最新スポーツ情報

2011年9月26日 月曜日

サーキット場で闘うライダー達を支えた人々


今回は趣向を変え、鈴鹿8時間耐久ロードレース決勝をレポート致します。

例年通り私もトレーナーとして参加したこのレースはドラマチックな展開を見せました。そのドラマがレースとはチーム競技なんだということを改めて教えてくれました。

生の魅力

コカ・コーラ ゼロ、鈴鹿8時間耐久ロードレース 第34回大会 決勝。

このレースはF1に次ぐ国内のモータースポーツのビッグイベントです。過去には数多くのドラマが繰り広げられちょうど私の年代の人間は鈴鹿8耐に大きな憧れを持った方も少なくありません。

今から30年前は凄い人気でスタンドも満席、活気にあふれていましたが、残念ながら近年におけるモータースポーツの低迷の影響で観客数も激減しています。

しかし、サーキットで体験する、テレビで観戦するのとは全く異なる臨場感。生でこのレースを見る醍醐味は多くの方に感動を与えてきたことでしょう。

モータースポーツに関心がない方でも、サーキットで時速300キロ近いスピードで走行するマシーンを目の当たりにすれば、きっとファンになってしまうのではないでしょうか?

全てのスポーツの中で最もリスクが高く死亡率も高いと言われている二輪のレースは、人間と最先端マシーンの融合した見事なショーなのです。

多くのトップライダー達はライダー人生で一度は死に直面するほどの事故と遭遇されています。

まさしくサーキット場での格闘技。

2010年も日本は2名の有名なトップライダーを失いました。

しかし、大きな悲しみに包まれても、ライダーのチャレンジ精神は減速しません。

私自身、ライダーと挑んで5度目のチャレンジとなる鈴鹿8耐。

今年こそ優勝の栄光を!と意気込みました。

5度目のチャレンジには大きなドラマとそのドラマを支えるスタッフの地道な努力がありました。




予選4位からの逆転

前評判通り3強がぶつかり合った鈴鹿8耐決勝。F.C.C. TSR Hondaの秋吉耕佑/伊藤真一/清成龍一組が総合力で優勝。

この優勝で伊藤、清成は4度の優勝(歴代2位)、秋吉は2度目(HONDAに移籍して初)。歴史に残るほどの名勝負、最強、最速メンバー3名に立ちはだかった、アクシデントによる予選4位の結果と清成のスタート後間もない転倒。この試練が最強ライダー陣を目覚めさせたのです。

2010年全日本ロードレース最終戦前は秋吉の総合ランキングは4位でした。大逆転で総合王者を獲得したのです。また、2010年8耐では清成選手のチームが4位から逆転の優勝。決勝前夜、「4位は優勝のメッセージで縁起がいい順位だから、必ず優勝できる」と私が秋吉に伝えると、必ず優勝すると約束してくれました。

ポールポジション獲得が当然の使命と周囲から求められた秋吉耕佑のタイムアタックは、天候ではなく赤旗中断で阻止されました。

転倒事故による赤旗中断がなければ確実に2分7秒台の最速タイムでポールポジションを獲得していたと思います。

しかし、この予選4位という結果があったからこそ、決勝では圧巻の走りで実力を見せつけることができたのではないでしょうか。

ポールポジション獲得の栄誉より決勝での優勝。

歴史に名を残す王者になったのです。

決勝前、秋吉は私と2009年のリベンジを果たし、被災地に少しでも勇気を届けられるよう伊藤真一選手の優勝をサポートしようと誓ったのでした。

1位を奪還して差を広げるライディングをみせる清成龍一選手
1位を奪還して差を広げるライディングをみせる清成龍一選手




縁起のいい出会い

決勝当日、何と10年前に私どものチームで第一ライダーとして走っていただいた徳野政樹氏と宿泊ホテル朝食会場前で偶然にもお会いしました。こんな縁があるのですね。ワイン・ガードナーと組んだ日本人初優勝の快挙を果たした名ライダーと決勝直前に会う。

優勝のメッセージか!

1985年 鈴鹿8耐 日本人初優勝 徳野政樹氏と偶然、宿泊ホテルの朝食会場前で遭遇。2001年さかえクリニック合同チーム第一ライダーとしても鈴鹿8耐出場
1985年に鈴鹿8耐で日本人初優勝した徳野政樹氏と偶然、宿泊ホテルの朝食会場前で遭遇。
2001年さかえクリニック合同チーム第一ライダーとしても鈴鹿8耐出場


決勝は近年にないほどの白熱した闘い。

転倒によるマシーントラブルも跳ね返す、王者のプライドが見られました。

ポールショットこそヨシムラの加賀山就臣に奪われましたが、TSRのスタートライダーを務めた清成が、オープニングラップでトップを奪うと、そのままレースを引っ張りました。途中、ヘアピンでまさかの転倒を喫してしまっても、驚異的な速さで戦列に復帰。転倒してもマシーンを手から離さずマシーンダメージを必死に防ぎました。被害を最小限に抑えるが、ピットインの際にマシンの修復に時間がかかってしまい、タイムロス。そこから伊藤、そして秋吉が驚異的な走りでファステストラップをマークして追い上げ、奇跡の逆転劇。清成も4回走行。ラスト2時間は、ヨシムラとTSRの一騎打ちとなりましたが、最後のスティント(ピットアウトからゴールまでの間)で清成が加賀山の追走を許さず、圧巻の走りでそのままトップでチェッカー! 秋吉/伊藤/清成組がヨシムラ加賀山/ジョシュ・ウォーターズ/青木宣篤組に38秒765差をつけ優勝を飾りました。3位には1分31秒162差でMuSASHi RT HARC-PRO.の高橋巧/玉田誠/岡田忠之組が入り、トップ3が217周を記録。

TSRの芸術的なピット作業
TSRの芸術的なピット作業

エアナジーでコンディショニングを行う伊藤真一選手
エアナジーでコンディショニングを行う伊藤真一選手

セッティングが終了した最速のF.C.C TSR Hondaのマシーン
セッティングが終了した最速のF.C.C TSR Hondaのマシーン

セッティング前のマシーンをチェックさせていただきました。
セッティング前のマシーンをチェックさせていただきました。


2009年、優勝候補最右翼と言われた秋吉/伊藤組が秋吉の転倒で9位に終わり、ヨシムラ優勝。2010年、ファーステストラップを2年連続でたたき出したにもかかわらず、秋吉のペアライダーのジャナサン・レイ転倒により3位。2011年は清成転倒でも優勝。ついにリベンジを果たしました。

1985年鈴鹿8耐日本人初優勝を果たした徳野政樹を擁してチーム結成、2001年出場した依頼、悲願の8耐優勝の私の願いを秋吉耕佑が叶えてくれました。

チーム優勝の瞬間感激がチームスタッフに。手を取って喜ぶ秋吉耕佑選手のマネージャー
チーム優勝の瞬間感激がチームスタッフに。手を取って喜ぶ秋吉耕佑選手のマネージャー

モニター画面で優勝間近の清成龍一選手のライディングを見守る秋吉耕佑選手、伊藤真一選手
モニター画面で優勝間近の清成龍一選手のライディングを見守る秋吉耕佑選手、伊藤真一選手

ライディング前にコンディショニングとレース中の平常心を保つアドバイスを行う末武
ライディング前にコンディショニングとレース中の平常心を保つアドバイスを行う末武


今回、万全を期すため最強、最速ライダー陣が導入したのは、

  1. エアナジー
  2. パワープレート
  3. サプリメント
  4. メディカルトレーナー
  5. フィジカルトレーナー
  6. アスリートドクター
  7. コンディショニング

パワープレートで大腿部のケアを行う秋吉耕佑
パワープレートで大腿部のケアを行う秋吉耕佑

パワープレートによる秋吉耕佑選手への下肢へのケア
パワープレートによる秋吉耕佑選手への下肢へのケア

鎌田貴フィジカルトレーナーと柴田康博メディカルトレーナーによる清成龍一選手への休憩インターバル中のケア
鎌田貴フィジカルトレーナーと柴田康博メディカルトレーナーによる清成龍一選手への休憩
インターバル中のケア


秋吉耕佑には過去3年間、どんな状況下でも平常心を保つため呼吸法、タッピング(指先で軽く叩く)を用いた自律神経コントロールメソッドによるコンディショニングを実施していました。今大会ではこのコンディショニングがマシーントラブルのハンディを見事跳ね返し最速タイムでの逆転劇を演出できました。

セル・トレーニングを導入し心、肉体、自律神経機能を飛躍的にアップした秋吉耕佑は今春のマレーシアでのテスト中の転倒事故で左手首を骨折したにもかかわらず、短期間で復帰。JSB第1,2,3戦とも断トツの速さで完全優勝、昨年から5連勝。

仲田健トレーナーによる体幹トレーニングで強靭な肉体を得た秋吉は、バランスの良い最速の走りを披露しました。

鎌田貴トレーナーによる徹底した基本トレーニングで強靭な肉体を得た伊藤、そして清成も芸術的な王者の走りを見せたのでした。

柴田康博メディカルトレーナーによる清成龍一選手への腰痛ケア
柴田康博メディカルトレーナーによる清成龍一選手への腰痛ケア




チーム力の勝利

トップライダーは極限のライディングを常に行うため身体にかかる負荷は半端なものではありません。

今回は、国内の多くの世界的アスリートをケアする柴田康博トレーナーもライダーのケアに当たりました。

これによってライダーは最高のコンディションでライディングを継続できたと思います。

ハードであるマシーンはTSRスタッフが完璧にサポートし、ソフトであるライダーの心、身体、魂をメディカルトレーナー、フィジカルトレーナーが完璧にサポートしました。

TSRチームスタッフはライダーはもちろん、マシーンのセッティング、レース戦略を担当。

メディカル・フィジカルチームスタッフはライダーのコンディショニング、ケアを担当。

今回の圧巻の走りの裏にはライダーたちの地道なトレーニングとケア、それを支えるスタッフやトレーナーの支援がありました。

まさしくチーム力の勝利だったとライダーも私どもも実感しています。

応援していただいたスポンサーの皆様、ファンの皆様のサポートも大きな力となりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

最高の成績を残せたことを感謝させていただきますとともに微力ながらチームの一員として闘えたことを誇りに思います。

モータースポーツの素晴らしい感動を一人でも多くの方に味わっていただきたいと願っています。

清成龍一選手の前腕筋群へのパワープレートによるマッサージ
清成龍一選手の前腕筋群へのパワープレートによるマッサージ

日本一のモータスポーツアスリートのトレーナーと評価の高い 鎌田貴トレーナー
日本一のモータスポーツアスリートのトレーナーと評価の高い 鎌田貴トレーナー

表彰式は最高の場所、大トロフィーを掲げる秋吉耕佑選手
表彰式は最高の場所、大トロフィーを掲げる秋吉耕佑選手



カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お問い合わせ