最新スポーツ情報

2010年11月16日 火曜日

肉体だけでは限界がある!鍛えるのは心と自律神経だ!

肉体だけでは限界がある!鍛えるのは心と自律神経だ! 

 多くの格闘家は極限まで肉体を鍛え、同時に精神を鍛え上げています。根性、根性。精神修養も大切ですが、怪我をすることなく現役生活を長期に送るためには過度なトレーニングは益ではなく害になることすらあります。
いじめ抜いた強靭な肉体は脆くもあるのです。
試合前に肉体がオーバーヒート起こしてはトレーニングとして意味がありません。
私はこれまで多くのアスリートや格闘家の専属トレーナーとして実際のトレーニング指導をフィジカル、メディカル、メンタルの面で担当させていただいてきました。
彼らは少しでも上を目指そうと日夜、厳しいトレーニングに励むことが成功の秘訣と頭にインプットされていました。
故障して休養中でも過激なウエイトトレーニングを継続したり、まるでウエイトトレーニングがアスリートや格闘家の精神安定剤でもあるかのように・・・

今回は、トレーニング・ケアの中でも私が重視しております、自律神経機能を向上させるクリニックで行う具体的なケア・トレーニングをご紹介したいと思います。
肉体はハード、心と自律神経はソフト。
パソコンもハードの本体とソフトのOSや各種アプリケーションで機能的にスムーズに動きますね。
人間の体も同様なのです。
ソフトのケアやトレーニングを意識して行わずして上は目指せません。
ソフトのトレーナーが日本ではあまりにも少ないことに驚いております。
欧米では、アスリート育成でソフトの部分のトレーニングが常識でチームによってアスリートを支える体制が一般的だからです。
ソフトのトレーニングは 癒しのトレーニング として私は位置付けています。
私は呼吸法と首にあります、星状神経節という交感神経の束を特殊な半導体レーザーを照射することで自律神経機能を向上かつ安定させアスリートのソフトのバーションアップを図る方法を長年、研究してきました。
また、多くのアスリートや格闘家のご協力で試験的な実験や施術を行ってきました。
これまでの経験で確実にこれらの手法がアスリートや格闘家の自律神経機能を向上させ、身体能力が向上することが確認でき現在では、オリンピック日本代表選手をはじめ世界で活躍するトップアスリートたちのケアやトレーニングに導入して大きな成果が得られています。
世界レベルのトップアスリートは例外なく自律神経機能が高いレベルです。

 さて、星状神経節について少し解説したいと思います。
星状神経節は頸部にある交感神経の塊です。
星の形に形状が似ているため星状神経節と呼ばれています。
この星状神経が自律神経機能を外部からコントロールするために重要な部分なのです。
昔から星状神経節ブロックという治療がありました。
星状神経節ブロックは麻酔薬を星状神経節へ直接注射して アレルギー性鼻炎を治療したり難治な痛みを除去する治療として広く知られています。
最近では免疫力が向上することが分かってきました。
しかし、注射ですから痛みとリスクを伴います。
そこで痛みもリスクもないレーザー照射がこのブロック治療に代わって行われつつあります。
星状神経節は、レーザーでアプローチできる部位にあるのでここが身体能力向上のキーポイントとして私は位置付けています。

身体と恒常性維持機能はアスリートにとっても大切なことです。ホメオスタシスとも言い、簡単に言えば人間の身体が自分を正常に保とうとする機能です。例えば夏の暑い日でも、冬の寒い日でも、私たちの 体温は約36℃前後に保たれています。
これは意識的に保っているわけではなく自律神経機能により保たれているのです。
脳の視床下部が、身体の内と外の情報を集め、自律神経を使って、私たちも知らないうちに全身をコントロールしてくれています。

視床下部と自律神経

自律神経とは、無意識に身体の働きをコントロールする神経で、交感神経と副交感神経とに分けられます。交感神経は身体に活発に働くよう命令を伝え、副交感神経は身体に休むよう命令を伝えます。
つまり緊張とリラックスの神経なのです。

交感神経が適度に働かなければ、仕事になりません。しかし私たちはずっと仕事をしたりがんばってばかりでは生きてはいけません。そこで副交感神経に働いてもらい、食事をしたり、睡眠をとったり、リラックスして休息します。

この二つの神経に命令を下すのが、脳の視床下部という器官です。私たちは、走っているときに心臓が活発に動けとか、ご飯を食べるときに胃や腸に動けとは命令しません。視床下部は体の内外の情報を収集し刻々と変化する状況に対応し、自律神経を使い全身に指令を下します。

自律神経とトレーニング

アスリートはさまざまな大きなストレスに曝されます。
過酷なトレーニングによるストレス、試合前の極度の緊張によるストレス、対戦相手との試合の恐怖のストレス・・・

 これは自律神経、それも交感神経が働きすぎているのです。ストレスにより視床下部にも狂いが生じ、交感神経が過度に働き、休みたいときでも「働きなさい指令」がくるのです。
緊張状態で、はたしてアスリートとして良いパフォーマンスが可能でしょうか?
 この交感神経の過度の働きにより、体のバランスが乱れ体調を崩し病気を引き起こしたり、自律神経機能全体の機能を低下させるだけではなく肝心な臓器や筋肉の機能を低下させてしまうことになります。
アスリートや格闘家には緊張の中でリラックスする状態がベストであると研究結果からわかってきました。
しかし、そうは言ってもなかなか リラックスできません。
特に大事な試合前は誰でも緊張しますね。
適度な緊張は、運動能力を向上させますが、緊張しすぎると思いがけないミスが起こったり普段の力を発揮できません。
そこで、クリニックでは 緊張を司る 交感神経の束である 星状神経節へ 半導体レーザーという優しいレーザー光を照射してこの緊張を鎮めるとともに 自律神経機能のバランスを安定させる試みを多くのアスリートや格闘家に行ってきました。
クリニックでは以前は1000mW高出力連続波の半導体レーザーを使用して 星状神経節近傍へのレーザー照射を行っておりましたが、最近さらに高出力で深部の星状神経節への照射が可能となりました 10000mWのパルス照射ができるシステムが開発されましたので この最新式レーザー照射システムを導入しました。(定価500万円弱の高額な医療機器です。)
830nmの単一なレーザー光をパルス照射できるシステムです。
最新レーザーでは皮膚から4センチの深さまでレーザー光が届き、組織へしっかり照射が可能となりました。
MEDILASER SOFT PULSE 10 (MODEL MLD-10)という半導体レーザー照射器です。
このレーザーには次のような特徴があります。

1:痛みを一切伴わない。生体に対して刺激・熱を与えない非侵襲的なケア法。
2:ケアが簡単で特別な手技が不要。
3:ケア時間がおよそ5分と短い。
4:感染の危険性、合併症が全くない。
5:ケア後すぐにトレーニング可能。
6:星状神経節以外、痛みがある部位への鎮痛目的での 照射も可能。
7:軽量、コンパクトで試合会場への搬入も可能。
8:ケア直後から実感できる効果。

 レーザーというと殺人光線のイメージが強いのですが、レーザー光もいろいろな種類、いろいろなエネルギーのものがあります。
組織の切開や蒸散を行う高出力レーザーと異なり、低出力でのレーザーのケアは生体に熱作用を与えないレベルのレーザー光を照射することにより、レーザーの光作用を利用して血行を改善したり、痛みを和らげたり、神経の興奮を制御したりするケア法として注目が集まっています。
これまでスポーツ界でも腰痛やアキレス腱炎などのような痛みや炎症除去の目的で半導体レーザーは数多く医療機関で使用されてきましたが アスリートへの星状神経節近傍へのレーザー照射でケアを行っている施設は私の知る限りは私どもだけです。
星状神経節近傍への半導体レーザー照射は、自律神経機能を安定させ交感神経の興奮を制御するだけでなく 免疫力向上、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎で苦しむアスリートにとっても抗アレルギー剤内服以上の効果が期待できる場合も少なくありません。
全く副作用がない癒しの治療・ケアと言えます。

・自律神経機能を安定させ過剰なストレス除去
・免疫力向上で風邪やインフルエンザ予防
・アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎のケア

アレルギーに悩むアスリートや格闘家にとって福音です。
過酷なトレーニングをしていても試合当日、風邪をひいたら全てが終わりですね。免疫力向上は大切なことです。
私どもの研究では 交感神経は細菌を殺す働きを持つ 好中球と 副交感神経はウイルスを殺す働きを持つ リンパ球との相関関係があり 副交感神経機能を向上させること、つまりストレス解除は免疫力向上につながることが確認されています。
アスリートに過大な負荷をかけてトレーニング後、急速に身体の機能が回復しようと副交感神経機能とリンパ球が急激に増加します。
つまり、過大なストレス負荷がかかった身体を守ろうとする働きによって自律神経機能と免疫機能が同時に働くのです。
 現在、この現象の研究を私が順天堂大学大学院 医学研究科において実験を行い、これまでのスポーツ医学のいかなる研究者もまだ発見、報告していない事実が確認され学術論文を作成しています。
自律神経がアスリートにとっていかに重要か明確なエビデンスを示してご案内できると思います。アスリートのトレーニングには本当に効果があるのかどうかのエビデンスが絶対に必要ですね。
トレーニングやケアの信用性を確実なものとすることも私たちの役目です。
こういったケアも重要なトレーニングの一つと私は捉えてアスリートや格闘家には正しい、知識・情報を持っていただけるよう指導をさせていただいております。
緊張は必要ですが、リラックスも必要です。
根性だけでは身体ついていきません。
緊張とリラックスが程良い状態にあるとき最強の格闘家が誕生するとこでしょう。
近い将来、癒しのトレーング 自律神経トレーニング、ケアが格闘界でも広く普及することを願っています。 

(2009.11)

 



カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お問い合わせ
アクセス

トップアスリート株式会社

■住所
〒460-0003
名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2F

■電話番号
052-953-9300

■FAX番号
052-953-7810

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ