最新スポーツ情報

2010年11月16日 火曜日

スポーツケア整体とは?

さかえクリニックスポーツ診療部でアスリートに指導しているトレーニング、コンディショニング法で大変、人気の高い方法を開発された 松村卓氏のスポーツケア整体という概念と理論、実践をご紹介させていただきたいと思います。
格闘家でもコンディショニングや身体の動きに対する理論を学んでおけば、短時間で身体能力向上、パンチ力、キック力がアップしさらにはバランスがよくなります。

ケガの改善・回復・予防・パフォーマンス向上で悩んでいるスポーツ選手へすべての原因は体幹部を使えないことにあった!

体幹部という人体で一番巨大な筋肉をなぜ有効的に使わないのか?

『筋肉は1平方センチメートル辺り、4~6kgの力を出すことが出来ます』
その事を考えると体幹部ほど面積の大きい部分はありません。
手や足は速く動かすことが出来ますが『力の出力』としては弱いですが体幹部は神経回路の関係で、動きは遅いですが『力の出力』は大きいのです。
この静かなる山のような部分が使いこなせるかどうかで競技力が変わってくるのです。
逆に使いこなせないから、手や足に負担がかかってしまい、ケガをしてしまうのです。

身体の構造を『シーツ理論』で考えてみる

腕や足の筋肉だけで動作をすると身体のバランスが崩れケガの原因になる!
 写真1のように1枚のシーツの四隅を二人で持ち、きれいに張った状態をまず作ります。
この時、シーツを体幹部、四隅を手足と想像してみてください。(写真2)

例えば、野球のピッチャーや水泳の選手が腕の力だけで動作しても大きな力やスピードは決して生まれません。
体幹部と比べると腕の筋肉は細いものです。
腕の筋肉だけで、無理に動かし続けると必ず肩や肘、手首に負担がかかってきます。
 そればかりか上半身の筋肉疲労は、腰や下半身の筋肉にも負担をかけることになります。

写真3のように、シーツの角を引っ張るとシーツはよれてしまい、いびつな状態になりますが人間の身体の構造も実はこれに似ているのです。

上半身の筋肉のバランスが悪いと必ず、下半身の筋肉のバランスに影響を及ぼします。
同じく、下半身の筋肉のバランスが悪いと、上半身の筋肉のバランスに影響が出てきます。
また、上半身の筋肉疲労が酷いと、下半身の動作に負担をかけることになりますし  下半身の筋肉疲労が酷いと、逆に上半身の動作に負担をかけることになります。

シーツの形がいびつになるということは、引っ張っている箇所が何らかの原因を作っているということになります。
その結果、引っ張られている方に痛みや違和感が出てくることになります。
しかし、ほとんどの方は、痛みや違和感がある部分にケアや治療の目を向けますが結果的に痛みや違和感が出てしまった部分に対して、処置をいくら施したとしても原因の部分に対しての処置をしていないため改善されることはありません。

ケガの原因を探っていく時に注意しなければならないのが上半身のケガの原因は下半身にあり、下半身のケガの原因は上半身にある場合が多いのです。
体幹部を連動させることなく、手や足の末端部ばかりで動作をしてしまうことは筋肉のバランスを崩すばかりではなく、ケガをする原因にもなるのです。
体幹部は運動を遂行するための『力』を発揮する部位です。
そして、大きな力を発揮するためには体幹部のバランスがとれてなければなりません。

人体で一番巨大な筋肉の体幹部を動かし、ほぐすためにはどうすれば良いのか?

体幹部を動かすコツは末端部である手首や足首を制御すること

 例えば写真4のようなポーズをとり、腕をうしろに引きながら肩甲骨を意識的に動かして肩甲骨周辺をほぐそうとしても最初から肩甲骨を意識して動かすことはなかなか難しいものです。
よくあるパターンは、肘から下の部分の前腕部や手首だけが動いたり、腰が先に動いてしまい求めたい動作にならない場合が多いのです。

しかし、写真5のように反対の手で手首を押さえながら動かしてみると腕の動きがある程度制御されて動きにくくなる分、肩甲骨が動かなければ腕をうしろに引くことができません。
その結果、肩甲骨を意識しながら動かすことが楽に出来るようになり、体幹部(肩甲骨周辺)もほぐれやすくなります。
 この動作を左右7~10回くらい行った後、腕をまわしたりパンチをしてみてください。
なんの『力み』もなく、スムーズに楽な動作が出来ることがすぐに実感できると思います。
短時間でパンチ力をアップする秘訣です。

次は、骨盤周辺の動作を考えてみたいと思います。
写真6のようなポーズをとり左膝を前に出しながら骨盤を意識的に動かして骨盤周辺をほぐそうとしても最初から骨盤を意識して動かすことはなかなか難しいものです。
骨盤は、きちんと動かせれば、上下、前後に動かす事が出来ます。
しかし、たいていの人は動かすことが出来ず、ふくらはぎや大腿四頭筋に力を入れてしまい、骨盤の動きを妨げている人がほとんどです。

 しかし、写真7のように左足を台やイスの上に置き、固定された状態で骨盤を動かしてみると、左足の動きをある程度、制御されて動きにくくなる分、骨盤が動かなければ左膝を前に動かすことが出来ません。
その結果、骨盤を意識しながら動かすことが楽に出来るようになり骨盤周辺もほぐれやすくなります。
この動作を左右7~10回くらいした後、歩いたり、走ったり、キックをしてみてください。体幹部で作られた『力』が自然に足に伝わり、スムーズに楽に動作が出来ることがすぐに体感できると思います。

体幹部を意識的に動かすためにまず必要なことは肩甲骨周辺と骨盤周辺の筋肉の柔軟性や関節の可動域を柔らかくすることが大切です。
 そのためには、手や足の末端部の動作を制御して、肩甲骨や骨盤を意識的に動かすトレーニングを最優先で行うことが望ましいのですが実際のところは逆のことをしている方が非常に多いのが現実です。

パワーアップのために、ウエイトトレーニングを行う人が多いのですが関節の可動域や筋肉のバランスをきちんと取るまえに始めてしまう人が後を絶ちません。
その上、重量を上げることが目標になってしまい、ますます筋肉の弾力性が悪くなりまるでガラスにひびが入るように肉離れや筋膜炎に悩まされることになってしまいます。
また、関節の可動域が狭くなることで、ヒットポイントがずれたり、各関節に負担がかかることになり、肩や肘、膝や腰を痛めてしまうのです。

体幹部を使えない原因は、実は親指にあった!!

日本の文化から極意を探る!

身体をほぐす最大の目的は、体幹部のバランスをとるためであり、その体幹部を動かすコツは、末端部である手首や足首を固定させることと説明してきました。実は、もうひとつ大切なことがあります。

それは、、、
『親指を使わない』ことです。

我々、日本人は昔から、箸、笛、筆を使用してきました。
この三つの道具を使う理由はただひとつです。

『親指を使わせないようにする』ことなのです。

例えば、箸を使う時に親指を曲げて、いわゆる握り箸にすると箸を上手に使うことができません。筆の場合も同じ事ことが言えます。
筆を持つ時も親指に力が入ると、筆をなめらかに動かすことが出来ません。
親指に力を入れてしまうと、前腕部に力が入ってしまい緊張が起こります。
身体全体の動作をスムーズに動かすことが出来なくなります。
親指に力を入れたまま動作をすることは、身体のバランスを崩す原因になるのです。
我々の祖先は、日常生活の中で、箸、筆、笛を使うことによって、身体に親指を使わないことを覚えこませ、身体にいらぬ緊張を起こさず、身体を楽に動かす方法を知っていたのです。
いかなるスポーツでも親指は意識的に使うことはありませんね。

また、昔の人は下駄や雪駄、わらじを履いていました。
『親指で地面を押せ!』と指導される人が多いはずですが、親指はブレーキをかける役目に使います。身体を推進させるために使うものではありません。

また、親指を無理に使うとブレーキがかかり、肩甲骨や骨盤が動かないバランスの崩れた状態になります。この状態で、キックを行うということは、威力が半減したり身体にかなりの負担がかかってしまいます。
指の上手な使い方が格闘家としての身体能力向上のカギになります。

アクセルの作用をしているのは、小指と薬指で中指はリード指にあたります。
リード指である中指を中心にした歩き方、走り方をすることによって移動する時に肩甲骨も骨盤も動きやすくなります。
昔の人が履いていた下駄や雪駄、わらじは鼻緒を親指と人差し指で挟みます。
身体の推進に適した構造であり、ブレーキである親指は使われず、中指がリード指になる歩き方になります。

身体の構造を無視したトレーニングでは、いい結果は出ないことでしょう。
体幹部を有効的に動かすことによって得られるバランスアップや大きな力の発生を手や足の末端部に伝達させる能力を向上させることがパフォーマンス向上やケガの予防にもつながっていきます。

体幹部を使いこなし、ケガの改善・予防・パフォーマンス向上のために作られた『骨整体』というトレーニング法がアスリートから大きな注目を集めています。

 <松村 卓のプロフィール>
スポーツケア整体研究所 代表
松村 卓 (まつむら たかし)   写真8

1968年生まれ  中京大学体育学部卒

競技暦
15年間、陸上球技のスプリンターとして選手生活を送る。
1989年 北海道国体成年男子100m第7位
1991年 全日本実業団 男子100m第6位
自己ベスト10秒5の記録を持つ。

現役時代に、度重なるケガに悩まされ続けた経験からよりよい身体の動かし方やケアの仕方を探求。
すべて、自分の身体を通じた体験からトレーニングや整体を研究して独自の理論を確立。
プロスポーツ選手やオリンピック選手、パラリンピック選手の指導も務める。
クライアントの身体を見ただけで瞬時に弱点を見抜く力を持ち、整体や筋肉バランス整体、ペットボトル整体がマスコミに取り上げられ大きな注目を集めるトレーナー。

ホームページアドレス www.sportcare.info

(2010.3)

 



カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お問い合わせ