんど見当たりません。

あらゆる角度からアスリートをサポートすることは既に欧米では普及した支援システムです。
今回のAMSAでの合宿では、プロゴルファーの身体能力向上を自律神経機能計測して検査結果を分析してゴルファーへフィードバックします。

メンタルスポーツと言われているゴルフもメンタルより自律神経へのアプローチが重要であることが私どもの研究でわかっています。イメージより生理学的変化を起こさせるエビデンスがあるトレーニングこそ重要なのです。

AMSAのプロジェクトはアスリート支援だけにとどまらず 科学的トレーニングの実証、研究、トレーナーや専門医など各分野のスペシャリストの情報交換、ネットワーク構築にまで至ります。

第1回AMSAゴルフプレミアム強化合宿では、ゴルフ界で活躍する第一線の指導者、トレーナー、専門医が揃いプロゴルファーのパフォーマンス向上指導を実際のラウンドを通して行います。
ラウンド中の心拍変動解析データを採取し 自律神経機能とゴルフのスコアやドライバーの飛距離などの関係を分析し プロゴルファーにとって最適なパフォーマンス向上 コンディショニング、トレーニング、ケア、準備などを指導します。


第1回AMSAゴルフプレミアム強化合宿
日程:2014年12月13日(土)~14日(日)
場所:合歓の郷(ねむのさと)ホテル&リゾート
三重県志摩市浜島町迫子2692-3(伊勢志摩国立公園内)



第1回AMSAゴルフプレミアム強化合宿詳細

合宿目的:
本合宿は、自律神経系からのアプローチにより、ゴルフ競技におけるパフォーマンス向上を目指すものとします。

対象:プロゴルファー

合宿日程詳細:
1日目:2014年12月13日(土)
10:30 ゴルフラウンドスタート(自律神経機能測定実施)
16:00 ラウンド終了後、ケアストレッチ
18:00 会食
20:00 セル・エクササイズ、先端トレーニング法、スポーツ医学等講義
22:00 1日目終了

2日目:2014年12月14日(日)
7:00 コンディショニング
8:00 朝食
10:30 ゴルフラウンドスタート(自律神経機能測定実施)
16:00 ラウンド終了後、解散
*各日の食事内容は、全て小林暁子医師が監修したアスリート食となります。

後援:三井不動産 株式会社
主催:社団法人先端医科学スポーツアカデミー(AMSA)
企画・運営:トップアスリート株式会社 ドクターズデザインカンパニー株式会社
WINフロンティア株式会社
協賛:南洋ホールディングス株式会社 株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット


講師プロフィール(50音順)

小林 弘幸(こばやし ひろゆき)

講演内容:自律神経とパフォーマンスについて
略歴:順天堂大学医学部総合診療科・病院管理学教授。各種研究の中で、自律神経系バランスの重要性を痛感し、数多くのトップアスリートや文化人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。
   
後藤 悠助(ごとう ゆうすけ)

講演内容:ゴルファーのスポーツ障害、その先端治療と予防法について
略歴:日本整形外科学会専門医、認定スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医
   
末武 信宏(すえたけ のぶひろ)

講演内容:先端トレーニングとセル・エクササイズ、正しいストレッチ法について
略歴:さかえクリニック院長。トップアスリート(株)代表取締役。トップアスリートのフィジカル・メディカルトレーニング、コンディショニング指導を20年に渡り実施。
   
  仲田 健(なかた けん)

講演内容:ゴルファーのためのフィジカルトレーニング実技と理論について
略歴:ストレングス&コンディショニングコーチとして、トップアスリート達のパーソナルトレーナーを務める。第1回チアリーディング世界選手権金メダルを獲得する等、自身もアスリートとして活躍。
   
横田 真一(よこた しんいち)

講演内容:4スタンス理論について
略歴:プロゴルファー。ツアー通算2勝。2005年から2年間、日本ゴルフツアー機構(JGTO)選手会長を務める。現在、順天堂大学大学院修士課程に在学中。
   
アスリート食監修
小林 暁子(こばやし あきこ)

小林メディカルクリニック東京院長。
順天堂大学総合診療科での経験をもとに、内科・皮膚科・女性専門外来など、全身の不調に対応する診療を行う。

このように専門医がトレーニングセミナーやプロアスリートを指導する機会は国内ではほとんどありません。
しかし、アスリートの身体パフォーマンス向上には、専門医のサポートが必須です。

AMSAでは、多くの専門医がその活動に関与し先端医科学トレーニングを研究開発しています。
AMSAは開かれた団体で医師や有資格者、アスリートでなくても加入できますので是非、エビデンスがあるトレーニング法やエクササイズ、健康法に関心がありましたらご加入いただけましたら幸いです。

今後、AMSAではアスリートのみならずトレーナー、各種競技指導者の方々を対象にセミナーや講習会を行っていきます。
医学的根拠に基づく コンディショニング、トレーニング、ケアそして最先端のスポーツ医学や治療法が学べる貴重な機会になります。

→ AMSAフェイスブックページ

 

記事URL

2014年11月21日 金曜日

AMSA:先端医科学スポーツアカデミーでのトレーナー育成システムとは?

全国にトレーナーを養成する専門学校やアカデミーは数多くあります。しかし、医学的な見地からの教育を行う学校やアカデミーは皆無と言うほどありません。今回は、AMSA(先端医科学スポーツアカデミー)のトレーナー育成システムをご紹介します。

―― 右へ倣え方式の弊害

トレーナーと一口に言いましても フィジカルトレーナー、コンディショニングトレーナー、メディカルトレーナー、メンタルトレーナー・・・など数多くのトレーナーが存在します。
実際、トレーナーの定義が明確でないためトレーナーの指導内容の種類も異なります。
実際のスポーツ現場において残念ですが、トレーナーの真の活躍の場はとても少ないのが日本の現状です。技術指導者が、実技指導の延長でトレーニングを画一的に指導したり、同じ内容のトレーニングを繰り返したりさせています。

皆さんは、子供の頃、部活動で静的ストレッチ、腕立て伏せ、腹筋、背筋、短距離ダッシュ、ジョギング・・・といった競技とは無関係でも基礎体力を向上させる?といったトレーニングを行った経験があるはずです。

はたしてこれらのトレーニングがどれほど専門競技に役立ったかは検証されていないと思います。
とりあえず慣習的にこれまでやってきたことだから、先輩方が必ずやってきたことだから、どの学校でも同じようにやっているから・・・つまり右倣え 方式ですね。

どうしてそのトレーニングが必要なのか、どの程度、どれくらいの頻度で、どれくらいの時間行うのが適切なのか?考えたことはありますか?

疲れ果てるまで行って本当にフィジカル能力が向上したり競技パフォーマンスが向上するのでしょうか?
むしろ怪我をしたり疲労を残したまま競技の練習に入って集中できないこともあるのではないでしょうか?
これまで多くのスポーツ現場でアスリートや子供たちを指導させていただきましたが、指導者の方々で トレーニングの理論的な意義や手法を理解していただける方は多くありませんでした。

どうしてその腹筋運動するの?と問いかけても明確な回答が返ってきません。
腹直筋だけ鍛えても 体を前屈するような動きがほとんどない競技であれば かえって体幹のバランスを乱すことになります。当たり前のように行われている 前屈する腹筋運動にどれだけの効果がありパフォーマンス向上のエビデンスがあるのか?疑問です。

腹筋運動をすることでどの部位の筋肉がどのように強化されどのようにパフォーマンス向上につながるのか?しっかり説明を現場で受けて行われているケースはこれまでほとんど経験しませんでした。
そこでトレーナー登場・・・というわけですが。


私はトレーナーは大きく 3つの役割で担当が分けられると思います。
1つは、
フィジカルトレーナー、ストレングストレーナーとも言いますが、各種の負荷を体にかけて筋肉強化、心肺機能などを行う身体強化のスペシャリストです。

もう1つは、
コンディショニングトレーナー、メディカルトレーナーやケアトレーナーも同じ意味の呼び方で使用される場合があります。鍼灸師や理学療法士といった有資格者も多いのがこのトレーナーの特徴です。いわゆる身体強化よりも身体のケアや競技前のコンディショニングを担当します。マッサージを基本としてケアやコンディショニングされる業務が多いのがこのトレーナーの特徴です。

3つ目は、
メンタルトレーナー。競技前後の精神的な支えになったり集中力を向上させ、緊張する競技中でも平常心でパフォーマンス向上できるように指導するトレーナーです。まだ、日本では馴染みがないばかりか エビデンスが確立されていない指導法も行われて効果は未知数のことも少なくなく今後に期待されるトレーナー業務です。

このように分類できますが、現場ではこの3つを一人のトレーナーが行っているケースも目にします。
石川遼選手のフィジカルを鍛え上げ史上最年少でプロゴルフ賞金王へと導いた、仲田健トレーナー(ホリプロ所属)は有名です。仲田トレーナーほどの実力と実績があっても、医学的根拠があるトレーニング法の習得とスポーツ医学を一から学ぶため、順天堂大学大学院医学研究科 修士課程で自らのキャリアアップをさらに向上するためにスポーツ医学や研究手法を学んでいます。

トレーナーは経験や勘で指導を行っているケースが少なくありませんがエビデンスのある指導法こそが次世代の指導法であることは明白です。私は、トレーナー、アスリートにとって大切なことは次の4つだと考えています。



1:コンディショニング
2:トレーニング
3:ケア
4:治療(鍼灸師、柔道整復師、医師、歯科医師など有資格者のみが行える業務)


4は、有資格者でないと難しいことも多いのですが、1-3は
しっかりした知識や理論に沿って行えば決して有資格者でなくても難しくありません。
私は、日本におけるトレーナー事情があまりにもインフラ整備が遅れ、トレーナーが活躍できる場も少なく、トレーナーの皆さんへの教育も十分でないと感じています。

トレーナー教育には絶対に専門医が担当するべきと考えています。もちろん、詳細なトレーニングに関する知識や実績は有能なトレーナーの方があるかもしれません。しかし、トレーニングは科学であり、身体機能を扱う以上、医学なのです。
医学的知識やアプローチはトレーニングの質を大きく向上させエビデンスがあるトレーニング法による指導は、アスリートにとって大変有意義なものになるはずです。

実際、私は、スポーツ医学の専門医として20年間、トップアスリートのコンディショニング、トレーニング、ケア指導にあたり治療も担当してきました。もちろんメディカルチェクや格闘技の大会ではリングドクターなど試合が安全に進行するようにサポートを行ってきました。

いかなるトレーナーよりも医学的根拠があるアスリート指導を行ってきた経験があると自負しています。


―― AMSA教育プログラム



この自分の経験から少しでも多くの方に、トレーナーという業務を質が高く、トレーナー報酬も付加価値を高めて高いレベルに維持できるようにお手伝いさせていただいています。

そこで医学的根拠があるトレーニング法、エクササイズ、健康法が指導できるように 私どもはAMSA(先端医科学スポーツアカデミー)でトレーナーの教育プログラムを作成し各分野のスペシャリストや専門医が教育指導にあたります。

他の専門学校やトレーナーアカデミーではないシラバスでは、メディカル部門の教育として図1にありますように解剖学以外にも生理学、生化学、栄養学、心理学、自律神経測定の基礎理論である心拍変動解析理論や アスリート指導には欠かせない アンチ・ドーピング、スポーツ外傷・創傷ケアも履修できます。

トレーニング、ケア部門では、実技として自律神経機能検査実習や 自律神経トレーニングでもあるセル・エクササイズ実技講習、マッサージなど各種ケア法の実践を履修します。
トレーナーはアスリートなどの指導者でもあるためコーチングを学び 指導者としての力量を高めます。
トレーナーとして活躍するには幅広い知識が必要です。自らが創傷ケアを行う立場ではなくてもアスリートが怪我をした時にファーストエイドを行うための知識は必須です。

アスリートが転倒して擦過傷を負った時も、患部を消毒するようなことがあってはいけませんし、消毒しようとするアスリートがいたら制止して正しいケア法を伝える必要があります。このためには正しい創傷治療の理論・知識を持っていることが前提になります。

スポーツには怪我がつきものですし最初の処置が選手の競技人生を左右することすらあるのです。
トレーナーはただ、トレーニング指導を行えばよいのではなく幅広い知識でトレーニング以外のコンディショニング指導、ケアのお手伝いを行ってこそ本来のトレーナーとしての役割が遂行することになります。
これを支えるのが医学的知識、エビデンスになります。



理論履修と実技履修トータルで最低50時間が必要であると考えています。
もちろん50時間の履修を終了すれば即戦力としてのアスリート指導を行うことができるわけではありません。
履修して身につけた知識、能力はまずは AMSAでの認定試験を受験し 合格してライセンス取得することが自分の自信にもつながるのです。

現在、AMSAではトレーナー養成シラバス、認定試験制度の設立を準備し 多くの医学的根拠に基づくトレーニング指導ができるトレーナー教育に務める予定です。

AMSAの理事、評議員には多くの専門医を含めスポーツ&トレーニング指導のスペシャリストが揃います。
2020年を目標にスポーツアカデミーとして最大の組織を築き、トレーナーを目指されている方々へ情報、教育、仕事の提供などあらゆる面でのサポートができることを考えています。

トップアスリートのトレーナーになりたい・・・でもどうすればよいかわからない・・・という声をよく聞きますが、AMSAでは、優秀なトレーナーにはトップアスリートの専属トレーナーとしてご活躍できる機会を提供できるネットワークも作り多くのトレーナーの皆様に夢を現実な形で提供してまいります。


 

記事URL

2014年10月23日 木曜日

国内最高峰のスポーツアカデミー構想 AMSA:先端医科学スポーツアカデミー


―― 自律神経無視のトレーニング

順天堂大学医学部病院管理学教室 では小林弘幸教授のもとで自律神経の研究と、先端の知見を基に新しいトレーニング、健康法の開発に努めています。その結果開発されました、セル・エクササイズによってすでに臨床やアスリートのパフォーマンス向上で大きな成果を得ています。

医学的根拠(エビデンス)のあるトレーニングこそが健康、スポーツに大きな貢献が可能となり肉体のみならず精神も豊かにできます。
根拠を持たない身体に過剰な負荷をかけるエクササイズや筋肉のみならず腱や靭帯を傷害するほどの静的ストレッチを推奨する書やDVDが書店に溢れています。

しかし、残念ですが、多くの書はスポーツ医学的な理論やエビデンスが記載されていません。
著者ご自身の経験や勘に基づいてトレーニング指導が行われ、そのほとんどは静的ストレッチと筋肉強化中心のトレーニング内容です。

内臓へのアプローチを配慮したトレーニング法は残念ですが皆無です。
健康増進が本来のエクササイズの目的であり筋肉増強が目的ではないはずです。
身体に大きな影響を与える重要な役割を果たすのが トレーニングにもかかわらず、専門医がエクササイズ、トレーニング法を指導されることはほとんど行われていません。

医師は治療は行うが、治療以外はコメディカルのスタッフかトレーナー任せが現状です。
スポーツドクターと言われる整形外科専門医もトレーニングに関しましては関心がない先生方が多いようです。
ましてやコンディショニングやケアに関しましては全く無視されています。
このことは 自律神経機能を無視していることにもなります。

自律神経はすべての身体の機能をコントロールする要であり、人間のソフトウエアに相当しコンピュータのOSとも例えられる重要なシステムです。

自律神経を無視したトレーニングが本当にアスリートのパフォーマンスを向上させたり健康につながるのでしょうか?
トレーナーで自律神経を測定してその結果を基に指導されている方は国内では見かけません。

私どもは専門医が関与しない健康法、エクササイズ、筋肉偏重のトレーニング法の普及に大きな危機感を抱いています。
しかし、セル・エクササイズは医学、トレーニング理論を知り尽くした専門医が開発した世界初の自律神経トレーニング エクササイズなのです。



―― セル・エクササイズの効果

セル・エクササイズとは、細胞レベルの機能を良質な血流で賦活させる究極な次世代の自律神経トレーニング法です。
当教室での研究成果をセル・エクササイズに凝縮した、自律神経機能が向上しパフォーマンス向上に役立つ世界初!のエクササイズです。

肉体である内蔵や筋肉といったハードウエアの部分と自律神経であるソフトウエアの部分がバージョンアップできる 医学的根拠がある 世界初の自律神経機能に注目した複合エクササイズです。



私どもの研究チームは、筋肉個々の動きよりも 体幹からの四肢末端への連動性を重視しました。
すべての動きは、体幹から原動力が生じますが、セル・エクササイズは、自律神経だけでなく真の体幹のトレーニングも配慮された次世代のトレーニング法で従来の体幹トレーニングとは異なります。

従来の体幹トレーニングのほとんどが筋肉増強トレーニング法ですがこれでは片手落ちです。
体幹トレーニングの要、インーユニットでさえも内部の内蔵の機能には触れず 構成する筋肉だけのアプローチが強調されているのが国内におけます体幹トレーニングの現況なのです。

体幹トレーニング = インナーユニットの筋肉強化 と考えられてしまっている点に大きな混乱があるのです。
体幹トレーニングこそインナーユニットで構成された解剖学的位置に存在する内蔵、特に消化器の動きを促進するのです。つまり内臓へのアプローチもできるのです。

筋肉の機能やパワーアップだけに目を向けていても真のパフォーマンス向上は得られません。
ハードウエアだけ最新のコンピューターで古いOSでコンピューターを動かそうとしているようなものです。
自律神経機、体幹機能向上を組み合わせたトレーニング法こそ、コンディショニング、ケアにも役立ちます。


スポーツ界の現況を踏まえて 順天堂大学医学部 小林弘幸教授を理事長として設立された一般社団法人 AMSA(Advanced Medical Sports Academy) 先端医科学スポーツアカデミーでは、医学的根拠があるコンディショニング、トレーニング、ケア、健康法の普及のため新しいトレーニング法の研究・開発、教育プログラム作成、 セル・エクササイズトレーナーの認定試験、ライセンス発行を行います。

AMSA は、スポーツ業界を始め多種多様な業界からのご支援、ご協力、ご参画で設立されます。
評議員には国内を代表されますスポーツ分野をはじめ各分野のトップ指導者が就任されることになり今後、国内におけます トレーニング指導者の教育、育成にも努めてまいります。

また、アスリートのセカンドキャリア問題の解消や障害者スポーツの支援など 2020年東京五輪へ向けてスポーツ・トレーニング業界にとりましても大きな第一歩を踏み出すことになります。


AMSAの目的

▶ 医学的根拠があるエクササイズ、トレーニング、健康法の普及と指導者の教育・育成
▶ 医学的根拠があるエクササイズの研究開発
▶ 上記に付随する 器具・機器の開発
▶ セル・エクササイズの認定試験、ライセンス発行
▶ 会員への最新情報の提供



セル・エクササイズは、

1:呼吸・循環機能向上 2:インナーマッスル強化、骨盤位置正常化
3:内臓強化(腸管血流増加、腸管蠕動改善など) 4:副交感神経機能向上
5:関節の可動域の向上 6:筋肉の可動性の向上
7:腱、靭帯の強化 8:基礎代謝の向上
9:全身細胞血流の増加 10:バランス能力向上
11:脊椎・骨盤バランス正常化  

上記の特徴を有します。
このため セル・エクササイズトレーナーは、スポーツ医学のみならず 運動生理学、生化学、機能解剖学、自律神経学にも精通する必要があります。

身体のプロフェッショナルである専門医が監修を行う、セル・エクササイズインストラクター教育プログラムは、専門医が身体の機能をベストパフォーマンスできるように指導できるトレーナー育成のために作り上げられたものです。




―― セカンドキャリア支援も!

セル・エクササイズトレーナーは、医学的根拠に関する基礎知識と理論を理解して指導できる能力が必要です。
国内には多くのスポーツアカデミー、トレーナー養成するための専門学校があります。しかし、その教育内容や講義の多くが医学的アプローチやエビデンスを学ぶ機会はほとんど設けられていません。

スポーツ関係者やアスリートが現役引退後、トレーナーになりたい・・・と考える方は、少なくありませんが、専門の教育機関が少ないばかりか 専門学校を高額な学費や講習料を支払っても安定した勤務先が少なく、せっかくの知識や技術を活かして収入を得ることが極めて厳しいのが現況です。

鍼灸師や柔道整復師といった国家資格を持たれた方でさえもトップアスリート指導やアスリート指導で安定した収入を得ることはまず困難です。

そこで AMSA:先端医科学スポーツアカデミーでは、医学的根拠があるコンディショニング、トレーニング、ケア、健康法の普及のための研究や開発だけでなく、アスリートのセカンドキャリア解消、障害者スポーツの支援も行います。

教育プログラムも専門医を中心として各分野のスペシャリストが作成、担当し国内で最高峰のシラバスを受講生やセル・エクササイズトレーナーを目指す方々へ提供できる準備を行っています。

セル・エクササイズトレーナーは、個人の経験や能力に応じて 指導の対象が異なります。
ジュニアから高齢者、一般向け、トップアスリートまであらゆる方々の指導を担当しますが、最高のランクの資格を取得すれば、トップアスリートの年間契約のサポートなど資格取得後の業務が保証されます。

いくら資格を取得しても実際、業務がなければ 時間と費やしたお金が無駄になります。
セル・エクササイズトレーナー育成はその講義内容や実践知識、医学的バックグラウンドから確実に教育現場、企業、スポーツジム、高齢者施設、トップアスリート指導現場で活躍できるサポート体制が取られています日本で初めてのシステマティックな試みなのです。

若干の変更はありますが、ベーシックなトレーナー育成の理論講義と実技講習の内容を一部 ご紹介させていただきます。(図1,図2)理論講習・実技講習合わせて 50時間の履修が必要ですが、即戦力としてのトレーナー能力が身につく教育プログラムになっています。

セル・エクササイズトレーナーは セル・エクササイズの指導だけではなく医学的根拠に基づいたコンディショニング法やケア法の指導まで行うことができます。

さらに上級のアドバンス、マスターコースのトレーナーでは 栄養学やトレーニング機器テクノロジー学、スポーツ工学、ウエアテクノロジー、メディカルテクノロジーなど先端技術の理論や知識を学ぶことができます。

プロトレーナー育成コースでは、野球、サッカー、ゴルフ、陸上、モータースポーツ、格闘技など主要なスポーツ現場へのトレーナー帯同、トップアスリートへの指導実習もプログラムに組み込まれています。日本初の本格的プロトレーナー育成の試みでもあります。

また、アスリートだけでなくジュニアや高齢者などあらゆる方々への指導が的確にできる技術を身に付けることができます。
このためには競技特性だけでなく個人特性や年齢特性を配慮した履修プログラムが必要になります。
このように医学をベースに先端の知識や技術、ノウハウを身に付け指導する機会が得られることは、トレーナーにとっても指導を受ける側の方々にも大きなメリットになります。

トレーナーとしての最高峰のライセンスシステムを準備しています。
我々、スポーツ医学の専門医は、あらゆる指導ができる優れたトレーナー人材の教育をスタートさせました。


一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー
AMSAホームページ http://www.amsa.jp/
 

記事URL

2014年9月23日 火曜日

医学的根拠があるトレーニングが次世代のトレーニング!!全身の細胞が目覚める セル・エクササイズ

――エビデンスのない鍛錬法

20年以上にわたり 医師としてもトレーナーとしてもトップアスリートを数多くコンディショニング、トレーニング、ケアを指導させていただいてきました。

平成19年には順天堂大学大学院医学研究科 博士課程に入学し 本格的に科学者としてスポーツ医学研究を進め、先端の知見を基に新しいトレーニング法の開発に努めてまいりました。その結果開発されました、セル・エクササイズによって臨床やアスリートのパフォーマンス向上で大きな成果が得ることができました。

医学的根拠(エビデンス)のあるトレーニングこそが健康、スポーツに大きな貢献が可能となり肉体のみならず精神も豊かにすることが可能です。

巷では、根拠を持たない身体に過剰な負荷をかけるエクササイズや筋肉のみならず腱や靭帯を傷害するほどの無理なストレッチを推奨する書やDVDがあふれています。
間違ったトレーニング法やストレッチ法で多くの方々が健康被害にあわれています。
この本に紹介されているエクササイズ、トレーニング、コンディショニングを行えば本当に効果があるのか?
しっかりその理論や効果が検証されてエビデンスがあるのか?

当然の疑問です。
書店へ出向くと 数多くの健康書、エクササイズ本、トレーニング本が所狭しと並んでいます。
トレーニング書コレクターでもある私は医学書よりも多くのトレーニング書を読破しました。

しかし、ほとんどの書は運動生理学や解剖学、そしてスポーツ医学的なエビデンスが記載されていません。
そのほとんどが、著者ご自身の経験や発見に基づくことによって書かれたものです。
理論も解剖学的アプローチもなければ、しっかりした科学的検証を行っていないものがいかに多いか驚きました。
ましてや専門医が執筆したエクササイズ、トレーニング書は皆無です。

驚くことにゴーストライターが他の本の間違った理論を引用して書いたと思われるようなトレーニング本も見られます。
エクササイズ、トレーニング書のほとんどすべてが 筋肉へのアプローチであることにも驚きます。
健康は筋肉の健康ではありません。
健康とは・・・自律神経機能の向上で内蔵を含め一つ一つの細胞に良質な血液が十分に行き渡る血流が良い状態をいうのです。


―― 自律神経の重要性

筋肉の肥大に偏ったトレーニング書は、理論的に見えても、運動力学や筋肉だけに注目をして 自律神経機能を無視しています。
自律神経はすべての身体の機能をコントロールする要です。
人間のソフトウエアでありコンピュータのOS に相当する大切なシステムでトレーニングで鍛えるべきシステムなのです。
自律神経 語らずして 本当の トレーニングといえるでしょうか?
私は国内における筋肉偏重のトレーニング傾向に大きな危機感を抱いています。
トレーナーの経験や勘だけに頼ったトレーニング法を強要されていませんか?
経験は理論に勝るといわれるトレーナーもいますが、医学の世界では通用しません。
誰にでも合うエクササイズやトレーニングなんてあるわけない・・・先端医学ではこの考えは否定されます。
子供から女性、高齢者、トップアスリートまで同様に行って効果が期待できる医学的根拠がある エクササイズがセル・エクササイズなのです。
セル・エクササイズは医学、トレーニング理論を知り尽くした専門医が開発した世界初の自律神経トレーニング エクササイズなのです。


健康の定義は?

健康の定義:1個1個の細胞に良質な血液を十分供給できる状態

この健康の定義を考慮しますと 筋肉を単純に肥大させたり、成長ホルモンの分泌を増加させたりすることが本当に意味があるのか 疑問がわきます。
単純に肥大した筋肉に良質な血液がいきわたるでしょうか?
ストレッチを過激にすることが本当に筋肉や靭帯、腱、身体に良いのでしょうか?
筋肉に過度の負荷をかけることで自律神経のバランスが崩れてしまいませんか?

こういった疑問にトレーナーの方々は答えることができるでしょうか?

セル・エクササイズとは、細胞レベルの機能を良質な血流で賦活させる究極な次世代の自律神経トレーニング法です。
細胞レベルを賦活するセル・エクササイズを多くのトップアスリートへ指導を行い身体能力向上のシンプルなテクニックを一般向けにアレンジし誰でも手軽に身体能力向上、自律神経機能向上、ストレス解消、ダイエット、ボディメイキングができるように考案しました。

国内におけます自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部 総合診療科 小林弘幸教授と 順天堂大学大学院医学研究科 非常勤講師である私が共同で研究・考案・開発しました。
当教室での研究成果をセル・エクササイズに凝縮したのです。


――体幹から四股末端へ

自律神経機能が向上しパフォーマンス向上に役立つ 世界初!のエクササイズ

単に筋肉や関節が強化されるだけでなく内臓や自律神経機能が強化できます。



肉体であるハードウエアの部分と自律神経であるソフトウエアの部分が強化できる 医学的根拠がある 世界で初めての自律神経系機能に注目した複合エクササイズです。

根拠なく 身体を捻ってダンスさえすればよいというこれまでのエクササイズとは違います。
エクササイズは筋トレではありません。身体の機能を神経レベルまでも向上させるものです。脳、神経、内臓、筋肉、関節や腱、靭帯が連動してスムーズに動く身体を作り上げることでいかに健康な身体を作り上げるかを目標とします。
自律神経と呼吸、そして体幹は大きな関係があります。

私どもの研究チームは、筋肉個々の動きよりも 体幹からの四肢末端への連動性を重視しました。
すべての動きは、体幹から原動力が生じます。
セル・エクササイズは、自律神経だけでなく体幹のトレーニングも配慮された次世代のトレーニング法で従来の体幹トレーニングとは異なります。

数多く出版されています体幹トレーニングの本もそのほとんどが筋肉のみを主体としたトレーニング本です。
これでは真のパフォーマンス向上は得られません。
自律神経機能向上、体幹機能向上を組み合わせた世界初のトレーニング法こそ、より大きな効果が得られるのです。


――セル・エクササイズの効果

1:ダイエット
2:姿勢矯正
3:健康(免疫力向上、便秘改善、不眠改善、心肺機能向上、冷え、尿漏れ、むくみ改善)
4:ストレスケア
5:アンチエイジング
6:フィジカルパフォーマンス向上
7:動的可動域向上


――セル・エクササイズの特徴

1:呼吸・循環機能向上
2:インナーマッスル強化、骨盤位置正常化
3:内臓強化(腸管血流増加、腸管蠕動改善など)
4:副交感神経機能向上
5:関節の可動域の向上
6:筋肉の可動性の向上
7:腱、靭帯の強化
8:基礎代謝の向上
9:全身細胞血流の増加
10:バランス能力向上
11:脊椎・骨盤バランス正常化

に繋がります。

1-11の特徴を備え、運動生理学的にも解剖学的にも有効性が評価される世界で唯一の肉体&自律神経エクササイズです。



これまでのエクササイズは身体のプロフェッショナルである専門医が監修を行っていませんでしたが セル・エクササイズは、専門医が身体の機能をベストパフォーマンスできるように完成しました。身体には無理な負担もかかりませんし、身体の全ての機能を医学的に考慮した新しいエクササイズです。

子供から高齢者まで 女性も トップアスリートも
いつでも
どこでも
手軽に
短時間で
特別な器具も不要
負荷が少なく
費用もかからず
医学的根拠がある
運動生理学と解剖学に基づいた
トップアスリートも指導する医学博士が開発、推奨、実践する

 セル・エクササイズは次世代トレーニングとして多くの格闘家から支持されています。
すでに多くの格闘技ジム、学校教育現場、陸上やサッカーなどのクラブチーム、バレエ教室、ゴルフスクールなどで導入され確実な結果が出ています。こういった現場では、準備運動や整理運動をこれまで行ってきたストレッチをすべて取りやめ セル・エクササイズのみを行っています。

AVEXアーティストアカデミー名古屋校 プロ育成コース ボディデザインクラスでも導入され 来季は、全国のAVEXアーティストアカデミープロ育成コースで導入が決まっています。

長時間行ってきたストレッチ時間が不要になり効率的にトレーニングできるようになった、練習中の怪我が全くなくなった、競技パフォーマンスが飛躍的に向上したという多くの報告を受けています。

座位で外関という手首のツボを息を吐く特に刺激して全身の状態を整えます。(副交感神経機能が向上します。)
副交感神経機能を向上させることができるエクササイズですので従来のエクササイズとは全く違ったリラックスと爽快感を得ることができます。
このエクササイズを行えば、最高のコンディショニングになり競技パフォーマンスのみならず日々の生活の動作がとてもスムーズにラクに行うことができるようになります。

52歳の私もセル・エクササイズを毎日行っています。私自身の身体能力パフォーマンスこそが、このセル・エクササイズの効果の証人です。

次号ではバージョンアップしました セル・エクササイズの具体的な方法やその効果を詳細にお伝えいたします。
8月2日にポプラ社より発売されました『全身の細胞が目覚めるセル・エクササイズ』書はアスリートのバイブルになってくれるでしょう。


 

記事URL

2014年8月23日 土曜日

アスリートの致命的な怪我を克服する手段とは

極限まで鍛えるトップアスリート。強靭な体を持つ一方、どこかに脆さも持っています。
今回は故障した部位を短期間で治癒するプロジェクトについてです。


―― マー君で注目された療法

先日 ニューヨーク・ヤンキースに所属する メジャーリーガー  マー君こと 田中将大投手が肘の怪我で 手術とは異なる特別な治療を受けたことが報道されました。
田中選手はイチロー選手や 石川遼選手を凌ぐ 現在 日本で最も注目を集めるトぷアスリートです。
東スポ Webで次のような記事がありました。

◆ヤンキース田中がPRP治療を開始
2014年07月16日 10時19分  【ニューヨーク15日(日本時間16日)発】
ニューヨーク・ポスト紙は右肘靱帯を部分断裂したヤンキースの田中将大投手(25)が14日(同15日)にPRP治療の注射を受け、復帰へ向けての第一歩を踏み出したと報じた。

PRPとは自身の血小板を患部周辺に注射し、組織の修復や再生を促進する治療法。キャッシュマンGMによると、当面、安静にして回復の状況を見てリハビリを開始する。エクササイズ・プログラムをこなし、その後に投球プログラムに進むとのことだ。時期は未定だという。

同紙は「ヤ軍で最も重要な右肘」と形容。「1億7500万ドル(約178億円)を投資した25歳の切れた靱帯が、トミー・ジョン手術(靱帯修復手術)を回避できるようヤ軍は指をしっかりクロス(人差し指と中指を交差させ幸運を祈るしぐさ)させる」とリハビリの重要性を強調した。

トップアスリートであればあるほど必ず身体のどこかに故障を持っていることでしょう。
極限まで鍛え上げた肉体は強靭でありその一方、脆さを持っています。

私は、医師としてアスリートの身体能力を向上させるだけではなく、いかに故障した部位を短期間で治癒させ復帰させるプロジェクトをこれまでも 順天堂大学医学部 研究チームと一緒に遂行してきました。

その中でも画期的な未来の治療といわれる再生医療を応用した新しい怪我や故障個所の治療である PRP療法を以前にも紹介しました。
田中投手の治療の報道で 多くのトップアスリートからの問い合わせも増えてきましたのでPRP療法を再度、詳細に解説します。

ACR療法とも言われます PRP(自己多血小板血漿)療法。
自分の血液を20ccほど採血(場合によっては100ccほど)して遠心分離器で採血した血液から血小板を豊富に含んだ(自己多血小板血漿)血漿のみを抽出します。

この抽出した 血小板を多く含む 血漿を痛みや炎症、肉離れ、断裂、骨折した部位へほんの0.3cc~数ccほど注射するだけで驚異的な治癒が進むという再生医療治療です。



PRP療法は国内では、美容医学分野でしわを除去したり、肌の弾力を改善させたり肌質を若返らせる、アンチエイジング治療として普及していた治療法ですが、最近ではスポーツ分野で腱、靱帯、筋肉、骨などの再生にも驚異的な効果が医学的に実証されつつある治療法です。(http://www.bloodcure.com/

プロゴルファーのタイガーウッズも靱帯損傷やアキレス腱断裂でこのPRP療法を繰り返し受けて短期間の復活を遂げたことを過去には取材インタビューの中で発表しています。

海外ではすでに有名プロゴルファー、オリンピック金メダリスト、NBAプレーヤー、メジャーリーガーなど数多くのトップアスリートがこの治療の恩恵を受けて怪我から短期で驚異的な復活を遂げていることが知られています。

アンチエイジング診療を行う私はPRP療法の臨床研究を5年前からスタートして現在は、順天堂大学大学院医学研究科、小林メディカルクリニック東京と共同で アンチエイジング医療・再生医療のスポーツへの導入を進める中での重要な研究項目として位置付け臨床研究や治療プロトコールの作製を 自らのクリニックで行っています。

リスクが無いと言われているPRP療法ですが、国内ではトップアスリートへの試験投与を行ったのは私が初めてで慎重に大学と提携して効果やリスク、経過を観察、研究しています。

残念ですがまだ、確実なプロトコールが完成しておらず手探りの部分もあります。しかし、症例を重ねるごとに 安全にほぼ確実な効果が期待できる 治療プロトコールも完成しつつあり将来性が大きく期待できます。


―― PRP療法の手順

PRP療法の手順や理論について簡単に解説します。

自らの血小板を多量に含んだ血漿を特殊な採血・分離キットで精製します。
私どもの使用するキットは、MyCells® と言われるものでイスラエル製です。

実はこのMyCells®が唯一 FDAで生体内への投与が認可されたキットです。
歯科用でも使用されているキットがありますが、PRPの採取量や濃度にばらつきがあり信頼度に欠けるようです。
PRP療法といってもキットによって治療効果に大きな差が出ています。

世界でも複数のメーカーがPRP作製キットを販売し、最近では韓国でもPRP作製キットの製造、販売に力を入れています。

血小板は血液を凝固させる働きがありますが実は、他に大変重要な働きがあります。
血小板の中には、α顆粒という部分があります。この中には、EGF,PDGF,VEGF,TGF-βと言われる 成長因子(Growth Factor)が豊富に含まれています。
成長因子は血小板に刺激が加わると多量に血小板から放出されます。
成長因子は傷ついた組織を修復したり、感染を防ぐため白血球を引き寄せたり、新しい毛細血管を造るシグナルを出したりします。


つまり組織のダメージを効率よく短期間で修復するための司令塔の役目を果たすのです。
怪我が早く治ったり痛みが短期間で取れたり弱くなった靱帯や腱が強化したり組織が若返ると言った再生医療なのです。

このメカニズムは私が過去のコラムで解説しています創傷治癒理論が基になっています。
人間の修復力をPRPによって高め自己治癒を促進する治療法です。


PRP療法は切断された指が再生したり、皮膚が壊死を起こした患部も短期間で治癒に至ります。

効果は 数日後ではなく数週間後から出現します。ステロイド注射との決定的な違いは、ステロイド注射は炎症を抑制し 痛みを取り除くだけで 組織修復には一切効果が期待できません。それどこかステロイド注射を行うことで組織をさらに脆くして ダメージを組織に与え 競技への復活が不可能になることも少なくありません。最近ではストロイド注射をアキレス腱の炎症に行うと一時的な痛みの改善にはなっても長期予後は悪くなる報告もあります。

PRP療法は1回でも効果が期待できますが 1か月間隔で3回行う1クール療法を私どもはプロトコールとして考えています。現在は、腱や靭帯、筋の損傷を対象にしていますが将来的には、関節内の問題、十字靭帯損傷、軟骨損傷などの治療にも応用されていくことでしょう。

アスリートの方々はドーピング行為にならないかご心配されますが、現在ではどの部位へ投与してもPRP療法はドーピングには該当しないことが確認されています。

治療時間は数分です。注射だけですので短時間で終了します。術後の痛みも少なく 3日ほどの安静で部位にもよりますが徐々に運動を行うことが可能です。痛みが無ければ軽いトレーニングは3日後から可能です。


―― 日本初!PRP療法をトップアスリートに施術

国内でアスリートとして最初にPRP療法を受けたのは、アジア大会でも銅メダルを獲得し、アテネ、北京五輪陸上男子110MH日本代表、元日本記録保持者の 内藤真人選手です。

北京五輪前からアキレス腱の強い痛みに苦しみ満足に練習ができませんでした。
北京五輪後もアキレス腱の故障から精彩を欠いていました。

PRP療法をご紹介すると是非この臨床実験にご協力いただけるとの回答があり、2回のPRP療法を行い、痛みもほぼ消失して全力で練習が行えるようになりました。

ただし、1回目終了後は当日から、アキレス腱の強い痛みと腫れで歩行も困難で3日目までは安静が必要でした。4日目からは痛みもほぼなくなり1週間目からは徐々に強度を上げて普段通りの練習ができるまでに回復しました。
その後、1か月経過した時点ではこれまで不可能だった全力での練習がほぼ痛みが無く可能となりました。
数日の痛みと腫れ以外は副作用は一切認められません。

日本選手権への出場も果たせました。
世界陸上で2度の銅メダルを獲得した為末大選手も当院でPRP療法を行い 膝とアキレス腱の痛みが改善して現役レース復帰しました。


―― パラリンピックでメダルを!



最もPRP療法が有効で活躍されたのは、陸上走り高跳びパラリンピック4大会 代表 鈴木徹選手。

北京パラリンピック後、膝蓋靭帯炎による強い痛みで練習はおろか歩行障害も出て競技生活を終えることを考えられていました。あらゆる治療を施しましたが痛みは改善しませんでした。しかし、PRP療法を知り最後の望みをかけました。

鈴木選手はPRP療法を1回目の施術後、2週間で痛みが軽減されたことを実感され順調に痛みは軽快していき 全くできなかった跳躍練習ができるまでになりました。まだ、若干の痛みが残っていたため3か月後に 2回目のPRP療法施行。さらに痛みが改善し ロンドンパラリンピック出場を意識して 3回目の施術。これで完全に痛みが消失し十分な練習を積むことが可能となり ロンドンパラリンピック出場。

結果はメダルには届きませんでしたが 4位入賞、400Mリレーでも4位入賞の大健闘。 リオパラリンピックを目指しトレーニング中です。

共同研究しています 小林メディカルクリニック東京でも フィギュアスケート全日本優勝経験があるオリンピック日本代表選手や ラグビー日本代表、Jリーガーなど多くのトップアスリートへの施術によって有効性を確認されています。
現在も全国の多くのトップアスリートからのオファーもあり今後の研究に期待がもたれます。

株式会社ベリタス様、順天堂大学医学部 総合診療科 小林弘幸教授 順天堂大学医学部付属順天堂医院 整形外科の皆様のご指導、ご協力でPRP療法が国内で普及し故障に苦しむ多くのアスリート、格闘家の福音となることでしょう。
私も微力ですがアスリートの皆様のお力になれますよう臨床研究に精進いたします。

記事URL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お問い合わせ