最新スポーツ情報

2010年11月16日 火曜日

最強の肉体を造り上げるために(2)

<改めて問う -身体能力とは?> 

 多くの格闘家がクリニックを訪れます。格闘技は相手があって成立するスポーツ。相手より身体能力や結果が勝っていれば勝負はつきます。
このため多くの格闘家は、相手以上のパワー、スピードを向上させようと必死でトレーニングに励みます。
素早く動くための筋肉、相手を組み伏せるための筋肉、そして神経連動を鍛える。
彼らが行うのは、無理をして頑張るトレーニング。
ヒクソン・グレーシーはどうでしょうか?
ウエイトトレーニングを重視していますか?
40代後半という年齢で頑張るトレーニングを主として行っているでしょうか?
答えは否です。
ヒクソンは、ウエイトトレーニングをほとんど行わず、呼吸法を重視したヨガを行っていることは有名ですね。

身体能力は、何を意味するのでしょうか?

筋力や、バランス、技術だけではないと考えます。
もっと大切なことがあります。

7年前、個人で さかえクリニックTCという陸上競技部を創立、3年でオリンピック日本代表選手輩出、4年目で日本陸上選手権大会、社会人日本一の出場者 数という全国トップレベルの陸上部を創立したメディカルケア、指導、トレーニング法の一部をご紹介して ヒクソン最強の秘密に迫ります。

<陸上競技での戦い>

美容外科医として20年以上。
もうひとつの私の業務は、アスリートの指導者。医師として治療も行うのでメディカルトレーナーです。私の場合、世間で言うスポーツドクターとは違います。 選手の身体能力を上げるためのトレーニング指導も行うのでトレーナーなのです。美容外科医として培った技術、経験、知識は十分トップアスリートを養成し指 導し治療することができます。病気を治療するシステムは数多くありますが、スポーツ選手の身体能力を向上させる医学的システムは皆無でした。
アンチエイジングがまさしくアスリートが求めていた ドーピングを排除した科学トレーニング。
整形外科医がアスリートの故障を治療しても本格的なリハビリやトレーニング指導をほとんど行っていません。
もちろん、アスリートの身体能力を向上させるトレーニングの直接的指導を行っていることもありません。

日本では、トレーナーと言うとほとんどが鍼灸師です。本来は医師が行うべき、行ったほうが良いケア、指導が鍼灸師であるトレーナーに多くは委ねられています。医師によるアスリートのケア、指導がしっかり整備されていない日本の現状に疑問を持ちました。

日本では専門医がどうしてトレーナーとして存在しないのか?

私が、アスリートの指導を本格的にスタートしたきっかけは、青戸慎司(3度の五輪出場)氏、男子100Mの元日本記録保持者との偶然の出会いからです。彼 はクリニックへホクロを除去するために訪れました。1回目の治療数ヵ月後、再び別のホクロを除去するため来院。青戸慎司の名前はTVの特集を見ていたので 知っていました。地元では英雄的選手。長野オリンピックボブスレーの日本代表として出場 夏、冬季五輪へ日本人男子初の出場選手。
再診時に彼は33歳、まだ現役でした。しかし、慢性のアキレス腱痛で苦しんで、現役生活も限界と考えていました。この時、私には彼を復活させ現役続行可能 とさせる不思議な自信がありました。彼は2ヵ月後に迫った大会で年齢別日本最高記録を目指していました。すぐに、彼にヒーリング、半導体レーザー照射、プ ラセンタ療法を行いました。赤のエナジーカラーを持つ青戸選手にはウエイトトレーニングを一切、禁止して、センスを生かすトレーニングへ切り替えたので す。

翌日には10年以上苦しんでいたアキレス腱痛から解放され普通に練習ができました。
見事、彼は10秒79というタイムで100M男子33歳年齢別日本最高記録を樹立。これ以後、彼の記録はどんどん伸び、2002年、愛知県陸上選手権大会で10秒71のマスターズ日本新記録を樹立しました。

<さかえクリニックTC創立> 

 この結果を得て陸上部を自分で作り、私のケア、指導がスポーツ界へ通用するか確かめたくなりました。高校日本一にも輝いた中京大学付属中京高校陸上部の指 導も行い驚異的な成果が得られたため、同校陸上部監督である北村肇氏を監督に迎え、選手兼コーチで青戸慎司氏、100MH元日本記録保持者の小林尚子氏も コーチとして参画、さかえクリニックトラッククラブ(陸上部)を創立しました。
企業を解雇されたり故障で現役を引退する選手を入部していただきクリニックでのケアとトレーニング指導で復活させるという取り組みを行いました。すぐに成果が現れ、中部実業団、愛知県選手権で優勝者が出て東海地方の陸上界では一躍注目を集めました。
入部希望者が殺到、さかえクリニックトラッククラブへ入部すれば故障も治って記録も伸びるとの噂が全国の陸上界へ広がりました。メディカルサポート以外にも選手へ遠征費、活躍した選手へは報奨金の支給など選手の経済的サポートも行いました。
2003年 日本選手権6名出場。7種競技では中田有紀選手が日本新記録で優勝。アジア選手権銀メダル獲得の快挙。
0年 さかえクリニックTC所属 嶋川選手が日本代表として出場。世界のメダリストと競演。
しかし、新興団体には圧力がかかるものです。私たちの活躍を妬み、許しがたく思う某大企業の陸上部のH監督が恐ろしい暴挙に出ました。地元実業団所属のH 監督主導の不可解な裁定で我が選手たちが目標としていた地元実業団選手権大会への出場を阻まれました。アルバイトで常勤職にも就かず陸上にかける多くの選 手たちの夢は絶たれました。さかえクリニックTCは、地元実業団選手権大会総合優勝の有力候補でした。自分達が優勝するためには手段を選ばず、さかえクリ ニックTCの選手の出場を阻止。同好会のようなチームに大企業陸上部が敗れることは新聞にも結果が出るのは問題でしょうか? 以前は我が陸上部の選手数も 少なく影響力がなく出場が認められましたが総合優勝しそうになると出場させない。

選手より自分の名誉が大切な 大企業監督の独特な意識。

弁護士を通じ異議を申し立てましたが、彼らの陰湿な裁定にはなすすべがありません。選手も私も大きく落胆しました。この悔しい思いは、愛知県選手権でH監 督率いる 某社との壮絶な戦いで報いました。8種目で我がチームの選手がレースで競合、8戦全勝と圧勝。愛知県選手権大会の4×100Mリレーではチーム は100分の1秒差で勝利して準優勝。東海選手権大会では4×400Mリレーでダントツの優勝。熱いものがこみ上げてきました。スポーツの世界で弱いもの いじめの体質が存在する事実が残念でなりません。

<さかえTCの快進撃!> 

 2004年6月、日本陸上選手権、アテネ五輪代表選考会において中田有紀(さかえクリニック)選手は日本新記録で3連覇。日本陸上史上初 7種競技でアテ ネ五輪日本代表に選出され、2005年にはヘルシンキ世界陸上日本代表。個人のクラブチームから陸上でオリンピック選手が選出されたことは過去に例を見ま せん。中田選手とともに私もアテネ五輪の場に身を置くことができました。
アテネ五輪陸上日本代表として選出された選手の中で生活費を自分で稼ぐため仕事をしている選手は中田ただ一人。他の選手は企業が抱える競技のみを行い給与 をもらう、いわゆるプロです。中田選手がが貧しくつらい状況でオリンピック出場を果たしたことは、大企業に所属しない選手たちの大きな励みです。
彼女へはメディカルサポートにより身体能力が向上できるように指導、ケア、この成果が早くもオリンピック出場という結果に現れました。

私は、資金がなくてもアスリートの正しいケアと指導法を行えば必ず大きな結果が出て大企業の陸上部に負けない組織を構築できると確信していました。
私の信念に地元のアスリートや指導者が大きな力を貸してくれました。

さかえクリニックTCから2004年6月 日本陸上選手権大会で9名出場。ミズノTCの10名に次いで社会人ランク2位の出場数。
2005年には12名のエントリーで10名出場。社会人日本一の出場者数。
2006年も11名出場で社会人日本一。
日本選手権への出場は標準記録を突破する必要があり、国内トップクラスの陸上選手が競う最も権威ある大会です。

 元名古屋テレビアナウンサー 青戸敦子(さかえクリニック)は、30歳を過ぎてからマラソンをはじめ35歳で大阪国際マラソン66位、愛知県勢2位という 大活躍。衆議院選挙とも重なり多忙な業務の中、満足に練習ができる環境ではない状態で出場し完走、3時間を切る驚異的な記録。彼女の活躍の陰にはアンチエ イジングによる支援があります。
アンチエイジング医学がトップアスリートのコンディショニングを支援。
スタッフ、コーチ陣も充実して選手へのサポート体制は国内でもトップクラスにまで至りました。
コーチ兼選手の青戸慎司氏はフィギアスケート 浅田真央選手,安藤美姫選手のフィジカルトレーナーも務め指導者としても1流です。
プライベートチームからのオリンピック選手輩出で大きな注目を各界から集めました。

<屈強な陸上部を作り上げた秘密>

陸上の経験も知識が全くない私がどうして日本屈指の陸上部を造り上げることができたのでしょうか?

私が提唱したのは、無理に頑張らないトレーニング導入。
日本初 癒しのトレーニング導入です。
いつも緊張ばかりしているトレーニングにメディカルトレーニングというコンディショニングを重視した指導を導入しました。

・ 活性酸素除去するシステムであるエアナジー。
・ アロマセラピー
・ 自律神経機能向上のための呼吸法
・ 高気圧酸素療法(現在はJOCの勧告で行われていません)
・ 緊張を解きほぐしリラックスする能力を高める星状神経節近傍半導体レーザー照射。
・ プラセンタ(現在は投与法の是非もありアスリートへは慎重に対応しています。)
・ アミノ酸などサプリメント処方
・ 選手個人のエネルギーを重視したトレーニングを採用(エナジーカラー)

従来のトレーニング法を大きく覆した理論と手法が大きな実績を創りあげました。
陸上という全て数字という結果が出る競技で成果が得られたことは客観的評価が得られ全てのスポーツへの導入が可能と考えます。

中田選手は 白のエナジーカラーを持つため パワー系のトレーニングをベースとして身体を創り上げるトレーニングが適していました。

<真のアスリートトレーニングとは?>

現在も多くのアスリートから指導依頼が殺到し新しいトレーニングに注目が集まりました。
ヒクソン最強は、彼独自のアンチエイジング、呼吸法、自律神経機能トレーニングにあります。
エナジーカラー 黒のヒクソンは自律神経機能を向上させることが競技パフォーマンス向上に繋がることを知っているのです。
彼のトレーニングを参考に私は、短期間で多くのアスリートの復活、身体能力向上を実現させることができました。
次号では宇宙飛行士のトレーニングにも導入されているシステム、より具体的にヒクソン最強の秘密を科学の目で解説。
呼吸で自らの自律神経機能を向上させ身体能力が簡単に向上できるのです。
第一線で活躍する多くの格闘家がこのトレーニングを導入して好成績を出しています。
筋力向上より短期間で結果を得ることが可能でいつでもどこでも簡単にできるトレーニングこそ真のアスリートのトレーニングではないでしょうか。
私は、日本で初めてヒクソン最強の秘密を解き明かすシステムを手に入れたのです。
自らが夢見る歴史的快挙を実現するためのアスリートの実績をご紹介します。
乞うご期待。

(2009.2)

 



カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お問い合わせ